ホテル・バンコク・タイ

グランデセンターポイント トンロー スクンビット55の宿泊レポート①

 Grande Centre Point Sukhumvit 55 Thong Loに実際に泊まった体験レポート

ひつじ執事
ひつじ執事
今回の宿泊はグランデセンターポイント トンロー スクンビット55です。

グランデセンターポイント  スクンビット55(トンロー)は、タイ・バンコクのスクンビット地区にあるトンロー通り(スクンビット・ソイ55)にある5星クラスとなる高級サービスアパートホテルです。

オープンも2016年11月と新しくセンターポイント・グループの中でも高級感に拘ったグランデシリーズのホテルですね。

この地域は日本人駐在員が多く住むエリアとして有名で、それに伴い周辺にはコンビニや銀行はもちろんのこと日本料理店やショッピングモール・マッサージ店も多く非常に便利な地域です。

モノレールのBTSの最寄り駅となるトンロー駅までは少し距離がありますが、ホテルの送迎が20分間隔で利用できるので不便はそれほど感じないと思います。

この他にも温泉施設”Let’s Lelax”があることでも知られています。

今回はホテルに実際に宿泊してみて利用者としての感想をレポートしたいと思います。

Sponsored Links

1.グランデセンターポイント トンロー スクンビット55の部屋概要

グランデセンターポイント トンロー スクンビット55のホテルに関することや朝食ビュッフェのことも書いていきたいと思いますが、先ずは最も気になる部屋のレポートからいきたいと思います。

部屋の種類

今回はシグネチャーデラックスという部屋に宿泊しました。

部屋の料金は、1泊税金・サ―ビス料・朝食込みで11,131円でした。

グランデセンターポイント スクンビット55(トンロー)の部屋のタイプは、基本のスタンダードルームは40㎡のスタジオタイプとなります。

この他には70㎡の1ベッドルームや1ベッドルーム スイート・2ベッドルームのファミリースイート等もあります。

部屋の内装はブルーとホワイトを基本としてモダンで高級感があるものとなっています。

タイの伝統を感じたりゴージャスな装飾がしてあるわけではないではないですが、この部屋ならば不満を持つ人も少ないと思います。

今回宿泊した部屋の基本情報

部屋のタイプ:スタジオタイプ

部屋の階数:27階

部屋の眺望:シティビュー 

部屋の広さ:40 m²

部屋の構成:1ベッド1バスルーム1シャワールーム1トイレット

ベッドの種類:キングベッド 1台

基本的に、私はそのホテルでの最も安いスタンダードの部屋に宿泊しています。

それがそのホテルの多くの人が宿泊する部屋であり、そのホテルの基準を知るのには最適だからです。

ただし特別なビューを見たい時やキャンペーンなどでお得感が高い部屋があるときは異なる種類の部屋を予約する時もあります。

今回はスタンダードなシグネチャーデラックスにしました。

では、実際の部屋を見ていきましょう。

グランデセンターポイント トンローの部屋の風景

お部屋のチェックっ!

では部屋の中を見ていきましょう。

基本的にはホワイトとブルーで構成されていますが、ブルーはかなり濃い落ち着いた色です。

扉に関してもこのブルーとなっています。ゴージャスな高級感はありませんがモダンで好感が持てます。じゃじゃん!これがグランデセンターポイント トンローのスタンダードルームとなります。

流石に新しいだけあって非常に清潔感が凄い!

部屋の広さは不満のないレベルですが、40 m²という数字よりも小さく感じる気がしますね。
ワークスペースのテーブルもピカピカ!
ベットはツインがほぼ繋がった感じで置かれています。  白いシーツは汚れやシミは一切なく清潔感は最高でした。

ソファーは高級感はないですが、部屋のデザインによく合ったというか、部屋と同時にデザインされて使いやすいものです。

ソファーの横のスペースがテーブルとして使えるようになっているのはありがたいです。 ソファーの後ろは絶景になります。これは高所恐怖症の私には少し怖いかも、、、、

部屋の清潔感

部屋の清潔感に関しては、新しいこともあり文句なしですね。

古いホテルにありがちな古いかび臭い匂いがしたり、空気が澱んだような感じはありませんね。

部屋からの景色

バンコクの街中にあるので景色は当然シティービューしかありません。

しかし27階ということもあって、なかなかの景色ですね。

ただ景色が売りのホテルではないので、シティーホテル風ではありますね。

ひつじ執事
ひつじ執事
新しいこともあって清潔感は抜群です。そしてすべてのモノが機能を追求されていて効率的に配置されています。ただし40 m²もある部屋の広さは感じませんでした。

バスルームと水回り

バスルームチェック!

