シンガポール観光レポート

シンガポールのリバーサファリが凄い5つの理由!園内案内と割引チケット情報

リバーサファリ徹底解説:その行き方や所要時間そして割引のお得なチケット情報

シンガポール旅行の観光地として目玉の1つとして、シンガポール動物園・ナイトサファリ・リバーサファリの3大動物園があります。

特にお子様連れの家族にとってはユニバーサルスタジオやアドベンチャー・コーブ・ウォーターパークと並ぶビッグイベントですよね。

この3大動物園は経営団体が同じということで、場所が隣り合っているのでまとめて訪問する人も多いと思います。

それぞれの動物園はテーマが明確に分けられていることで、独自の魅力あふれるモノとなっています。

この記事では世界の川にテーマを絞ったリバーサファリの魅力を徹底解説すると共にお得に入園する方法も紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

今回紹介するのは、シンガポールのリバーサファリです。

リバーサファリは3大動物園の1つとして、本家のシンガポール動物園、夜の生態系が観察できるナイトサファリに続き2013年4月オープンした世界中の川に生息する動物に焦点を絞った動物園です。

経営団体が同じなので特色を出すために考えて造られたことで独自の魅力を良い形で実現した動物園ですよ。

(ホントは鳥の動物園ジュロンバードパークもあったりしますが、、、)

リバーサファリでは、世界の8つの大河をテーマとして川に住んでいる淡水魚やその川を生息域とする小動物を独自の河川の特質を再現した形で観察することが出来ます。

またその規模も12ヘクタールという広大な敷地に約550匹・300種類の魚類や小動物が集めれれていて世界最大級の淡水生物の動物園になります。

そしてなんとリバーサファリ最大の目玉動物として、なぜかジャイアントパンダも居ます。

更にアマゾンリバー・クエスト・ボート・ライドリバー・サファリクルーズというアトラクションもオープンして魅力が増しています。

シンガポール動物園とナイトサファリに比べると今一に見えるかもしれませんが、今や人気急上昇中なんですよ。

  • 紹介する観光地:リバーサファリ River Safari
  • 住所:80 Mandai Lake Road
  • 電話番号: +65-6269-3411
  • サイト: http://www.riversafari.com.sg/
  • 営業時間:9:00-18:00
  • リバーサファリの入場料
  • 大人:30 Sドル 子供(3~12歳):20Sドル (3歳未満の幼児は無料)

チケット購入はインターネットの楽天グループのボヤジンサイトなら12%割引なのでおススメですよ。

リバーサファリの割引チケットの価格はこちらから

リバーサファリの行き方

先ずはリバーサファリは地図で見ると⇩の位置になります。

具体的なアクセス方法はいくつかあります。

しかしこの3大動物園はシンガポール市内から少し離れたところにあるために簡単に行ける訳ではありません。

では、私の考える最もおススメなアクセス方法はなんでしょうか?

最もおススメなアクセス方法

①タクシー

3大動物園は不便な場所にあるので最もおススメなアクセス方法はタクシーになります。

他の観光地は地下鉄などを使っても良いと思いますが、3大動物園に関してはタクシーを使うと考えておくが良いと思います。

時間の限られた観光旅行であれば、時間のロスを考えてもベストな選択肢だと思います。

シンガポール市内から時間にして約3・40分で、料金も時間帯や渋滞にも寄りますが、約25ドルから35ドル程度です。

帰りは動物園前にタクシースタンドがありますので、そこに並べば簡単に乗ることが出来ます。

シンガポールのタクシーはボラれることが少ないので安心して乗れるのが良いですね。

もちろんUberで頼むことも可能です。

②サファリゲート(シャトルバス)

