*

タイやバンコクの天気と観光旅行のベストシーズンとは?

公開日: : 最終更新日:2017/12/06 タイ旅行の基礎知識

タイ・バンコクに旅行をするのにベストなシーズンはいつなのか?

日本に比べてタイは赤道に近い国ですので、暑いシーズンが長期的に続くのが特徴です。

常夏の国の環境を楽しむにはおすすめの国で、特にバンコクは東南アジアの国々の中でも旅行で訪れやすい初心者にやさしい地域です。

1年中暑くて湿度が高く、日本の四季のように目まぐるしく季節が変化する印象が少なめですが、実はタイには大きく分けで3つのシーズンがあります。

その中でもせっかくの海外旅行ですからいつがベストシーズンなのかも誰もが気になるところだと思います。

今回はそれぞれのシーズンの特徴を整理してどのシーズンに旅行に行くのかを決めて貰いたいと思います。

��������

タイの天気を決める3つのシーズンの特徴

3つのシーズンをそれぞれわかりやすくあらわすと、暑季(ホットシーズン)と乾季(ドライシーズン)、雨季(レインシーズン)です。

これらの3つのシーズンの特徴を知ることで、旅行のためのベストシーズンが判明します。

一般的に旅行に行くのに最も評判が良いとされるシーズンが2月だと言われていますが、2月は乾季に該当します。

暑季(ホットシーズン)

暑季という呼び方をしましたが、要は日本でいうところの夏ということです。

3月の後半~5月までのシーズンが該当します。

このシーズンは気温が最も暑くなるため、訪れる際には注意が必要です。最高気温は平均で35℃〜37℃にもなり最高では40℃を超える時もあります。特に暑い月は4月と5月になります。

5月後半以外なら比較的降水量が少ないため、タイの暑さを体験したい人なら訪れても良いですが、暑さが苦手な人にはおすすめできません。

日本で夏が得意な人もいるかもしれませんが、日差しの強さは日本以上であり現地のタイ人もこのシーズンには基本的に用がなければ昼間は行動しません。

例え昼間に出かけたとしても暑さにやられて直ぐに疲れてしまいますし、熱射病の危険性もあるので休憩を頻繁に取ることになります。

観光旅行で睡眠時間も少ない中で多くの名所を周りたいというハードスケジュールの人には向いていないシーズンと言えます。

このシーズンにタイ旅行をするのであれば、余裕を持った計画を立てて休憩を多く取るようにしてくださいね。

雨季(レインシーズン)

普通に旅行を楽しみたい初心者であれば、レインシーズンに該当する雨季はやや判断が難しいシーズンです。

雨季は6月~10月の期間が当てはまります。このシーズン中は雨が降りやすい状態で、急にスコールが発生する確率が増します。

スコールとは熱帯地域でよく起こるもので、急激に天候が悪くなり、雷や大量の雨が一気に降る現象です。大荒れになりますので、当然ながら外出を目的とした旅行では、最悪の結果になりがちです。

しかし、1日中大量の雨が降り注ぐ現象ではありません。日本で言うところの大量のにわか雨の状態に近く、ごく短時間降り続けたのちにあがることがほとんどです。時間にして約1時間程度です。

外出中に突然スコールに見舞われると、体中がびしょ濡れになりますから、初心者向けとはいえません。

しかしタイのバンコクならではの現象を楽しみたいという上級者にとってはおすすめのシーズンだといえます。

最も降水量が多いのが日本の台風シーズンと同じ9月です。

300ミリ級の大雨が降るため、注意してください。気温的には他のシーズンと大差はありません。

但しスコールでもう一点注意すべきことは最近のバンコクでは酷いスコールとなると洪水が発生します。

都会の主要道路でも膝丈ぐらいの水深には、あっという間になってしまいます。

この水は汚いので病気の予防のために歩かないようにして下さい。

そんな時はタイ人と一緒にゆっくりと待ちましょう。

雨が止めば、2・3時間で水は嘘のように引いていきますので、南国のタイのノリでのんびりといきましょう。

下の動画のようなイメージです。

乾季(ドライシーズン)

最もベストなシーズンとしておすすめできるのが乾季ですが、乾季は11月~翌年3月前半くらいの期間が該当します。

文字通り、最も降水量が少ないシーズンです。ほとんど降ることがないため、雨具を用意する手間が不要になります。

当然ながら降る日もありますが、降ったとしても極微量で済んでしまう場合が大半です。

一番少ないのが12月と1月です。20ミリ程度の降水量しかありません。2月と3月はやや多くなりますが、それでも30ミリ程度の降水量です。11月だと50ミリくらいです。

