*

パタヤの観光地クロコダイルファームの案内:体験レポート!

公開日: : 観光地・パタヤ・タイ

パタヤのクロコダイルファーム

パタヤの観光地として意外とおススメなのはクロコダイルファーム・ワニ園です。規模はそれほど大きくはないですが、タイの人気動物ワニ、トラ、ゾウがいてクロコダイルショーやトラとの記念写真が取れたリもするのでそれなりに楽しめるのと思います。

そして何といっても近いんですよね。

パタヤの中心地から車で30分程度の距離にありますからお手軽な観光スポットです。

正式名はミリオンイヤーズ・ストーンパーク&パタヤ・クロコダイルファームというように園内には昔の化石や摩訶不思議な形の岩などがゴロゴロ置かれています。

今回はそんなパタヤのお手軽観光ㇲポートのクロコダイルファームのご案内となります。

スポンサーリンク

紹介する観光地:ミリオンイヤーズストーンパーク&パタヤクロコダイルファーム

住所:22/1 Moo 1 | Nong PlalaiPattaya 20150, Thailand

電話番号: +66 38-249-347, 38-249-348

サイト:http://www.thaistonepark.org/crocodile.html

営業時間:AM 8:00~18:30

パタヤにあるワニ・トラ・ゾウ・キリン・ダチョウ等の動物等がいる小型の動物園で、奇岩や化石が展示してあることも売りの観光地です。

外国人 大人:400バーツ、 子供:200バーツ

タイ人・タイ在住者 大人:150バーツ、 子供:75バーツ

残念ながら悪名高い外国人料金があります。タイ在住者に関してはタイ人と同じ料金となりますので、タイの免許証等の証明となるものを持参しましょう。

チェックは煩くてチケット売り場と入園の際と2回提示を求められました。

クロコダイルファームの行き方

距離的には近いのですが公共の移動手段はありません。そのためにソンテウをチャーターして行くか、車やバイクをレンタルして行くことになります。

パタヤでのソンテウのチャーターは料金が高いのでパタヤ中心地からで片道で200バーツ往復で400~500バーツぐらいになると思いますね。往復は向こうで待っているのでドライバー次第で高く言ってきたり、安くなったりします。

そう考えるとレンタルバイクでガソリン代を出したとしても200~300バーツでしょうからその方が安いことは安いです。

但し国際免許証かタイの免許証が必要ですから持ってない人は運転できませんね。まぁ道に関してはグーグルマップを見ながら走っていけばそれほど難しい道順ではないのでたどり着けるとは思います。

クロコダイルファームの位置を地図で見てみましょう。

下の地図はクロコダイルファームの案内に書いてある地図です。

バンコク・パタヤモーターウェイを潜る様にして走る下の田舎道を進んでいくとあります。

バンコク・パタヤモーターウェイ側から行くと左手にあります。

これが入り口です。 来た道を振り返るとこんな田舎道です。
園内に入るとすぐにチケット売り場の建物があります。 チケット売り場の建物の前を過ぎてさらに奥に行くと駐車場があります。ここがチケット売り場の窓口です。

外国人料金があるので、チケット代の表記はありません。

ここで一度目のタイ在住の証明を求められます。これがチケットです。
スペシャルパッケージチケットがあるようです。

でもちょっと高いですよね。
これがクロコダイルファームで貰える地図です。
クロコダイルファームの入園ゲートです。

なぜか中世のヨーロッパ風です。
巨大なワニが正装してお出迎えしてくれます。

ファーム内の化石群

クロコダイルファームのもう一つの名前がミリオンイヤーズストーンパークというように園内には奇岩が飾られています。

思っていたよりも綺麗に整備されています。

では園内の風景を写真でお楽しみください。 タイ人が好きな滝があるということで見に来たのですが、、、、残念な感じでした。

正装のワニ再登場です。 お米の化石?
これは売店の前に置いてあった大木の化石のようです。
近くで見ると確かに木のようですね。
因みにこの岩を配置している工事もしていました。

タイ人じゃないですね。こんな感じで奇岩を立てていくみたいですね(笑)

プレイランド

子供が遊べる意外と充実のプレイランドもありました。

タイはこの手の遊具が置いてあることは多いのですが、子供にはどこでも大人気です。

お子さんを連れてくる人はここで子供を遊ばせて自分は休憩するのが良いでしょう。

鑑賞できる動物たち

ではクロコダイルファームにいる動物を見ていきましょう。

小鳥中鳥?

細かい名前は良くわかりませんが、小型・中型の小鳥がゲージに入って何羽もいます。

全部で20から30ぐらいですね。 これはハゲコウ???