バスルームは洗面台・バスルーム・シャワー・トイレが集合しているもので、バスルームとシャワーはガラスで区切られています。

バスルーム内も白と黒の大理石で造られています。

バスタブの使い勝手はどうか?

実際にバスタブにお湯を張って入ってみました!

サイズ的に特別大きくはないのですが、側面が斜めになっていて背中をもたれることが出来るのでかなり快適です。

バスタブに入ったお湯も青みがかって見えるので清潔な感じがしますよね。

これは快適っ!

お湯を張った状態の写真 湯舟に浸かった風景はこんな感じです。

ゴクラク!ゴクラク!

水道の水圧と水量、お湯の暖かさ

シャワーや湯舟を使うときには、当然水を出しますが、お湯が熱くならなかったり水の出る量が少ないこともありますが、特に問題はありませんでした。

水はけはどうか?

ホテルの水回りで問題が起こることに水はけの問題があります。

その点も問題なしですね。

清潔感はどうか?

シャワーなどの水回りは掃除が細部まで出来ていなかったり、バスタブは黄ばみがあったりもすることもあります。

このホテルではシャワーもバスタブも綺麗でした。

まぁ新しいですから黄ばみなどもまだですよね。しかし残念なのは、水垢は少し残っていました。

トイレに関して

トイレは非常に清潔で嫌な匂いなども全くありませんでした。

そして嬉しいのはウォシュレットが完備です。

ひつじ執事
ひつじ執事
バスタブは背もたれの傾斜が丁度良くて快適に浸かれます。それにウォシュシュレットも使いやすくて最高です。

ホテルの装備とアメニティーグッズの写真

では、ホテルの装備とアメニティーグッズを見ていきましょう。

タオル・ガウン・スリッパ・ドライヤー・アイロン

タオルやガウンは白で統一です。

そしてグランデセンターポイント トンローでは、ドライヤーとアイロン・アイロン台は部屋に完備です。

これらはフロントに頼んで持ってきてもらうホテルもあるので初めから部屋にあるのは嬉しいですよね。

シャンプー・ソープ等

アメニティーグッズの写真は↓になります。

基本的なものは全てあると考えていいでしょうね。

冷蔵庫やミニバー関係

ミニバーは基本的にほどんど品ぞろえはないと思っていいでしょう。

ホテルの傍にコンビニやスーパーマーケットがありますから、自分で買って来るのが良いでしょう。

その方が安いですしね。

冷蔵庫の中身は、フリーのドリンキングウォーターが2本とジュースが2本のみです。

コーヒーと紅茶も最低限の装備のみです。

私はこれで良いと思いますけどね。

ひつじ執事
ひつじ執事
バブラシ・歯磨き粉・石鹸・シャンプー・ひげ剃りは全てあります。お酒を飲む人は外で買ってきましょう。

室内の装備

テレビの設備

テレビは薄型の最新テレビが壁にハメられています。

日本のテレビも見れて、NHK、NHKワールド、朝日テレビ、フジテレビ、そしてWOWWOWがありました。

でもTBSと日本テレビはありませんでした。

このラインナップで、WOWWOWが入っているんですねぇ。

ホテルとしては十分ですよね。

電話

ベットの横の電話です。

インターネット環境

インターネットは無料です。

グランデセンターポイント トンローのサイトが立ち上がり、ユーザー名とパスワードを入力するタイプです。

そのユーザー名とパスワードは、ルームキーのケースに書いてあります。

スピードは快適で動画も止まることなく見れました。

新聞の種類は?

新聞は日本の新聞の読売新聞があります。

部屋のガギ

部屋の鍵はカードタイプのものになります。

2人で泊まれば2枚用意してくれます。

キッチンがあるか?

センターポイント系なのですが、キッチンはありませんので、気を付けてください。

付いているとお得感があるのですが、無いならないで問題もないですが、、、

部屋の金庫

新しいので少し安心?

