レストラン・バンコク・タイ

バンコクのペッパーランチのメニュー紹介と食レポ:ファミレスの味がグッド!

タイのバンコクで食べるペッパーランチはファミリーレストランの懐かしの味

タイのバンコクでも日本のチェーン店が多くなりましたよね。

ペッパーランチも最近バンコクでは増え続けて、ついにバンコク以外のタイの街への進出も始まりそうな雰囲気です。

しかし吉野家や王将に比べると日本人でも日本で行ったことのない人も多くいるんじゃないかと思います。

ペッパーランチと言えば、ペッパーライスが看板メニューですが、これがタイでも全く同じ味で食べれるんです。

マクドナルドではないですが、日本で食べていたのと同じ味が食べれるとそれだけで懐かしさで凄く嬉しんですよね。

しかもハンバーグもザ・日本のファミレスのハンバーグの味なんですよ。

意外と日本人には使えるレストランだと思いますから、知っておいて損はないと思いますよ。

今回はそんなペッパーランチの実際に注文して食べてみての食事レポートと全メニュー紹介をしたいと思います。

Sponsored Links

今回ご紹介するお店:ペッパーランチ

ペッパーランチは日本の株式会社ペッパーフードサービスが経営する薄切りのスライス肉をテーブルに運んだ鉄板の上でお客さんの前で焼くペッパーライスを看板メニューとしたステーキ・鉄板焼きのチェーンレストランです。

国内に100店舗以上出店しているだけでなく、海外の進出にも積極的でタイ・中国・台湾・韓国・シンガポール・フィリピン等200店以上出店しています。

タイでのペッパーランチは、大手グループであるセントラルグループが日本から権利を買い取る形でフランチャイズを展開しています。

セントラルグループがフランチャイズ展開をしている日本のレストランには、吉野家・かつや・てんや・大戸屋・ちゃぶ屋等があり、海外のレストランでいえば、ケンタッキーフライドチキンやミスタードーナッツなどがあります。

これらの有名レストランをグループで経営するセントラルやロビンソン等のデパート等を中心に出店しています。

その為にペッパーランチも人気が出れば間違いなくバンコクだけでなくタイ全土に増えていくことでしょう。

お店の名前:ペッパーランチ Pepper Lunch

経営会社:Central Restaurants Group Co., Ltd.

住所:306 Soi Silom 30, Silom Road, Suriyawongse, Bangkok 10500 Thailand

お店の電話番号:+66 2 6357930

お店のサイト:http://www.pepperlunch.com/world/thailand/

お店の営業時間:各支店ごとに設定

お店の場所:ペッパーランチは全34店舗

主な支店と住所

  • セントラル ワールド
  • マーブンクローン
  • サイアムアムスクエア ワン
  • セントラル バンナー
  • フォーチュンタウン
  • セントラル ラップラオ
  • ザプロムナード
  • サイアムセンター
  • セントラル ピンクラオ
  • メガバンナー
  • ターミナル21

ペッパーランチの内外装

ペッパーランチの外装は日本の店舗そのままですね。 シンプルで変な装飾はないです。日本のペッパーランチってその店名通りサラリーマンや大学生のランチをターゲットにしているイメージがあり、カウンターで1人でも食べれるお店が多かったような気がします。

でもタイではカウンターがないんですね。

ファミリー層がターゲットということなのでしょう。 なかなかお客さんが入りました。このメニューの飾り方が日本風ですね。 やっぱりオープンキッチンは安心です。

変なことは出来ませんからね。 ん?何かありました?オーダーを間違えて作ったとか? 支払いに関しては基本的には日本と同じようにキャッシャーに自分で行って支払います。

タイ人はスタッフが必ず愛想がいいとは限りませんから、私は会計のために呼ぶよりも自分で行く方が好きです。

ペッパーランチの全メニュー

それではタイのペッパーランチの全メニューを見ていきましょう。

やはり看板メニューのペッパーライスとステーキがメインメニューなのが分かります。

しかも日本のメニューを忠実に再現しているのでメインメニューは写真では違いは分かりませんよ。

そして表示価格は消費税の7%とサービスチャージが含まれた額です。

消費税7%とサービスチャージ10%が会計時には加算はされるお店もありますから、その点ではかなりお得だと思いますよ。

ただ水に関してはフリーではありませんでした。

日本のファミレスのステーキが食べれのはこれはこれで嬉しいですね。

インスタントラーメンとご当地らーめんの様なもので、これはこれで美味しかったりするんですよね(笑) ペッパーランチと言ったらペッパーライスですよね。 オムレツは食べたことがないですが、美味しそうですね。 私の中ではペッパーライスの次にこのハンバーグを思い出します。 カレーも食べたことがないですねって言うか、日本ではないですよね。 タイではオリジナルのパスタもあります。 ステーキ鉄板焼きのチェーン店にヴェジタリアンメニューがあるんですねぇ。

初めて知りました。

ヴェジタリアンの人はペッパーランチに普通は来ないでしょうから、付き合いとかできたときの為ですかね。

ペッパーランチを実食

さてさて、では実食レポートといきましょう。

テーブルには塩・胡椒・ステーキソースが並んでいます。

ステーキソースは足すときがあるので助かります。先ずはセットのコーラが来ました。

なんかファミレスのハンバーグとかを食べる時ってコーラが飲みたくなるんですよね。

しかしこの手のセットメニューにしては大きくて驚きました。

これなら氷ばっかりで直ぐなくなるなんてこともないですね。

ペッパーランチ 牛肉

ペッパーランチと言ったら、やっぱりペッパーライスですよね。

日本と変わらぬその姿で運ばれてきました。

おぉ!テンションが上がります。  お味噌汁もファミレス風のインスタント系の味ですが、悪くなかったりします。

具は、豆腐・あぶらげ・わかめです。 この胡椒の量がペッパーランチですねぇ。 そして鉄板でジュージューとお肉を焼いて混ぜ合わせます。

焦げた感じが風味を生んで、アツアツのご飯をホフホフ言いながら食べるのは他ではなかなかないですから独自性もあります。

うん、日本と全く同じ美味しいです。

この目の前で焼くパフォーマンスはタイ人にウケそうです。

味の方もアツアツの肉入りチャーハンというB級グルメ全開のこの味がたまりません!