サファリゲート(Safari Gate)と呼ばれるシャトルバスもあります。

サファリゲートの料金は、大人と子供が同一料金になっていて片道S$7.00が往復S$12.00になり、市内からの所要時間 約40分ていどです。

乗り場はMRT のエスプラネード駅のサンテックシティのバス亭となります。

1人の場合やエスプラネード駅の側に宿泊されている方にはおススメです。

ただ3人以上であればバス代とMRT代を考えると事実上タクシーの方が安くなってしまいます。

③MRT+路線バス

先ずはMRTのNS線に乗りアンモキオ駅(Ang Mo Kio)に行きます。

そこから路線バスの138番線に乗れば3大動物園まで行くことが可能です。

料金は2.20ドルと安いのですが、バスだけでも40分掛かるのでMRTの移動時間も考えるとかなりの時間をロスしますね。

④ 送迎付きのツアー

最後は色々とめんどくさいのは嫌だという人には送迎付きのツアーに申し込むという手段もあります。

難しいことは考えなくていいですし、自分のホテルまで迎えにも来てくれることが多いので意外とコストパフォーマンスは悪くないんです。

デメリットは自分のスケジュールでは組めないので、早く帰りたいなどの自由が制限されることですね。

地図で見るリバーサファリ内

では、先ずは地図でリバーサファリの構成を見てみましょう。

リバーサファリは、世界の8つの大河をテーマとした水槽があり、左右で大きく2つのエリアに別れています。

中央の川を挟む形で左側が7つの大河をテーマとした水槽とパンダがいます。

右側がアマゾン川をテーマとした水槽や大型水槽・マナティーやアトラクションのあるエリアになります。 左側は、7つの大河をテーマとした水槽があり、ガンジス川・メコン川・長江川・ミシシッピ川・ナイル川・コンゴ川・マレー川があります。 最も奥にジャイアントパンダが居ます。右側にはアマゾ川を再現した水槽があり、マナティーやカワウソが、世界イチの質量の大河のアマゾン川がドーンと再現されています!

そしてその奥にはアトラクションがあります。 

シンガポールのリバーサファリが凄い5つの理由

上の様に地図を見てリバーサファリの概要を理解してもらえたと思います。

ではここからはリバーサファリに来るべき素晴らしい点を一つ一つ見ていこうと思います。

リバーサファリが凄い理由①熱帯雨林の雰囲気が凄い!

リバーサファリは動物園ではありますが、その立地は元々は川沿いの土地を利用して造られてモノです。

そして可能な限り手を入れずに自然を残してあるために熱帯雨林の密林の様な雰囲気があります。

鬱蒼として広大なこの雰囲気は日本にはない貴重な体験が出来ます。

こんな地獄の黙示録の様な風景はなかなか見れないですからね(あれは舞台がベトナムですけど)

この雰囲気は凄くないですか?  園内はこの様な通路で歩けるようになっています。

足元の不安はありませんから、ヒールでもOKです(笑)

リバーサファリが凄い理由②世界中の水辺の動物と魚が見れて凄い!

リバーサファリではその名の通り世界中の8つの川を再現して、そこに生息する珍しい動物や魚などを見ることが出来ます。

淡水の生息動物に拘った世界に類のない展示となっています。

再現されている世界の8つの水域は下の川になります。

  • マレー川 (Murray River):観測される動物: オーストラリアハイギョ、バラマンディ、マーレーコッド、ゴールデンパーチ
  • アマゾン川(Amazon River ):観測される動物: オオカワウソ、ピラルク、ピラニア、レッドテールキャットフィッシュ、淡水エイ、淡水イルカ、デンキウナギ
  • ミシシッピ川 (Mississipi River):観測される動物:ヘラチョウザメ、 アメリカビーバー、メジロザメ、ワニガメ、アリゲーターガー
  • コンゴ川 (Congo River):観測される動物: デンキナマズ、ニシアフリカコビトワニ、プロトプテルス、コンゴテトラ、タイガーフィッシュ
  • ナイル川 (Nile River):観測される動物: アフリカアロワナ、ナイルパーチ、ナイルアロワナ、ナイルティラピア
  • ガンジス川 (Ganges River):観測される動物:ガンジスカワイルカ、 インドガビアル、マルスッポン、バガリウス・ヤレリ、ボディア・ストリアータ、グーンシュ、マシール
  • メコン川 (Mekong River):観測される動物: メコンオオナマズ、パーカーホ、淡水エイ、サイアミーズ・マッド・カープ、カニクイザル、コハゲコウ、ヤスリミズヘビ
  • 長江 (Yangtze River):観測される動物: チョウザメ、ヨウスコウワニ、チュウゴクオオサンショウウオ、ジギョ、ネズミイルカ

