FPのコラムとニュース

世界と比べて日本が遅れている点とは?ここが変だよ、日本!

日本って世界と比べて遅れているの?

世界の60か国に行った海外旅行FPの感想

私が海外旅行に出たころはバブルは崩壊していたとはいえ、日本は先進国の中でも最も進んだ国として注目を集めていました。

世界からエコノミックアニマルと批判されるぐらい良く働き、そして結果を出している優秀な民族と見られていました。

そして私生活を犠牲にして働きすぎだろってヨーロッパやアメリカから懐疑な目で見られていたわけですが、結果が伴っているから尊敬や憧れを持たれてもいました。

当時はそんな日本を誇りに思ってましたね。

その頃からもう20年ぐらい経った日本は、今でも先進国の一翼を担っています。

でも良く見てみると世界的に見た時に最新の部分ではない面が何点か見えてきます。

今回は世界と比べて日本の遅れてるかなと思う部分を見ていきましょう。

Sponsored Links

日本が世界から遅れているかもしれない不思議な部分を見ていこう

では具体的に日本がもしかしてこれって遅れている?って思える部分を見ていきましょう。

銀行が3時までだったり土日休みだったりする

日本に行くと不便だなぁーって、最も思うことは銀行が3時で閉まることですよね。

それに土日・祝日も休んじゃいますからね。

日本にいた時には当然って思いましたけど、やっぱり変ですよね。

サラリーマンはどうすればいいんだよって感じですよね

銀行に行くために有休をとるんですかっていう(笑)

海外では夜の8時までやっていたり土日も開いていたりしますからね。

で、この話になる人は↓の法律を持ち出す人が多いんですけどね。

『銀行法』(昭和56年6月1日法律第59号)の『施行規則第16条』『1項 銀行の営業時間は、午前9時から午後3時までとする』

これは確かに正しいんですが、これには追加項目があるんです。

『2項 前項の営業時間は、営業の都合により延長することができる』と定められてます」

とあるんですよね。

なので、自由に営業できますよ、日本の銀行も。

実際にありますね、5時までやっている銀行も。

それに法律で定められた内容が時代錯誤であれば法律改正すればいいだけですからね。

ATMや振り込みが24時間ではない

上の営業時間と同じように日本の銀行で不可思議な点ですよね。

ATMって自動システムであって24時間で対応できることが、当然のシステムだと思うんですよね。

逆に夜に時間外があることに驚きますよ。

そして振り込みのシステムも受け付けはしても翌日着金だったりしますよね。

これも遅れている点ですね。

振り込みも24時間受付で、即時送金と着金ですよね。

やっぱり日本のシステムが遅れているからこんなことになっているんでしょうね。

紙のお金の使用率が高い

実は今や日本は世界的に見て紙の使用率の高い国となっています。

元々欧米に比べてクレジットカードの使用率が低かった訳ですが、ここにきてアジアやアフリカの国で電子マネーが急速に普及したために日本が取り残された形になっています。

日本とは違い銀行や紙幣が整っていなく不便を感じていた国ほど逆に電子マナーが歓迎されて普及したわけです。

そしてペーパーマネーレス化の第3の波となる仮想通貨では日本政府は法整備をして積極的に取り組んでいます。

この仮想通貨に対する政府の姿勢こそが、今の日本の遅れた現状を改善すべ気打開策ということなのでしょう。

日本も世界の仮想通貨先進国となりお金の電子化が進むんでしょうかね?

紙の本を読んでいる人が多い

日本は新聞もそうですが、雑誌や本・漫画などを紙媒体で読んでいる人が多いんですよね。

これは日本人が読書好きということの裏返しでもあるとは思いますけどね。

もう20年以上前から紙は無くなると言われていましたが、日本人は保守的で従来のスタイルを守っていますよね。

でもこの数年のスマートフォンと読み放題サービスにより、紙も急激に減ってますね。

楽天マガジンやdマガジンはコストパフォーマンスが高いですし、スマホで読めれば荷物も増えないですしね。

日本は遅れてはいますが、当然の流れとなってますね。

ハイブリッド車の普及率が高い

日本の今の人気車というとハイブリッドカーか軽自動車という感じです。

ステーションワゴンやミニバンさえも存在感が無くなっています。

実際、販売台数の売り上げランキングもアクアやプリウス・ノート等のハイブリッドカーかN-BOXの争いですからね。

でも実はハイブリッドカーがここまで支持されているのって、日本ぐらいなんですよね。

日本では良く見るハイブリッド車ですが、実は全販売台数の約半数が日本で売られているという状況です。

日本1国で、ヨーロッパ・アメリカ・アジア等の全ての国の合計と同じって、、、、

なぜ日本でだけこんなに売れたのか?というべきか、他の国ではなぜ売れないのか?というべきか悩みどころですね(笑)

