レストラン・バンコク・タイ

バンコクのタイスキ発祥のコカレストランの紹介:行き方やメニュー等

タイスキ発祥のバンコクの老舗”コカレストラン”

タイ旅行に来たら、必ず食べたいタイ料理のとしてタイスキがあります。

タイスキは、タイ人にも人気な料理で、今やタイを代表するタイ料理の1つとなりました。

辛さは自分で調整することが出来るため大人から子供まで幅広く食べられますし、温野菜を多く食べることも可能なので大変健康的でもあります。

ひつじ執事
ひつじ執事
タイ人にも本当に愛されている料理ですね。

そんなタイスキを食べられるお店も、今は新興のMKレストランが1番多くの店舗数を誇っています。

昔はタイスキの人気御三家といえば、”コカレストラン””カントン””テキサス”といったお店でした。

その3店の中でも、コカレストランが群を抜いて人気がある存在でした。

実はそのコカレストランこそが、タイスキを考案した発祥のお店と言われています。

今回は、そんなタイスキの老舗のコカレストランの食事レポートと全メニューの紹介となります。

Sponsored Links

今回紹介するレストラン:コカレストラン

コカレストランは、今でこそタイスキとタイ中華料理のお店ですが、オープンした当初は広東料理のお店でした。

その広東料理の火鍋をアレンジして出来たのが”タイスキ”であり、このコカレストランが考案して造った料理だと言われています。

ひつじ執事
ひつじ執事
今は海外にも進出していて、日本を含む10カ国に出店し、日本では、有楽町・博多・上野にお店があります。

他の形態のレストランとしては、高級タイ料理の”マンゴーツリー”も経営しています。

”マンゴーツリー”も日本に出店していて、レストランやカフェスタイルの合計で19店舗経営しています。

タイ国内ではデパートやショッピングモールなどにも出店しています。

  • お店の名前:COCA RESUTRANT
  • お店の電話番号:0⁻2234‐1957
  • お店のサイト:http://www.coca.com
  • お店のフェイスブック:https://www.facebook.com/cocarestaurantofficial/
  • お店の営業時間:10.00 – 22.00 (L.O. 21.00) 

基本的な時間であり各支店でも異なります。

お店の場所:タイ全国での支店数9店舗

基本的にはバンコク内であり唯一ホアヒンだけがバンコク以外の支店となります。

Surawongse本店

  • 電話番号: (+66) 2 236 0107
  • 営業時間:10;00~14;00 17;00~22;00

Times Square支店

  • 電話番号:(+66) 2 250 0050-2
  • 営業時間:10;00~22;00
  • 住所:246 Times Square Building, Ground Floor, Sukhumvit Road,Klong Toey,Bangkok 10110

Siam Square 支店

  • 電話番号: (+66) 2 251 6337
  • 営業時間:10;00~22;00
  • 住所:Siam Square alley 7, Henry Dunant Road, Pathumwan, Bangkok 10330

 Siam Center 支店

  • 電話番号:(+66) 2 658 1105-6
  • 営業時間:10;00~22;00
  • 住所:979 Siam Center Building Room 430-2 4th Floor,Siam Center,Rama 1 Road,Pathumwan,Bangkok 10330

Sukhumvit 39 支店

  • 電話番号: (+66) 2 259 8188-9
  • 営業時間:10;00~22;00
  • 住所:1/1-5 alley 39 Sukhumvit Road,Khlong Tan Nuea,Watthana,Bangkok 10110

Central world 支店

  • 電話番号: (+66) 2 255 6365
  • 営業時間:10;00~22;00
  • 住所:L6, Zone B, 610, 6th fl Central World, Rama 1 Road,Pathumwan , Bangkok 10330

Central Plaza Chaengwattana 支店

  • 電話番号: (+66) 2 193 8220
  • 営業時間:10;00~22;00
  • 住所:Central Chaengwattana, 5th Floor,Pak Kret ,Nonthaburi 11120

Mega Bangna 支店

  • 電話番号:(+66) 2 105 1709
  • 営業時間:10;00~22;00
  • 住所:39 Moo 6 Bangna – Trad Road, Bangkaew, BangPhli,Samutprakan 10540

Bluport Huahin 支店

  • 電話番号:(+66) 3 2 908 369
  • 営業時間:10;00~22;00
  • 住所:Bluport resort mall, G Floor , Phetkasem Road , Nong Kaem, Hua Hin , Prachuap Khiri Khan

訪問した支店①:スリウォン本店

コカレストランのスリウォン本店の行き方

スリウォン本店は、スリウォン通りから曲がり10メートル程度入った先にあります。パッポン通りから歩くのであれば、遠くはありません。

ひつじ執事
ひつじ執事
ただBTSの駅からは距離がそこそこあるので、昼の日差しが強い時間帯などではタクシーを使った方が良いかもしれません。

地図でのお店の場所:⇓

スリウォン通りに面したザ タワナ バンコク ホテルの向かいにあるソイThanTawanを入ったところにあります。

下の写真が、ザ タワナ バンコク ホテルになります。ソイThanTawanの入口から見た、左右のスリウォン通りの画像です。見にくいですが、このすぐ先にセブンイレブンがあります。ソイThanTawanを入り口から見た写真です。 ソイThanTawanを入るとすぐに右手に見えるビルがコカの本店になります。