コンセント

コンセントはマルチプルタイプなので日本のモノも差し込むことが出来ます。

パソコンやスマホなどはアダプターが基本的に世界中で使えるようになっているものが多いので、日本のモノをそのままさせます。

これってなんだか分かります?

非常に洒落ているデザインのスタンドライトでした。 エアコンのスイッチがシンプルでおしゃれです。 カードキーなので、キーを差し込んでいないと電気モノが使いません。

この部屋のフロアの写真

今回泊まった部屋のフロアです。

火事の時のルートが書いてありますが、日本語の表記もあるんですね。 通路も白と黒でスタイリッシュですよね。

マニュアルの写真

では最後に部屋についているマニュアルなどの書類関係を見てみましょう。

フロア案内

ホテル内の施設のワーキングタイムが書いてあります。

ルームサービス

ルームサービスのメニューになります。

クリーニングサービス

ランドリーサービス用の記入用紙です。

何と日本語のモノがあります!

無料チケット・割引チケット

部屋に割引チケットがありました。

ホテルに入っている温泉施設”Let’s Lelax”のモノです。

海外旅行に行く際の飛行機や入国に関する記事を3つ選

海外旅行に行く際に知っておいた方が良い記事を3つ厳選してみました。良ければ読んでみて参考にしてみて下さい。

海外旅行に最適な保険が付いたクレジットカード

2015-11-18 06.37.58 (640x480)海外旅行保険が付いている年会費無料のクレジットカードを元損害保険会社の社員である私がベストと思うカードを選びました。

さぁそのカードはどのカードか?そしてその理由はなぜかを記事を読めば分かりますよ。

元保険会社社員が選ぶ!海外旅行に最適な保険が付いた無料クレジットカードとは?

ロストバッゲージの補償と対策

海外旅行で預けた荷物が出てこないロストバッゲージは絶対に起こらないトラブルとは言えません。

その対策や起こった時の対応方法を記事にしましたので読んでみて下さい。

飛行機から荷物が出ない!ロストバッゲージの補償と対策とは?

海外旅行でパスポートの盗難対策

passport (1)海外では命の次に大切と言われるパスポートですが盗難にあった時のその対策や事前に準備しておくべきことを記事にしました。

出来れば盗難に合わないのが一番良いんですけどね。

海外旅行でパスポートの盗難対策にたった1つすべきこと!

グランデセンターポイント トンロー スクンビット55の宿泊レポートのまとめ

今回はグランデセンターポイント トンロー スクンビット55の宿泊記の部屋のレポート編でした。

高級感があるというよりも清潔感が高い部屋で、非常に安心感がある部屋ですね。

ゴージャスさや伝統を感じるものではないですが、日本人で不満のある人は少ないんじゃないかと思いますね。

全ての面で平均以上で快適に泊まれること間違いなしでしょうね。

しかしこの部屋でこの価格は非常にリーズナブルです。

オープンから間もないので宣伝もあって安めに設定してあり、後で値上げされるという話もありますから、お得に泊まりたいなら今しかないかもしれませんよ。

後程に朝食ビュッフェやホテルの施設や周辺を紹介したレポートもアップしたいと思います。

ひつじ執事
ひつじ執事
それではグランデセンターポイント トンロー スクンビット55の②の”朝食ビュッフェ編”と③の”ホテルの施設や周辺情報編”もご覧になってくださいね。

それとグランデセンターポイント トンロー スクンビット55の宿泊料金を知りたい人は↓のサイトのアゴダで訪問予定日を入力すれば分かりますよ。

 ホテルの宿泊料料金や詳細を見てみる。

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

私は世界60ヶ国以上行ったことのあるバックパッカーで、ファイナンシャルプランナーとして保険会社で働いていました。そのため海外旅行と保険を合わせた実経験は誰にも負けないのではないかと思います。

そんな私が使っている海外旅行に持って行くと得をするクレジットカード最強の3枚の組み合わせがあります。

このカードを持つことで海外旅行保険には自分で加入しなくても病気や怪我での入院費は無料になりますし、荷物を無料で自宅に宅配できたり、盗難にあった時の緊急時にも海外でクレジットカードが再発行できるなど多くの特典を受けることが出来ます。

正に海外旅行には必須のクレジットカードと言えるのではないでしょうか?

詳しくは”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”の記事で説明していますので読んで下さい。

海外旅行の保険料が無料になるだけでもお得ですからオススメですよ。

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。