シンガポール観光レポート

シンガポールのセントーサ島へのおススメな行き方とは?メリット・デメリットを説明

シンガポール・セントーサ島の行く5つの方法の何がお勧めなのか?

シンガポールに着たら必ず訪れたいのは全体がレジャー施設ともいえるセントーサ島ですよね。

ホテルやビーチがあるのは勿論のこと、日本でも今や人気絶頂のユニバーサル・スタジオのシンガポール版や世界最大級の水族館シー・アクアリウム、巨大なプール施設であるアドベンチャー・コーブ・ウォーターパークなど多くのテーマパークやアトラクションがあります。

しかもセントーサ島には本家が小さすぎてガッカリと言われたマーライオンの復権を目指すべく造られた大きなセントーサ・マーライオンも建っています。

このセントーサ島を訪問するには、セントーサ・エキスプレスと呼ばれるモノレールやケーブルカー・バス・タクシーそして遊歩道を自分で歩いて渡るなど幾つかの方法があります。

今回はその方法の中のそれぞれのメリット・デメリット検証しておススメを説明したいと思います。

スポンサーリンク

セントーサ島へ行く方法は、何がおススメなのかを検証する

シンガポールに観光旅行に行ったら必ず訪れると言っても良いのが、セントーサ島です。

シンガポールの国土には、多くの島も含まれていてセントーサ島もその中の1つになります。

その為にアクセスに関しても本土のMRTやバスとは異なるセントーサ島独自の方法だったりして、少し分かり難かったりします。

ここでは、セントーサ島への行き方の各方法を、メリット・デメリットを踏まえてチケット料金や利用方法などを見ていきたいと思います。

①セントーサ・ボードウォークで徒歩

最も安価で雰囲気いっぱいなのが、シンガポール本土のショッピングセンターVivoCityからセントーサ島までを繋いでいる約600メートルのセントーサ・ボードウォークを歩いて渡る方法です。

午前空の涼しい時間帯や夕方以降の涼しい時間帯であれば歩いて渡るのも異国情緒あふれていて楽しい時間となるでしょう。

特にユニバーサルスタジオの閉演時間には、セントーサエクスプレスに多くの人が殺到するので、セントーサ・ボードウォークを歩いて帰る方が実は速かったりします。

雨に日もセントーサ・ボードウォークは雨よけがありますから問題ありませんし、少し疲れた時にも動く歩道がありますので大丈夫です。

実際に歩く時間に関しても人にも寄りますが、10分前後です。

但し天気の良い日の昼間の時間帯は南国のシンガポールではかなり暑くなるので汗びっしょりで体力を使いますのでお勧めしません。

  • セントーサ入島料金:但し2017年現在は免除 1Sドル
  • セントーサ・ボードウォークの利用時間:24時間オープン
  • 動く歩道の稼働時間:午前7:00から午後24:00まで

セントーサ・ボードウォークへのアクセス

MRTのハーバーフロント駅(HarbourFront)の出口Eから出てショッピングモール・ヴィヴォシティVivoCityのL1フロアから。

②バス

MRTハーバーフロント駅にあるバスターミナルからリゾートワールドセントーサへと行く直行バスです。

MRTハーバーフロント駅の出口Aを出てケッペル・バイアダクト大通りにあるRWS8(リゾート・ワールド・セントーサ8)バス停から乗車します。

終着点はセントーサ島のカジノ前のターミナルに着きます。

  • 乗車料金:1Sドル 
  • セントーサ・ボードウォークの利用時間:24時間オープン
  • 運行時間:午前6:00から午後23:30まで 約10分間隔で
ターミナルからはエスカレーターで上がってください。

③タクシー

シンガポールではタクシーの料金は他の物価に比べて安いのが特徴でもあり、かなり便利な移動手段です。

しかもセントーサ島へは他の移動手段ではMRTハーバーフロント駅での乗り換えが必要となりますが、タクシーはそのまま入島出来る為に時間を気にする人にはおススメの方法でもあります。

シンガポールの中心部から10分から15分程度でセントーサ島に入るビレッジまで掛かり、入島してからは3分程度でバスと同じターミナルに着くので降りることになります。

入島料金を取るときであれば、タクシー料金に入島料金が含まれる形で請求されます。

入島料金は時間と曜日で異なり、7:00~11:59の平日S$5週末S$6、12:00~14:00平日S$2週末S$6、14:01~17:00平日S$5週末S$6、17:01~18:59平日S$2週末S$3となります。 入島料金の支配所です。  基本的にこのターミナルでタクシーも降りることになります。