キャビアで有名なチョウザメです。 古代魚っぽい外観で美味しそうには見えませんね。 サンショウウオってなんか話し出しそうじゃないですか? 揚子江に生息するアリゲーターです。 水の中に居るへびです、、、、、

大抵の人はそうだと思いますが、蛇は嫌いなんですよね。 ウナギなのですが、、、、なんかバクに見えます。 水辺に生息する鳥もいます。

これはシロトキコウです。 メコン川を再現した巨大水槽も迫力満点です。 メコンオオナマズは大き過ぎて、ちょっと気持ち悪いです。 水槽をゆっくり座って見れるようになっている場所もあります。 タッチプールがあり、ヒトデやカブトガニなどに子供たちが触ることが出来ます。 子供には良い思い出になりますよね。 有名な鉄砲魚です。 この木の上の餌を水を飛ばして打ち落として食べます。 雨の中でワニが逃げ出してぇぇぇ、、、、って、そうです。銅像です。 コンゴ川の獰猛な雰囲気のタイガーフィッシュです。 これは日本の赤目の近種になるバラマンディーです。 淡水フグのテトラオドンフグですが、凄い柄ですね。
最近は日本でも見るようになったアリゲーターガーです。 アリゲーターガーには白い種類のもいるんですね。危険な動物のカミツキガメです。 金色のキングスネークですね。

昔の日本に居たら神として崇められそうですね。 アマゾン川(Amazon River )のオオカワウソですね。

可愛いですね。 カワウソは水中を泳ぐ姿も観察できます。

動画で見るカワウソ君です。

ピラニアに餌付けしています。デンキウナギです。 アロワナも勿論いますよ。

リバーサファリが凄い理由③マナティーの泳ぐ姿が凄い!

重量級の海洋生物のマナティーがいます。

普通の水族館では見れないので、リバーサファリ最大の注目動物でしょう!

因みに皆さんは、マナティーとジュゴンの違いを知っていますか?

ちょっとそれぞれの特徴を比べてみましょう。

マナティー

  • 種族:哺乳綱海牛目マナティー科
  • 生息国:アメリカ大陸及びアフリカ大陸の海域
  • 身体的特徴:牙ナシ・尾ひれが丸い・爪アリ・口が下向き

ジュゴン

  • 種族:哺乳綱海牛目ジュゴン科
  • 生息国:アジアから中東の海域
  • 身体的特徴:牙アリ・尾ひれが三角形・爪ナシ

そして人魚の伝説があるのはジュゴンの方です。生息地域から分かる通りアジアでは水族館でもマナティーは珍しいんですよね。

マナティーが大きいので水槽も巨大です。 人と比べてもこのサイズ感です。 確かに尾ひれが丸いですね。 重量級の迫力があります。

動画で見るマナティーです。

リバーサファリが凄い理由④なぜかパンダが居るのが凄い!!

そしてリバーサファリのもう一つのウリとなるシンボルアニマルは海洋生物のエース!ジャイアントパンダですっ!

って、おい!リバーとパンダは関係ないだろぉー!