ダチョウ

鳥類のラスボスはダチョウでした。

一回り小さい白黒のはヒナなんでしょうかね。

ウマ?ロバ?シマウマ

ウマ?それともロバかな?この白いのとシマウマもいました。

シマウマはあまり主役感がない感じですね。

クマ

クマも何頭かいるのですが、どれも活気がなくてゲージの中で寝転んでいるだけでした。

ちょっと面白くないというか可哀そうな感じです。

それとクマ、臭いっ!

掃除の問題なのかクマ自体が臭いのか、恐らくその両方なのでしょうが、とにかく臭いっ1

気持ち悪くなりそうでした。 

ゾウ

餌をあげたり写真撮影をしたりできます(有料です、、、、、、)

しかしクロコダイルファームではショーをしてないんですね。

逆に驚きです。 写真撮影は下の料金でできますね。

キリン

キリンも結構な頭数がいます。

餌付けすることもできます。

キリンに大接近できるのでおススメですよ。

この距離は凄いっ!

トラ

トラもいますよ。

トラとライオンのハーフのライガーもいるという話でしたが、探すの忘れていました。

ゲージにいるトラ

ゲージにいるトラはだらしなく寝ているばかりでした。 しかししっぽに触れそうですね。

トラと写真撮影

これが目当てでクロコダイルファームに来る人もいると思いますが、トラと記念撮影ができます。

料金は200バーツですから、高くはないですね。客待ちのトラです。
ホワイトタイガーもいます。
子供のトラとも写真が撮れます。

クロコダイル

そして主役のクロコダイルの登場です。

クロコダイル鑑賞

ゲージというか飼われているワニが大量にいます。

結構近くにいるので迫力満点です。

しかしワニでかいですね!これは恐竜じぁなくて?

クロコダイル餌付け

クロコダイルの餌やりもできます。

100バーツですから、安いですよね。ワニが泳いでいる池の情景、、、、、

恐ろしい風景です。
タイ人が楽しそうに餌を垂らします。
ワニの前に肉を垂らすと!
がぶっと嚙り付きます。

クロコダイルショー

そしてメインイベントのクロコダイルショーです。

会場はこんな感じの場所です。 クロコダイルショーは一時間ごとに8回あります。

タイムテーブルは下の通りです。
お客さんは中国人が半数で、残りはロシア人・インド人・韓国人が多くいました。
ショーが始まりました。

パフォーマンスをするタイ人の男性の入場です。
ここからの写真はズームを使ったんで写真が荒くなっています。

パートナーのワニを連れてきます。
ワニは迷惑そうですが、、、、、
この棒でたたきながらワニをコントロールしています。
そして手を入れても大丈夫になり
下を掴んでも大丈夫になり
 キスまでしちゃいます。でも有名な頭を入れるのは、、、、、写真を撮るのに失敗しました(笑)

そしてチップの100バーツ札を張られるクロコダイル、、、、

売店

売店も何か所かあり熱中症防止で帽子や日傘は多く売られていますし、小物のお土産モノを多くあります。

ワニのはく製もあってここで日本へのお土産を買うのも良いかもしれません。

食堂

フードコートとレストランもファーム内にあります。

この日は15時だったのでもう片づけられてました。

クロコダイルファームのちょっと怖い話

脅かすわけではないですが、クロコダイルファームのちょっと怖い話もあります。

下の動画はその際のテレビで放送された映像です。

トラがお客さんを襲ったっていう怖い話です、、、、、、、、、

洪水の際にクロコダイルが逃げたしました。

実は私も洪水の街中で1メートル以上あるクロコダイルと出会ったことがあります、、、、

いや、マジでビックリしました。

だって目の前3メートぐらい先にワニが横たわっているんですよ。

パタヤの観光地の記事3選

パタヤ観光に関する記事を3つ選んでみました。良ければ読んでみて下さい。

シラチャのカオキアオ動物園

2015-07-05 12.59.54 (640x480)パタヤからも遠くない場所に動物園もあります。サファリパークスタイルの動物園で中々楽しめると思いますよ。

詳しくは下の記事をご覧になってください。

バンコク・パタヤから行くシラチャ・カオキアオ動物園の訪問レポート

パタヤのセンタラ・ビーチ・リゾート

2015-04-14 11.23.38 (640x480)パタヤのセンタラ・ビーチ・リゾートはリゾートホテルですがそのプールの充実ぶりはタイで一番と言っていいと思います。

まるで遊園地のプールのようです。

一日ここで遊び倒すことも可能ですよ。

パタヤのセンタラ・ビーチ・リゾートがまるでテーマパーク!遊園地よりホテルのプールが楽しい

ノン・ヌッ・トロピカル・ガーデン・パタヤ

アイフォン5C 065 (640x480)パタヤの観光地としては知名度は高い方ではないですが、ノン・ヌッ・トロピカル・ガーデン・パタヤは意外と悪くないですよ。

綺麗に造り込まれた不思議な庭園も楽しめますし、ゾウやムエタイショーも楽しめます。

エレファントショーはおススメですね。

広大なノン・ヌッ・トロピカル・ガーデン・パタヤはタイ観光に悪くない?