奥に見える緑色の看板がマンゴーツリーです。 意外と目立たない入り口です。
こま犬さんがお出迎え。

コカレストラン・スリウォン店の内装

コカレストラン・スリウォン店の内装は、豪華絢爛な中国の高級レストランという感じではないですが、清潔感があり落ち着いた感じで好感が持てます。
流石、日本にも出店するコカレストランの本店という感じですね。接待に使っても満足してもらえるでしょうね。

ワインの品ぞろえが飾ってあります。

訪問した支店①:スクンビット39店

コカレストランのスクンビット39店の行き方

場所はスクンビット通りのソイ39で、スクンビット通りから歩いて3分ほどの左手になり非常に行きやすい立地と言えます。

ひつじ執事
ひつじ執事
大きな看板が出ていますので、分かりやすいかと思います。お店自体は道沿いに建っているタウンホームになります。

2014-12-30 21.57.17 (640x480) 2014-12-30 21.57.01 (640x480)

コカレストラン・スクンビット39店の内装

このスクンビット店の内装は、特別タイの伝統的な装飾だったり中華系だったりすることはないです。

しかし殆どのお客さんが日本人ですね。

ここまで日本人率が高いといくらスクンビットとはいえ、日本人向けの居酒屋じゃないんですから驚きです。2014-12-30 20.21.57 (640x480)吹き抜けにしてあるので、天井が高くて気持ちいいです。

トイレは2階になり、こちらもシンプルで清潔な感じです。2014-12-30 20.21.15-1 (640x480)

2014-12-30 20.17.44 (640x480)

タイスキのコカレストランのメニュー紹介

注文は、肉・野菜のセットを頼んでしまうか、それぞれ食べたい食材をチョイスして頼んでいく仕組みになります。

ひつじ執事
ひつじ執事
日本語の表記があるので、安心して注文ができます。

オススメは、野菜のセットを頼んで、肉や魚介類はオーダーしていくのが良いと思います。

流石に全部自分で選ぶのは面倒臭いんですよね。

注意点は、コカではスープの味を注文すると、スペシャルスープと言うことで追加料金みたいですね。他のレストランではスープって無料なんですけどね。 ここからはタイスキ以外の調理メニューになります。

ひつじ執事
ひつじ執事
元々は広東料理ということで味には定評があります。

日本人はタイスキを食べに来る人が大半ですが、タイ人でコカレストランに来る人はタイスキを頼まずに普通に中華料理を頼んでいる人も珍しくはありません。

その為に凝ったここでしか食べれないようなオリジナル料理もあります。

ここからはドリンクメニューです。デザートメニューになります。

中華系のデザートメニュー

タイスキのコカレストランでの実食レポート

ひつじ執事
ひつじ執事
それでは、コカレストランでの実食のレポートといきましょう。

胚菊茶

メニューには胚菊茶と書いてありますが、菊の花とマトゥームと呼ばれる果物の様な見た目のものを使ったミックスのお茶になります。

甘みもあるのですが、それほど香りがあるわけではなくほのかに香る甘いジュースといったところでしょう。

タイでは良くある甘い冷たいお茶です。

ビアチャン

ビールは、ビアチャンにしてみました。

シンハビールを抜いて、今のタイでの人気NO1ですね。

まぁ、タイ人に人気の理由は、シンハよりもお買い得な価格設定だということも大きいのですけどね。

ローストポーク

タイで中華料理と言えば、この表面が赤く彩られたチャーシューを思い描く人も多いと思います。

ジューシーな豚肉にこの甘みのあるタレが絶妙です。

ビールによく合います。

ローストダッグ

タイスキといえば、なぜかローストダッグです。

でも、これは、、、、ローストではなくダッグ煮のような、、、、

でも美味しいから良いです。ここのダッグは肉厚ですね。2014-12-30 18.47.03 (640x480)

タイスキ

タイスキのタレと薬味

タイスキを頼むと、タレとレンゲがセッティングされます。これがタイスキのタレです。 

ひつじ執事
ひつじ執事
薬味はライム・唐辛子・ニンニクがあり、これを自分の好みでタイのタレに入れて混ぜ合わせます。

タイ人はかなりの量のニンニクと唐辛子を入れていますね。

ひつじ執事
ひつじ執事
ポン酢も頼むと出してもらえる支店もあるので、頼んでみましょう。

ちょっと酸味が薄いのですが、日本人としては両方の味で楽しみましょう。 

タイスキに入れる具材

ひつじ執事
ひつじ執事
野菜のセットがきましたが、思ってたよりもボリュームがあります。

タイ料理では野菜不足になりますので、嬉しいです。

湯葉は乾燥湯葉です。これはまた違う日に野菜セットです。
2014-12-30 18.39.57 (640x480)練り物も手作りで作ってありますね。

でも日本人からすると、お皿にのせ方は気にしたほうが良いような、、、、ベビーコーンに練り物を巻き付けています。 これは練り物を湯葉で巻いたものです。
2014-12-30 18.40.01 (640x480)エビや肉も注文して投入します。
2014-12-30 18.40.06 (640x480)