と誰もが突っ込むところですが、これはやはり経営的な都合でリバーサファリ動物園になってしまったんでしょうね。

まぁ、良いですね、パンダに罪はないですしね。

このパンダちゃんはシンガポールと中国が国交を樹立してから20周年を記念して送られたそうです。

名前はそれぞれオスの凱凱(カイカイ・Kai Kai)とメスの嘉嘉(ジアジア・Jia Jia)というそうです。

日本でもそうですがシンガポールでも人気はNO1と言って良いです。

しかしやっぱりパンダの可愛らしさは格別ですね。

写真はズームを使っているのでぼやけてしまっているのはご愛敬で。

餌の展示もされています。

動画で見るリバーサファリのジャイアントパンダです。

リバーサファリが凄い理由⑤アトラクションが凄い!

リバーサファリには2つのアトラクションがあります。

これがなかなか雰囲気があり、昔のジャングルに入っているようで良いんですよ。

ただしシンガポールはスコールなどで天候が崩れやすいシーズンがあります。

どちらのアトラクションも雨天は乗れませんんで気を付けて下さい。

①アマゾンリバー・クエスト・ボート・ライド

体験時間:11:00〜18:00(注)最終乗船が18:00となります。

園内に造られた人口の川を自動運転のボートで進んで行くアトラクションです。

アマゾンリバー・クエスト・ボート・ライドの所要時間は約10分です。

そこにはアマゾン川の水域に住んでいる30種類の動物を見ることが出来るようになっています。

カピバラ、カリビアン・フラミンゴといったお馴染みの動物だけでなく、アカホエザル、ブラジルバク、タテガミオオカミといった動物の生態も観察できます。

特に貴重なのはジャガーですね。

本当にジャングルを冒険しているような貴重な体験となるでしょう。

動画で見るアマゾンリバー・クエスト・ボート・ライドです。

②リバーサファリクルーズ

体験時間:リバーサファリクルーズ:10:30〜18:00(注)最終乗船が18:00となります

シンガポールの実際の熱帯雨林のジャングルをボートに乗って周るアトラクションというか本当のクルーズです。

リバーサファリ・クルーズの所要時間は約20分です。

昔のマレー半島ではこんな風にして人が移動していたんだろうなと感慨深いものがあります。

タイムスリップしたような(ん?最近はタイムリープって言うんだっけ?)この空気は味わってみる価値はあると思いますよ。

特に夕暮れ時は雰囲気満点ですから、時間が合わせられるようであれば18時ギリギリがおススメです。シンプルな操縦機器です。 さぁ、出発っ! 雄大な水の流れが圧倒的ですね。 お客さんの国籍も多彩ですね。 シンプルな座席です。本当のクルーズなので安全のためにライフジャケットの着用が求められます。 ガイドさんが同乗して説明をしてくれますよ。 シンガポール動物園のサイが見えます。 こちらはキリンです。

シンガポール動物園とリバーサファリの使いまわしです(笑) 川を登っていきます。 夕暮れ時のこの雰囲気です。

やばい、これはやっぱり地獄の黙示録です。

動画で見るリバーサファリクルーズです。

リバーサファリのお得なチケットの買い方

ここではリバーサファリのお得な割引チケットとして紹介したボヤジン(Voyagin)のチケットと入場の方法を説明したいと思います。

ボヤジン(Voyagin)は楽天グループの会社でチケットをインターネットで購入すると割引価格となります。

予約日から6ヶ月以内なら自由に利用できるチケットなので、事前に申し込んでもスケジュールを気にすることなく好きな日に訪問できます。

リバーサファリは、12%割引の料金となります。

リバーサファリの割引チケットの価格はこちらから

更にお得なのは、ナイトサファリとセットのチケットです。

なんと30%割引の料金になってしまいますよ。

リバーサファリ&ナイトサファリのセットチケットの割引価格はこちらから

◎現在はお得な割引クーポン配布中!!