パタヤのクロコダイルファームのまとめ

どうでしたか?クロコダイルファームは?

まぁ規模で言えば、割とコンパクトなので大きなところが良ければシラチャのタイガーズーの方が良いかもしれません。

でもパタヤの中心地から簡単に訪問できる距離ですし、園内もコンパクトで2・3時間程度で十分全て見れますから気軽に行けるのが良いですね。

タイは暑いから気軽に行って帰ってこれることも十分に価値のあることですからね。

でも、、、、、トラに襲われないようにだけはして下さいね(笑)

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

火災保険でも生命保険でも保険料って勿体無いですよね。海外旅行保険も必要なのは分かりますが、誰だって正直保険料は高いなって思いますよね。

その海外旅行保険料を無料にする裏技があるんです。

まぁ裏技なんて大げさなものではなくて、実は海外旅行保険が付いている年会費無料のクレジットカードを持てば良いだけなんです。

ただしどのクレジットカードに良い保険が付いているのかが、本当に分りにくいんですよね。

その疑問点を元保険会社社員の私が詳しく説明した記事が⇩になります。

”元保険会社社員が教える海外旅行保険がベストな無料クレジットカード”

興味がある人は読んでみて下さい。

海外旅行保険料を無料にした分のお金で、買い物を楽しんだりや美味しいものを食べてくださいね。

関連記事

パタヤの北:ナクルアにもあるウィークエンドマーケット=海外移住のブログ

パタヤの北にあるナクルアで期間限定のウィークエンドマーケット ナクルアの旧市街の通りを歩行者天

記事を読む

バスでのパタヤの行き方:エカマイバスターミナル=タイ移住のブログ

パタヤへの行き方 エカマイバスターミナル バンコクからパタヤに行くのに1番便利なのはエカマイバ

記事を読む

バンコクから日帰りも!シラチャのロイ島に遊びに行こう:タイ移住FP

まず初めに残念なお知らせがあります:ご注意ください この記事はシラチャにあるロイ島について20

記事を読む

パタヤの隣りの静かなジョムティエンビーチでリゾート気分やホテルを満喫!タイ旅行FP

パタヤで静かでノンビリ過ごしたい人にはジョムティエンビーチが最高 皆さん、ジョムティエンビーチ

記事を読む

パタヤのどの両替が良いレートなのか調べてみた:TTエクスチェンジは店舗ごとに違うのか?

2015年度版・パタヤの両替はどこが良いレートなのか? 最近はブログに関して色々と連絡を頂くよ

記事を読む

ラン島よりおすすめ?パタヤで泳ぎたいならナンランムビーチ

パタヤで美しい砂浜で泳ぎたいならおススメします。 パタヤってリゾートとして色々な楽しみが盛りだ

記事を読む

パタヤの水上マーケットが意外と良い?   タイ移住生活情報

パタヤにある水上マーケットが意外と良い!! パタヤにも水上マーケットがあるのをご存知でしょうか

記事を読む

タイの動物園シラチャのタイガーズーを体験レポート!バンコクやパタヤから日帰り可能

タイの動物園シラチャのタイガーズーを訪問しての体験レポート 今回はバンコクやパタヤから気軽に行

記事を読む

パタヤ観光旅行では必ず行きたいレストラン15選:実際に訪問してのお勧めレポート!

パタヤ観光旅行に来たら絶対行ってほしいレストランベスト15 タイの有名リゾートであるパタヤには多く

記事を読む

パタヤ観光なのに寒さにタイ人が大喜び!雪まつりがテーマの”フロースト”の行き方

タイ人が大好きな氷のアトラクション”フロースト マジカル アイスオブサイヤム”の紹介 タイでは

記事を読む

海外旅行保険はテロや戦争の怪我などには使えるのか?海外移住FP

クレジッットカードの海外旅行保険はテロ行為や戦争・内乱で怪我した時

実際に私が旅行した感動の世界遺産ランキングベスト10!

実際に旅行した世界遺産の感動したランキングベスト10! バックパ

パタヤの絶景レストラン”リンパ・ラピン”:バンコクセレブが絶賛!

バンコクのセレブに人気のパタヤの絶景レストラン”リンパ・ラピン”

海外のスキミングは更に巧妙に!アジアに広がる手口とその対策とは?

スキミング犯罪は更に巧妙になりアジアのタイやバリなどで被害が増加傾

海外旅行でクレジットカードを持つ理由とは?JCBプラザが凄い!タイ移住FP

海外旅行にはクレジットカードを持って行ったほうが良い理由とは?

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