降水量だけのデータだと素人にはどの程度の雨の量なのかがわかりにくいですが、同じシーズン中に日本の降水量が100ミリくらいだと考えれば、タイの降水量の少なさがなんとなくわかってきます。

日本の場合だと雪が降りますので、その分だけ降水量が増えがちですが、それを考慮したとしても雨の量が極端に少ない状態です。

タイの乾季ではほぼ晴れの日が続くと考えれば良く、外出するには絶好のシーズンだといえます。

気温についてですが、日本で厳しい寒さを迎えるシーズンとあり、タイにも影響はある程度あります。とはいえ、日中で最も低くなる気温が20度くらいですから、日本人であれば快適に過ごせる気温です。

いつがタイ旅行するのにベストな月なのか?

シーズンとしてベストなのは、乾季(ドライシーズン)であることは分かりました。ではその中でもどの月がベストなのでしょうか?

各月の気温から導き出してみましょう。

日本人が旅行する時に快適なのは涼しい気温の時だと思いますが、12月と1月であれば20度くらいになります。やや肌寒く感じられる場合があるため、服装に気を付けたほうが良かったりします。

そして最もベストなシーズンとして評判の2月だと、12月や1月よりも少し気温が上がってきます。おおよそ25度くらいです。これは3月に入っても続きます。

評判の乾季の特徴を確認すると、2月がベストシーズンだと言われる理由がわかるでしょうが、日本人の感覚であれば12月や1月も十分にベストシーズンだといえます。

2月の25度くらいというのはやや暑さを感じられる温度で、少し降水量が多くなることを考慮すれば、涼しさを感じられる20度くらいの温度で、降水量が最も少ない12月や1月にタイに訪れたほうが日本人との相性は良さそうです。

私の個人的な感覚でいえば、観光旅行で色々と動きたいのであれば12月と1月がベストな月で次いで2月になると思います。

ベストシーズンをイベントから導く

この3か月の中からどの月に行くかを悩んでいるなら、月ごとに現地で開催されるイベントに合わせるのがおすすめです。

バンコクでこのシーズンに開催される代表的なイベントですが、12月には日本で言うところの年越しのイベントとして、12月31日~翌年1月1日にカウントダウンが開催されます。

近年のバンコクでもニューイヤーのフリーイベントやコンサートが開催されますので華やかな年越しを体験できるでしょう。

アユタヤでも世界遺産祭りがありますから、バンコクから出かけてみるのも良いかもしれません。

1月の後半になると中国人のお正月の春節があるので、バンコクのチャイナタウンでフェスティバルが行われます。このイベントは旧暦で決まるために毎年違う日程となるので2月にずれ込む場合がありますので、訪れる前に確認しておくことをおすすめします。

チェンマイでは、2月には花祭り3月にはタイ国際バルーンフェスティバルも開催されます。

国際カイト・フェスティバルも3月に開催されます。様々なデザインの凧を大空に向かってあげるイベントです。

現地で伝統的な凧を見られる場合がありますから、歴史を楽しみたい人、凧揚げが大好きな人にとっては魅力的なイベントだといえます。

タイ旅行に関するおススメの記事3選

タイ旅行に行くうえで参考となる記事を3つピックアップしました。

この記事も読んでバンコクを旅するために参考にしてください。

海外旅行に持って行くべきクレジットカード・ベスト5!

2015-11-02 17.44.49 (640x480)海外旅行をするうえで持っていくべき海外旅行保険が付いた年会費無料のクレジットカードのベスト5をランキング形式で紹介しています。

海外旅行に持って行くべき無料クレカのランキング・ベスト5!保険も充実なクレジットカード

バンコクのトイレは何処にある?その使い方は?

2015-03-07 16.40.40 (640x480)日本では気軽に使える公衆トイレがありますが、バンコクでは日本の様には行きません。

バンコクで外出時にトイレがどこにあるのかを説明した記事になります。

タイ旅行者必見!外出の際にバンコクのトイレは何処にある?そして使い方は?

ロストバッゲージの補償と対策とは?

飛行機に乗るときに荷物を預ける人が多いと思いますが、まれに荷物が忘れられたり他の場所に送られたりすることもあります。

そうならない為の対策や補償を説明した記事になります。

飛行機から荷物が出ない!ロストバッゲージの補償と対策とは?海外旅行FP

タイ・バンコクに旅行をするのにベストなシーズンはいつなのかのまとめ

どうでしたか?タイに旅行に行く月は決まりましたか?