更に今ならボヤジンでお得なキャンペーンを開催中なので、チケットを購入すると大人・子供関係なくチケット1枚に対して、お土産屋さんで25SGD以上の買い物の際に、5SGDが割引となるクーポンが必ず付いています。

お土産を買われる方も多いと思いますので、嬉しいキャンペーンですよね。

ただし2018年6月30日までとなり、延長されるかは今のとこと未定です。

チケットの受け取りと利用方法

ただしリバーサファリに入り口で、Eチケットを見せれば入場できるのではないので注意が必要です。

先ずはEチケットを正規チケットに交換してもらいましょう。

ボヤジン(Voyagin)で申し込むと登録のメールアドレスに2通の予約確認のメールが送られてきます。

下の画像は予約確認メールの1通です。

更にもう1通がこのメールです。しかしどちらのメールでも入場は出来ません。正規のEチケットが届くまで5分から10分ほど待つことになります。

Eチケットは↓の様なメールになります。

これが着たら正規のチケットに交換するのですが、大きな注意点があります。

それはリバーサファリのチケット販売所では交換できないという点です。リバーサファリの正規チケットへの交換はお隣のシンガポール動物園のチケット販売所でのみ可能です。

こちら↓がシンガポール動物園のチケット販売所です。

リバーサファリの入り口とシンガポール動物園の入り口では歩いて3分程度です。 ここでスマートフォンもしくはプリントアウトしたEチケットを提示します。 交換を申請する書類が出されますので、サインをして下さい。
おぉ!遂に念願のチケットをゲットです! こちらはリバーサファリのチケット売り場ですが、チケットはあるので素通りです。 チケットを握りしめて入場ゲートへ向かいましょう!

シンガポール旅行に関するこの他のおススメ記事

シンガポール旅行に関するお役立ちのおススメ記事が他にもあります。

シンガポールや海外旅行に関するこの記事を参考にして楽しい旅行をして下さいね。

ユニバーサルスタジオの完全攻略

シンガポール旅行のメインイベントとしてユニバーサルスタジオを楽しみにしている人も多いですよね。

日本とは違うアトラクションが多くありますから予習でどのアトラクションに行くかを決めておくのもいいかもしれないです。

安くしたい時にはランチをどうするかが鍵になりますよ。

シンガポールのユニバーサルスタジオのアトラクション完全攻略

水族館シー・アクアリウムを徹底解説

シー・アクアリウムはアジアで最大級の水族館です。

魚好きの人は勿論ですが、そうでない人も巨大な水槽の圧倒的な水量は一見の価値ありですよ。

下の記事でそのシー・アクアリウムの魅力を説明しています。

シンガポールで水族館シー・アクアリウムに行くべき理由とは?

海外旅行に持って行くべき無料クレカのランキング・ベスト5!保険も充実なクレジットカード

2015-11-02 17.44.49 (640x480)海外旅行に行く際に海外旅行保険が必須なのは大分浸透してきましたね。

でも実際にその保険料を計算してみると馬鹿にできないほどの金額だったりします。

その海外保険料を無料にするために活用するクレジットカードのベスト5を説明した記事になります。

海外旅行に持って行くべき無料クレカのランキング・ベスト5!保険も充実なクレジットカード

シンガポールのリバーサファリが凄い5つの理由のまとめ

どうですか?リバーサファリは、かなり面白そうでしょう。

どうしてもシンガポール動物園やナイトサファリの陰に隠れることが多いですが、その魅力は劣らないどころかそれ以上かもしれません。

マナティーは見る機会が少ないですし、リバークエストでは熱帯雨林の中を実際に船旅する体験が出来ちゃいますしね。

それに河がテーマの動物園でパンダも観れるのは予想外のオマケみたいで、お得感がありますよね。

皆さんもぜひ、リバーサファリを楽しんでくださいね。

リバーサファリの割引チケットの価格はこちらから

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

海外旅行保険が付いている年会費無料のクレジットカードを持つことなので簡単なことなのですが、どのクレジットカードに良い保険が付いているのかが難しいんですよね。

詳しい説明は↓の記事に書いていますので読んでみて下さい。

”元保険会社社員が教える海外旅行保険がベストな無料クレジットカード”

皆さんも海外旅行保険料を浮かせた分で買い物や美味しいものを食べてくださいね。

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事