牛肉は薄いですが、タイの固い肉よりはぜんぜん良いですし、牛肉の味わいもありますよ。

ランチメニューとして気軽に牛肉を食べるには、良いんですよね。

バーベキューチキンとハンバーグのセット

ハンバーグステーキとチキンステーキのセットにライスとお味噌汁が付いています。

これは箸が付いてるんですね。

白人も箸で食べるのが基本ということですか、ステーキのセットを海外で白人が箸で食べるはちょっと滑稽な気もします。なかなかのボリュームです。 このハンバーグが最高に好きなんですよね。

いかにも日本のファミレスのハンバーグという味で、この味は無性に食べたくなる時があるんです。 このチキンも照り焼き風のソースに胡椒が山ほどのっていてオリジナリティーあるんですよね。

これも悪くないですよ。
マッシュポテトです。 温野菜もついてます。 ソースを入れるとじゅわーと美味しく湯気が立ちます。

このハンバーグは日本な味が懐かしくなった人には正にばっちりな味だと思いますよ。

ペッパーランチが初めての人でも誰もが美味しいと思いますよ。

シーフード・アーリオ・オリオ

シーフードのペペロンチーのです。

日本にはないので試しに頼んでみました。  これは不思議な感じです。 これもソースを入れてジュワーと鉄板の上で焼きます。

これが、タイの専用メニューということもあってかなり辛いです。

日本風のタレなので、純粋なペペロンチーのでもないですし、不思議な感じの味ですね。

タイのスパゲティーキーマオに近いかな。

美味しいですが、辛いので日本人には辛いかも。

タイ人は間違いなく好きな味ですよ。

ペッパーランチの動画

ペッパーランチの動画紹介です。

動画での紹介でみるとペッパーランチは美味しそうに見えますねぇ。

ステーキですが脂臭さがないので、デートにも良いかも。

タイ人ブローガーも嬉しそうに動画を作ってますね。

バンコクで食べれる日本のチェーン店を3つ紹介

バンコクでも食べられる日本のチェーンレストランを紹介した3つの記事を選んでみました。

うなぎも食べれる牛丼屋すき家

2016-09-29-16-24-14-640x480すき家は日本と変わらない牛丼の味だけでなくうなぎやカレーが食べれるのが嬉しいですね。

牛丼は吉野家などでも食べれますが、200バーツ程度でウナギが食べれるのはここだけではないでしょうか?

バンコクやパタヤで美味しいうなぎを食べるならすき家!他のメニューも紹介

タイで復活した大戸屋の食レポとメニュー紹介:バンコクで日本料理の美味しさに感動!

大戸屋は一時期は味が落ちたと話題なりましたが、今は完全に昔のレベルに戻ってますよ。

私の一番のおススメはアジの開きです。

タイで復活した大戸屋の食レポとメニュー紹介:バンコクで日本料理の美味しさに感動!

タイのバンコク・シラチャで食べるリンガーハットがやっぱり美味しい!

2016-11-19-13-25-08-640x480リンガーハットもバンコクで日本と全く同じ味が食べれますよ。

リンガーハットは日本でもセントラルキッチン化が進んだチェーンなのでタイでも展開しやすいんでしょうね。

タイのバンコク・シラチャで食べるリンガーハットがやっぱり美味しい!

バンコクのペッパーランチのメニュー紹介と食レポのまとめ

ペッパーランチと言えばペッパーライスが看板メニューですけど、正直好みが別れるとは思います。

それに比べるとハンバーグはザ・日本のファミレスのハンバーグの味ですから、誰もが好きな味だと思います。

実際にファンも多いですしね。

日本のハンバーグが食べたくなったらペッパーランチに行くのが良いと思います。

今回はタイオリジナルのパスタを食べましたが、カレーやオムライスもあったので食べてみたいですが、やっぱりハンバーグかステーキを食べてしまうんだろうと思いますね(笑)

ペッパーライスも良いですが、やっぱりハンバーグがおススメですね。

皆さんも意外と初めての人も懐かしを覚えるペッパーランチに行ってみたらどうでしょう。

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

私は世界60ヶ国以上行ったことのあるバックパッカーで、ファイナンシャルプランナーとして保険会社で働いていました。そのため海外旅行と保険を合わせた実経験は誰にも負けないのではないかと思います。

そんな私が使っている海外旅行に持って行くと得をするクレジットカード最強の3枚の組み合わせがあります。

このカードを持つことで海外旅行保険には自分で加入しなくても病気や怪我での入院費は無料になりますし、荷物を無料で自宅に宅配できたり、盗難にあった時の緊急時にも海外でクレジットカードが再発行できるなど多くの特典を受けることが出来ます。

正に海外旅行には必須のクレジットカードと言えるのではないでしょうか?

詳しくは”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”の記事で説明していますので読んで下さい。

海外旅行の保険料が無料になるだけでもお得ですからオススメですよ。

スポンサーリンク

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事