タイでの海外移住生活

タイで住むところを借りる時のポイント=海外移住の情報のブログ

2014-11-21 18.04.35 (640x480)

タイで住むところを借りる時の注意点

今回はタイに移住した際には誰でも住む場所を借りることになると思います。

その際には日本とは異なる特徴が、それぞれありますのでそのポイントをまとめて説明したいと思います。

当然自分がオーナーになって貸し出す時にも、この特徴を活かして貸していくことになりますし、何に投資するかにも関係しますので把握しておいて損は無いでしょう。

スポンサーリンク

一戸建て・ツインハウス・タウンハウス・タウンホーム

1.環境:①ムーバーン内(ビレッジ内)24時間のセキュウリティーとなっていてガードマンがいて、見回りもしている。

プール・スポーツジム・公園などの公共施設が無料で使用できる。

②ムーバーン外(ビレッジ外)セキュリティーは無く自己防衛となる。タイ人はそのために犬を飼っていたりする。

公共設備は特になし

2.価格帯:7,000B以上

3.ファニュチャー(家具や家電製品):基本的には全て備え付け。何も無い時には賃料に反映。

4.電気・水道料金:それぞれの会社の請求書で支払い

5.インターネット環境:自分で直接契約

6.その他の特記事項

・庭があり開放感がある。

・白人は庭のある一戸建てに拘る人が多くいる。

・犬などのペットを飼うことが可能

サービスアパートメント

1.環境:24時間のセキュウリティーとなっていてガードマンが常駐し安全性は最高。

プール・スポーツジム・サウナを備えているところも多い。

2.価格帯:40,000B以上

3.ファニュチャー(家具や家電製品):全て備え付け。

4.電気・水道料金:家賃に込みの為別途支払いは無し

5.インターネット:家賃に込みの為別途支払いは無し

6.その他の特記事項

・多くはバンコク中心地に位置している。

・利用者の殆どは駐在員

コンド・マンション

1.環境:24時間のセキュウリティーとなっていてガードマンがいるが、セキュリティーの高さに関しては物件しだいで様々。

プール・スポーツジムの設備があり無料で使用可能。

2.価格帯:10,000B以上

3.ファニュチャー(家具や家電製品):全て備え付けで、内装共に同じコンド内でもオーナーが異なるため部屋により異なる。

4.電気・水道料金:それぞれの会社の請求書で支払い(事務所に払うところもあり)

5.インターネット環境:自分で直接契約

6.その他の特記事項

・部屋によりオーナーが異なり、内装・設備も異なるため同じ建物でも各部屋の内見をして決めるのが良い

アパートメント

1.環境:大型アパートは事務所があり小型のところでもカードマンがいるのだが、割とルーズだったりそのガードマンが信用できなかったりもする。

スポーツジムがあるところや売店があったりもするが、普通の小型のところは何もなし。

2.価格帯:4,000B以上(もっと安いところもありますが、日本人が住むにはこのぐらいが限界?)

3.ファニュチャー(家具や家電製品):家具のみ備え付け。家電製品は有料で借りる。

4.電気・水道料金:事務所(オーナー)に支払い。ユニット5~9Bぐらいをオーナーが自由に決めている。高額。

5.インターネット環境:アパートで引いているインターネットを使用(共有のため時間帯や状況によりスピードが大きく異なる)

6.その他の特記事項

・建物全部がワンオーナーである。

・電気代が高く家賃とトータルで要検証。

・インターネットを自分で契約することが出来ないことがある

 

以上がそれぞれの特徴となります。

日本と異なるのは、家具・家電製品が備え付けだったり、アパートの電気代が異なったりする点です。

特に電気代は元々タイでは高いので、それが2倍3倍となると大変です。

通常の価格で毎日エアコンを使っていると1,000Bから2,000Bの間になるかと思います。

もし1,000Bなら2倍で2、000B、3倍なら3,000Bですから笑えない額です。

電気代は必ずユニットいくらか確認すべきでしょう。

借りること自体は保証人が必要とかありませんので簡単な手続きだけです。

自分の希望と予算に合わせて最適な環境を手に入れましょう。

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事