タイスキの作り方

ひつじ執事
ひつじ執事
まぁ作り方と言っても、日本のお鍋と一緒でただ入れるだけです。

これを中華風の火鍋の鍋に入れてにていきます。お肉によってはしゃぶしゃぶのようにして、1つ1つ茹でては食べていきます。

タイの辛いタレをお好みで付けて食べていきますが、日本人だとそのまま特に何も付けないで食べる人もいますね。煮えるまではローストポークなどをつまみにビールでも飲んで待ちましょう。

煮えたら後は小皿にとって食べるのみです。タイの赤いタレを箸で少しずつ付けながら食べていきます。

タイスキはおじやで〆る

最後はおじやにします。因みにタイ人は、タイスキの後におじやは作りません。

ひつじ執事
ひつじ執事
ですが、コカレストランでは日本人のお客さんが多いので、おじやでの〆が普通のようです。

店員さんにおじやというとメニューには無いのですが、ご飯・卵・ねぎと醤油を持ってきて徐に作り始めます。

毎日作っているのでしょう、手際も良いです。2014-12-30 20.38.56 (640x480)

2014-12-30 20.40.24 (640x480)
ひつじ執事
ひつじ執事
おっ!完成しました。これは絶品でした。本当に美味しかったといよりも、おじやが1番美味しかった。

タイスキは、このおじやのための前菜といっていいのではないでしょうか。

おじやにしないタイ人は勿体無いことをしています。2014-12-30 20.41.05 (640x480)

2014-12-30 20.43.33 (640x480)

コカレストランを紹介する動画

コカはタイでも人気店ですので、マスメディアで紹介されていますし、個人で動画をアップされたりもしています。

ひつじ執事
ひつじ執事
タイ語にはなりますが、雰囲気は伝わりますのでいくつかピックアップして見てみましょう!

動画で見ても美味しそうですね。

やはりタイでは、タイスキというよりも中華系のレストランという紹介ですね。

バンコクのその他のおススメのレストラン3選

バンコクにはコカレストラン以外にもおススメのレストランが多くあります。

ひつじ執事
ひつじ執事
その中でも比較的知名度の高いお店を3店選んでみました。ぜひ食べに行ってみて下さいね。

タイ料理レストラン:マンゴツリー

2016-11-05-18-50-22-640x480コカレストランの本店の隣にあり、経営者が同じで日本にも支店があるマンゴーツリーも日本人には有名なレストランです。

バンコクで本番のマンゴツリーで食事をするのも記念になると思いますよ。値段に関しても六本木店の半分以下ですからお得ですしね。

最も有名なタイ料理レストランと言えば?マンゴーツリーにバンコク旅行で行こう

ソンブーン・シーフード

2016-11-06-19-22-52-640x480タイ料理のレストランと言えば、マンゴーツリーと並び有名なのはソンブーン・シーフードです。

タイ料理の代表的な1品であるプーパッポンカレーを造った老舗中の老舗で、バンコクでは必ず行きたいレストランの筆頭です。

必ず食べたいタイ料理プーパッポンカレーならココ!レストラン”ソンブーンシーフード”

マンゴ専門スウィーツカフェ:マンゴタンゴ

タイには多くの南国のフルーツがありますが、やはりマンゴーは別格です。

そのマンゴの専門店として長いこと人気を維持しているのが、サイアムスクエアにあるマンゴタンゴです。

1年中完熟の甘いマンゴが食べれますので、観光の合間に休憩を兼ねて訪問してみたらどうでしょうか?

タイ・バンコクで大人気のスウィーツ屋マンゴタンゴが美味しくてオススメ

バンコクのタイスキ発祥のコカレストランの行き方とメニュー紹介のまとめ

タイスキを考案したと言われるコカレストランでの、タイスキも非常に美味しいのですが、やっぱりタイスキは最後のおじやが最高です。

ひつじ執事
ひつじ執事
これを食べに行っていると言っても良いのではないでしょうか。

しかしコカレストランの日本人率の高さには驚きました。昔はここまで多くは無かったんですけどね。

タイスキ発祥のお店が日本人の専門店みたいになっているのもちょっと複雑な心境ですが、美味しいものは美味しですから良しとしましょう。

私も最近はタイ人が好きなのでMKレストランに行くことが多くなりましたが、やっぱりコカレストランは間違いのない美味しさです。

バンコクの観光旅行としても日本にあるコカレストランは高いですし、タイで本店に行ってきたというのは話題性もあるのでお勧めですよ。

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

保険料って勿体無いですよね。その節約方法は海外旅行保険が付いている年会費無料のクレジットカードを持てば良いだけなのですが、どのクレジットカードに良い保険が付いているのかと本当に使えるのかが分りにくいんですよね。

元保険会社社員の私が詳しく説明していますので、”元保険会社社員が教える海外旅行保険がベストな無料クレジットカード”を見てください。

海外旅行保険料を無料にした分のお金で、買い物を楽しんだりや美味しいものを食べてくださいね。

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事