シーズンでいえば、3つのシーズンの中では間違いなく乾季(ドライシーズン)がベストでしょう。

気温が比較的低く暑くないですし、雨も余り降りませんからね。

その中でも、最も涼しくイベントも多い12月と1月がベストシーズンと言えるでしょうね。

後は休みをいつ取れるかと飛行機やツアーの料金との兼ね合いでしょうね。

タイは非常に暑いですしスコールもありますから、この点も考慮して楽しいタイ旅行をして下さいね。

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

私は世界60ヶ国以上行ったことのあるバックパッカーで、ファイナンシャルプランナーとして保険会社で働いていました。そのため海外旅行と保険を合わせた実経験は誰にも負けないのではないかと思います。

そんな私が使っている海外旅行に持って行くと得をするクレジットカード最強の3枚の組み合わせがあります。

このカードを持つことで海外旅行保険には自分で加入しなくても病気や怪我での入院費は無料になりますし、荷物を無料で自宅に宅配できたり、盗難にあった時の緊急時にも海外でクレジットカードが再発行できるなど多くの特典を受けることが出来ます。

正に海外旅行には必須のクレジットカードと言えるのではないでしょうか?

詳しくは”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”の記事で説明していますので読んで下さい。

海外旅行の保険料が無料になるだけでもお得ですからオススメですよ。

スポンサーリンク

関連記事

スワンナプーム国際空港とドンムアン空港の移動方法!無料のバスはあるの?

  スワンナプーム国際空港とドンムアン空港の特色とベストな移動方法とは? タイ

記事を読む

タイやアジア旅行でデング熱マラリアの蚊の病気を予防する方法とは?海外旅行FP

タイは勿論のことアジアやアフリカでは蚊を媒介とする病気が大変危険! 海外旅行では日本にはないそ

記事を読む

パタヤからバンコク:エカマイ・モーチットのバスは北バスターミナル=タイ移住情報

パタヤ・バンコク間のバスが出着する北バスターミナル エカマイ・モーチットからパタヤ行きのバスに

記事を読む

タイの観光旅行でマナーとルールの注意点!知っておいてトラブル回避!

トラブルを避けるためにタイの観光旅行で気を付けるべきマナーとルール タイに海外旅行に旅行に行っ

記事を読む

海外旅行でクレジットカードを持つ理由とは?JCBプラザが凄い!タイ移住FP

海外旅行にはクレジットカードを持って行ったほうが良い理由とは? 海外旅行に行く際に必ず持って行

記事を読む

タイ旅行ではローカルな市場(タラート)で買物をしてみる?海外旅行FPのブログ

タイのローカルな市場(タラート)で買い物をするための説明 私は海外旅行では地元の市場(タラート

記事を読む

タイ人が絶対喜ぶ!?お土産に最適な日本のお菓子はどれ?海外旅行FP

タイ人がお土産にもらって喜ぶ大好きな日本のお菓子の紹介 タイに行く時にタイ人の友人にお土産を考

記事を読む

海外旅行のイミグレ出入国は自動化ゲートが便利!利用方法と注意点

海外旅行に行く際の出入国は自動化ゲートが便利 羽田や成田などから海外旅行に行く時に出国手続きを

記事を読む

海外旅行でパスポートの盗難対策にたった1つすべきこと!海外旅行FP

旅行などで海外に滞在中にパスポートが盗まれてしまったらどうすればいいのか? パスポートとは、海

記事を読む

バスでのパタヤの行き方:エカマイバスターミナル=タイ移住のブログ

パタヤへの行き方 エカマイバスターミナル バンコクからパタヤに行くのに1番便利なのはエカマイバ

記事を読む

スワンナプーム国際空港とドンムアン空港の移動方法!無料のバスはあるの?

  スワンナプーム国際空港とドンムアン空港の特色と

シンガポールのリバーサファリが凄い5つの理由!園内案内と割引チケット情報

リバーサファリ徹底解説:その行き方や所要時間そして割引のお得なチケ

タイのチョコレート専門店はゴティバに負けない美味しさ!バンコク・チェンマイ等に支店あり

タイのチョコレート(ショコラ)専門店Gallothaiが美味しい!

タイ旅行で必須の出入国カードの記入方法:写真を使い誰でも分かる!

タイ旅行で必ず記入しないといけない出入国カード(アライバルカード)

銀行のキャッシュカードの番号の意味を解説!通帳無しで支店名も分かる

キャッシュカードの番号の意味を解説!どこの支店かも分かります 会

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