タイ旅行の基礎知識

タイ・スワンナプーム空港のイミグレで待ち時間を少なくする対策とは?

タイの空港が混んでいる時のイミグレ対策の基本的な方法

最近はニュースなどでタイの国際空港であるスワンナプーム空港が混んでいてイミグレーションの職員を増やしても対応しきれないという話を目にするかもしれません。

実際に友人がタイに来た際にはスワンナプーム空港のイミグレーションが混んでいて1時間以上待たされたよなんて話も聞きます。

国際空港ですから手続きを厳重にするのは、こんなテロが頻発する時代なので仕方ないとは思いますが、流石に一時間は酷いですよねぇー。

立って待つわけですからね、人気ラーメン店とじゃないんですからね。

これから異国の地に降り立つ人間としては空港で余計な体力を使い疲れてしまうのは、本来はさけたいところです。

今回は、イミグレーションの待ち時間を最小限にするちょっとしたコツを説明したいと思います。

Sponsored Links

イミグレーションの待ち時間を最小限のするための具体的な方法

さぁでは、イミグレーションで待ち時間を最小限にするための具体的な対策を説明していきましょう。

タイの入国審査の注意点①

入国カードは必ず前もって記入を

先ずは最もイミグレーションで基本的なことを確認したいと思います。

それは入国審査で使うイミグレーションカード・入国カードを必ず記入しておきましょう。

これが記入してないと記入を求められて順番を後回しにさせられたり、その場で書くことになって結局遅くなりますからね。

飛行機の中でずっと寝ていたりするとスチュワーデスが渡し忘れていたりすることもありますから気を付けましょうね。

私も1回すっかり忘れてイミグレまで行ってしまったことがあります。

タイの入国審査の注意点②

イミグレーションの入国審査の窓口は2ヵ所

 

タイのスワンナプーム空港にはイミグレーション(入国審査)は左右に別れたゲートに分けた2か所あります。

飛行機が付くゲートから来ると最初に見えたイミグレーションに通常は入るわけですが、時間帯や飛行機の種類によりゲートは振り分けられていますから左右の分配が訪問者数が同じになる様に調整されているわけではありません。

もちろん飛行機の到着数はある程度調整してありますが、飛行機の乗客数まで細かく管理しているわけではありません。

その為に中国人のツアーなどが集中してしまうとどうしても近くのイミグレーション(入国審査)が混んでしまうことがあるんです。

インド系や中国系が重なってしまうと悪名高い1時間待ちの状況となるわけです。

しかし基本的に2か所の両方が混んでいることは年間通しても稀なことなのでそこに解決策があるわけです。

対策:遠い方のイミグレーション(入国審査)に並ぼう!

そうです。

近いイミグレーションを見て混んでいた時にはそのまま素通りして奥のイミグレーションに進みましょう。

実際は自分の飛行機に乗っていた人が並んでいますから、その可能性が高いです。

奥に行くのには普通に歩いても5分と掛かりません。

上でもにも書きましたが、同時に混んでいることは少ないのでその方が移動時間を加味しても早く出れることになるでしょう。

 

出典 https://www.ana.co.jp

 

 

タイの入国審査の注意点③

プレミアムレーンという特権

実はタイのイミグレーションにはプレミアムレーンというVIP扱いの特別レーンがあるのを知っていますか?

テーマパークのアトラクションにあるような一般レーンの列に並ぶことなく特別な窓口になります。

ただし当然ですが、このプレミアムレーンを使える人は条件があります。

プレミアムレーンはスワンナプーム空港だけでなくドンムアン空港にもありますから同じ条件になります。

使用条件1.小さいお子さんや老人や体の不自由な人等

これは社会的役割としてプレミアムレーンの当然の役割ですね。

70歳以上の老人や妊婦さんも対象です。

バスや電車の優先席と同じです。

小さいお子さんを連れたファミリーの人は使えますよ。

ただし権利として主張できるというより、係の人が声をかけてくるという仕組みとなっています。

なので小さいお子さんを連れた人は、横にあるプレミアムレーンの側でさりげなく子供がいるアピールをして下さい。

例えば立ち止まってカバンからモノを出したりですね(笑)

そうするとこちらのプレミアムレーンを使ってくださいと案内してもらえますよ。

 

使用条件2.ファーストトラッククーポンを貰う

ファーストトラッククーポンとはファーストクラスやビジネスクラスなどの席を利用した人はこのクーポンが渡されます。

このクーポンがプレミアムレーンが使えるチケットです。

日本を往復するJALやANAそしてタイ航空を代表する多くの航空会社で採用されています。

航空会社に寄っては呼び名や仕組みが少し違ったりもしますが、プレミアムレーンが使えることは変わりありません。

ただ、、、、プレミアムレーンが使いたくてビジネスクラスに乗ることにしたという人はいないとは思いますが。

それとこのファーストトラッククーポンがヤフオクなどで売られることがあります。

お得な金額な時もあるのですが、ナンバリングやスタンプがないと使えなかったりするものもあるので注意が必要です。

使用条件3.エクスペディアのVIP優先サービス

実はエクスペディアでは上のファーストトラッククーポンと同じようなプレミアムレーンを使用できるクーポンを正規に販売しています。

価格は大人 5,539 円が割引されて4,916円となっています。

サービスの内容を細かく見てみると。

  • VIP 特別対応でストレスなく空港に到着
  • すべての航空会社、すべてのチケットクラスのある旅行者の方にご利用いただけます。
  • プレミアム入国レーンでの優先的な入国審査
  • スカイウォークで空港ホステスによる出迎えサービス
  • 専任のアシスタントが空港内の移動をお手伝い

プレミアムレーンを使用出来るだけでなく出迎えもしてくれるのですね。

スワンナプーム空港のイミグレで並ばずに入国する方法のまとめ

どうでしたか?分かりにくかったでしょうか?

ここで最後に整理してみましょう。

無料でできる対策

  1. 最初のイミグレーションが混んでいた時には奥のイミグレーションに歩いて行った方がGOOD
  2. 小さいお子さんや高齢者がいればプレミアムレーンを利用する

有料となる対策

  1. ビジネスクラス以上の席に乗る
  2. エクスペディアのVIP優先サービスに申し込む

以上の4点が具体的な対策となります。

奥のイミグレーションに行くのは誰でも無料で出来るのでいつでも覚えておくべきでしょう。

そしてどうしても早く入国したいという特別な理由がある人はVIP優先サービスを使うほうがビジネスクラスに乗るよりは現実的な話だと思います。

まぁそこまでの理由が何なのかは私も分かりませんが、、、、、

現実的には奥のイミグレーションに行くことと小さいお子さんが行くときにはプレミアムレーンを使うということですね。

これで皆さんも入国審査だけで疲れることなくタイ旅行が楽しめると良いですね。

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

私は世界60ヶ国以上行ったことのあるバックパッカーで、ファイナンシャルプランナーとして保険会社で働いていました。そのため海外旅行と保険を合わせた実経験は誰にも負けないのではないかと思います。

そんな私が使っている海外旅行に持って行くと得をするクレジットカード最強の3枚の組み合わせがあります。

このカードを持つことで海外旅行保険には自分で加入しなくても病気や怪我での入院費は無料になりますし、荷物を無料で自宅に宅配できたり、盗難にあった時の緊急時にも海外でクレジットカードが再発行できるなど多くの特典を受けることが出来ます。

正に海外旅行には必須のクレジットカードと言えるのではないでしょうか?

詳しくは”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”の記事で説明していますので読んで下さい。

海外旅行の保険料が無料になるだけでもお得ですからオススメですよ。

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事