④セントーサ・エキスプレス

シンガポール本島を走るMRT(電車)はセントーサ島には走っていません。

セントーサ島には専用のセントーサ・エクスプレスと呼ばれるモノレールが走っています。

駅は4駅ほどあり走行時間も約5分です、料金は統一で入島料込で3.5ドルとなり1日の乗り放題チケットのみとなります。

セントーサ駅

MRTハーバーフロント(HarbourFront)駅から歩いて行けるショッピングセンター:ビボシティVivoCityの3階にありセントーサ島への窓口となります。

ウォーターフロント駅

リゾートワールドセントーサ、ユニバーサルスタジオ、カジノ、シーアクアリウム、アドベンチャーコーヴ・ウォーターパーク等が近い駅です。

インビア駅

セントーサ・マーライオン、マダムタッソー館、タイガースカイタワー・ケーブルカー駅等が近い駅です。

ビーチ駅

シロソビーチ、パラワンビーチ等の海岸へのアクセスやホテルのある地域の駅となります。

  • 乗車料金:3.5Sドル 
  • セントーサ・エキスプレスの利用時間:7:00~24:00

⑤シンガポール・ケーブルカー

ケーブルカーは利用料金的には他の交通手段と比較すると圧倒的に料金が高く、移動手段と考えるとコストパフォーマンスが悪いです。

しかも乗り換えのデメリットに関しては同等ですから、タクシーの様なスピーディーさも求められません。

しかしその魅力は移動手段としてではなく海抜90メートルまで上がるその風景は一見の価値ありで、昼間の風景と夜景の2度楽しめる点もポイントです。

ではその風景を先ずは見てみましょう。

昼間のセントーサ島への風景です。

下の様なケーブルカーに乗り込んでの出発です。 夕方のセントーサ島からの帰りの風景です。 行きと帰りの時間帯によっては違った風景なのでお得感があります。

  • シンガポール・ケーブルカー「ジョイライド」
  • 利用可能時間:営業時間:8:45-22:00

料金は大きく分けて2つのラインで異なります。

マウントフェーバーライン(Mount Faber Line)

シンガポール本島からセントーサ島へと結ぶラインと小高い丘のMt. Faber(マウント・フェーバー)を結ぶラインを指します。

セントーサ・ライン(Sentosa Line)

セントーサ島内を東西に3つの駅を結んでいるラインを指します。

MRTハーバーフロント駅からB出口からリンクブリッジを渡って約5分で、マウントフェーバー・ラインのハーバーフロント駅に着きます。

利用料金は、マウントフェーバーラインのみが大人:S$29子供:S$18、セントーサ・ラインのみが大人:S$12、マウントフェーバーラインとセントーサ・ラインの両方は大人:S$33
子供:S$22となります。

ちょっと高いですが、インターネットの楽天グループのボヤジン(Voyagin)なら40%オフで買えるのでお得に乗れますよ。

ケーブルカー・ジョイライドの割引チケットの価格はこちらから申し込むと2通の予約確認メールが届きます。でもこのメールでは乗車券に交換できませんから、もう少しだけEチケットが届くまで待ってください。

5分から10分後にはEチケットも届きます。

↓下は予約メールです。

↓下のメールも予約メールです。   これがEチケットになります。プリントアウトしても良いですし、スマートフォンで画面を提示するだけでもOKです。

なので、当日に直前に購入しても割引価格で購入できますよ。Eチケットを各チケット売り場で提示すれば乗車チケットに交換してくれます。

Eチケットは2018年6月30日まで交換可能ですから、前に買っておいても問題ありません。乗車チケットの裏側にチェックする形となっていて1日1回づつ各区間に乗れるようになっています。

シンガポール・セントーサ島の行く5つ方法のメリット・デメリットのまとめ

では5つのセントーサ島への行き方のメリットとデメリットをまとめましょう。

とにかく安く価格重視で行きたい人は?

①のセントーサ・ボードウォークで徒歩で行きましょう。

異国情緒を味わいたい人は?

これも暑くない時間を選んで①のセントーサ・ボードウォークで徒歩で行くのがいいでしょう。

価格と気楽さのバランス重視派は?

④セントーサ・エキスプレスに乗りましょう。実際最も多くの人が選択している方法です。

兎に角、時間をかけずに早く行きたい!

③のタクシーで行けば乗り換えもないので渋滞さえなければ最も早く移動できます。

快適に楽にアクセスしたい!

これも乗り換えがありませんので、③のタクシーで行くのがいいでしょう。

セントーサ島の絶景を見てみたい!

⑤のシンガポール・ケーブルカーを利用しましょう。90メートル上空からの絶景はシンガポール旅行の大切な思い出となるでしょう。

皆さんの要望に合わせて移動手段を紹介してみました。

あなたが希望する移動手段はどの方法となりましたか?

何度か行くようであれば、変えてみるのもおススメですよ。

これでセントーサ島への行き方の答えが見つかり、充実のシンガポール旅行が楽しめれば幸いです。

ケーブルカー・ジョイライドの割引チケットの価格はこちらから

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

私は世界60ヶ国以上行ったことのあるバックパッカーで、ファイナンシャルプランナーとして保険会社で働いていました。そのため海外旅行と保険を合わせた実経験は誰にも負けないのではないかと思います。

そんな私が使っている海外旅行に持って行くと得をするクレジットカード最強の3枚の組み合わせがあります。

このカードを持つことで海外旅行保険には自分で加入しなくても病気や怪我での入院費は無料になりますし、荷物を無料で自宅に宅配できたり、盗難にあった時の緊急時にも海外でクレジットカードが再発行できるなど多くの特典を受けることが出来ます。

正に海外旅行には必須のクレジットカードと言えるのではないでしょうか?

詳しくは”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”の記事で説明していますので読んで下さい。

海外旅行の保険料が無料になるだけでもお得ですからオススメですよ。

スポンサーリンク

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事