日本は喫煙者にやさしい国

私も昔はタバコを吸っていましたが、その頃は本当に喫煙者にやさしい世の中でしたね。

それから確かにたばこに対して厳しい環境へと変わりました。

ただ副流煙の問題や歩きたばこの危険性などは認知され先進国では、さらに厳しくなり喫煙スペースや喫煙席など全くなくなりました。

飛行機の喫煙席なんてもう過去の遺産となっているのは世界標準だからです。

それでも日本ではまだ喫煙席や喫煙ルームなどが用意されている施設もありますよね?

これって、逆に驚かれることなんですよね。

今の日本は想像以上に喫煙者に優しい国でしょう。

電化製品や自動車に韓国製・中国製が売れていない

日本では家電製品や自動車などの製品に韓国製品と中国製品が非常に少ないくにです。

その為に20年前と変わらず日本製品が溢れている風景が広がっています。

でも、実際には世界的はこの20年で時代は大きく移り変わり日本メーカーのブランド力は大きく下落しています。

実は日本だけが世界的に大躍進の韓国製品と中国製品が余り売れていない非常に稀有な国なんです。

日本人ってどうしても韓国や中国の製品は低品質との思いが強くて、まぁ簡単に言えば、馬鹿にしていますよね。

でも、実際に家電も自動車も、韓国製品と中国製品は世界的にはかなり売れていますよ。

日本人の中には、韓国や中国製品は安かろう悪かろうだろぅて未だに言いますよね。

下は2014年から2016年の世界のスマートフォンのメーカーのシェア率です。

もう日本メーカーは14以内に、ソニーもパナソニックも入っていません。そして2018年の日本の売れているスマートフォンのシェアを見てみると。

日本国内スマートフォン(スマホ)・シェアランキング(2018年1月)

良く日本はアイフォンが売れることが特色として語られるマーケットですが、実はそんなところが驚くべき特色ではありません!

日本のスマートフォン・マーケットの特色は日本のメーカーの製品が売れているという驚くべき点です(笑)

  1.  iPhone – Apple 41.23%
  2.  docomo SO-01J Xperia XZ SONY 2.79%
  3.  docomo SO-02K Xperia XZ1 Compact SONY 1.67%
  4.  docomo SO-02J Xperia X Compact SONY 1.59%
  5.  docomo SO-01H Xperia Z5 SONY 1.48%
  6.  docomo SC-02H Galaxy S7 edge SAMSUNG 1.42%
  7.  docomo F-03F Disney Mobile on docomo FUJITSU 1.22%
  8. Y!mobile S1 Android One SHARP 1.15%
  9. au SOV34 Xperia XZ SONY 1.01%
  10. docomo SO-04H Xperia X Performance SONY 0.97%

これはテレビでも言えますね。

日本の家電メーカーは結局、曲面テレビを真っ当に販売しませんでした。

韓国・中国メーカーが前面にこれをアピールしてフラッグシップモデルとして売り出したために艶やかなイメージで購入者の心を捉えました。

しかし日本ではマスメディアを含めて曲面ディスプレイには否定的な意見ばかりです。

そりゃーそうですよね、日本メーカーしかない日本には曲面ディスプレイは商品ラインナップされていませんからね。

日本では全く売れない韓国の自動車

家電と同じ現象が自動車にもより顕著に起こっています。

日本では韓国メーカーのヒュンダイやキアの自動車を見ることは殆どないと言えますよね。

では、実際に世界のランキングはというと?

2016年の自動車メーカー販売台数ランキング

  1. フォルクスワーゲン グループ/販売台数1010万台
  2. トヨタグループ/販売台数994万台
  3. ルノー・日産アライアンス/販売台数851万台
  4. 現代自動車/販売台数817万台
  5. GMゼネラル・モーターズ/販売台数797万台
  6. フォード・モーター/販売台数490万台
  7. ホンダ/販売台数471万台
  8. フィアット・クライスラー/販売台数 486万台
  9. プジョー・シトロエン/販売台数324万台
  10. スズキ/販売台数285万台

2016年の売り上が台数としては、ヒュンダイは世界第4位のメーカーでありホンダの倍に近い販売台数を誇っています。

もうトヨタだってヒュンダイのことをバカになんかできない位置まで来ているんですよ。

日本が馬鹿にし続ける中国の自動車メーカー

日本では自動車に関して中国製の自動車は粗悪なコピー品と馬鹿にし続けています。

確かに数年前まではそうだったと思います。

しかし現在は飛躍的に迫ってきていて、もう馬鹿になんてしていたら近い将来痛い目を見るのではないかと心配です。

例えば2017年にも驚くべきことがありました。

それはドイツのニュルブルクリンクサーキットのコースレコードを中国のメーカー NIOが叩き出したということです。現在はマクラーレンが抜き返して2位となりましたが、それでもかなりの偉業です。

自動車業界ではこのニュルブルクリンクの北コースで速い車こそが、本当に公道で速い市販車と考える伝統があります。

その為に世界中の各メーカーがこのニュルブルクリンクに自慢の車を持ち込んでラップタイムを競ってきました。

日本車でもGT-Rやランエボ等も実力を証明して有名になりました。

そしてその世界中の自動車メーカーが技術力の全てとプライドを持ち込んで争っているそのトップに中国のメーカーが頂点に立ったわけです。

別にこれだけで中国のメーカーの技術は世界で2番目だなんて極論を言いたいのではありません。

でも流石にコピーコピーと小ばかにして笑ってられる相手ではなくなってきていませんか?

サーキット走行専用車を含む市販車での北コースの記録 (全長20.832km)

  1. 6分43秒22 マクラーレン・P1 LM[7]  2017年5月26日
  2. 6分45秒90 NIO・EP9[8](EV市販車レコード) 2017年5月12日
  3. 6分47秒25 ポルシェ・911 GT2 RS[9]  2017年9月20日
  4. 6分47秒50 パガーニ・ゾンダ R[10](サーキット走行専用車)  2010年6月29日
  5. 6分48秒 ラディカル・SR8LM[11]  2009年8月20日
  6. 6分52秒01 ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ[12]  2016年10月5日
  7. 6分55秒 ラディカル・SR8  2005年9月28日
  8. 6分57秒 ポルシェ・918スパイダー Weissach Package[13]  2013年9月4日
  9. 6分57秒5 スバル・WRX STI「Type RA NBR Special」[14][15](サーキット走行専用車) 2017年7月24日
  10. 6分58秒16 フェラーリ・599XX[16](サーキット走行専用車) 2010年4月21日
  11. 6分59秒73 ランボルギーニ・アヴェンタドールSV[17] 2015年5月16日
  12. 7分8秒679 2014年式 日産・GT-R NISMO N Attack Package [18][19]  2013年9月30日

2017年5月12日に中国の自動車メーカーニオが、EP9で6分45秒9という最速ラップ・レコードを更新しました。

下の動画はその時の説明になります。

携帯電話の時の日本の特異なマーケットと製品を指してガラパゴスと称しました。

しかし実体は家電製品や自動車などの日本が得意とする業界でも起きています。

もう日本の製品は他国の製品と比べて高いなんてことはありませんしね。

でも結局他の国のメーカーは、日本の部品がないと製品を造ることも出来ないからねという人もいますよね。

でも、それって日本は技術力のある下請けの工場だって宣言してるんですが、、、、

今の日本は現状が見えにくいのですが、世界標準から見ると普通ではないということを自覚だけはしておくべきなんだと思いますね。

世界と比べると日本の変な所はこんなとこのまとめ

私の中のイメージでは、今でも日本って世界の国の中でも最良で最先端の国です。

欧米と対等に渡り合える唯一の国という風にも思えています。

しかし最近は中国・韓国の台頭もありそのポジションは危うくなってしまっています。

そう考えると今の日本は非常な重要時期なんだと思います。

今の状況を改善して盛り返していくためには、先ずは現実・現状を正確に把握すべきだと思います。

現状分析が誤差があるとPDCAサイクルが機能しないですからね。

しかし日本人は真面目で勤勉で能力的には優秀だと思うんですよね。

日本がまた最良で最先端の国になれることを願って。

スポンサーリンク

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事