*

最も有名なタイ料理レストランと言えば?マンゴーツリーにバンコク旅行で行こうっ!

公開日: : レストラン・バンコク・タイ

2016-11-05-18-22-30-640x480

日本にも進出してる日本人旅行者に人気のレストラン”マンゴーツリー”

皆さんは日本でタイ料理レストランというと何処を思い出しますか?ジャスミンタイジムトンプソン?それともティーヌンだったりしますか?

実は先ず丸の内に出来てその後もカフェやデリを展開しているマンゴーツリーを思い出す人も多いと思います。

マンゴーツリーは日本にあるタイ料理レストランとしてはグループ合計で19店舗にもなる最大級のレストランチェーンです。

しかも丸ビルに入る東京マンゴーツリーは結構な値段がする高級店です。

そのマンゴーツリーもバンコクだと確かに高級店ではありますがドレスコードを求められるほどのお店ではありません。

割と誰でも気軽に行けるレストランなんです。

バンコク旅行の際には東京では高いマンゴーツリーの本場の味を食べに行ってみるのはどうでしょうか?

今回はそんなマンゴーツリーに観光を兼ねてバンコクでの行き方を紹介します。

スポンサーリンク

タイ料理レストラン”マンゴーツリー”とは

先ずは少しマンゴーツリーというレストランについて見てみましょう。

マンゴツリーは、バンコクのタイスキの有名店である”コカレストラン”のオーナーが始めたタイの高級レストランです。バンコクで外国人を中心に人気となり、イギリスのロンドンへ海外進出して成功して、2002年に東京の丸の内の丸ビルにマンゴーツリー東京を出店した後は”マンゴーツリー””マンゴーツリー・カフェ””マンゴーツリー・キッチン”の3ラインを展開して合計で19店舗もあります。

因みに東京を中心とした全支店を見てみると下の様になります。大宮や大阪などにもあるんですね。

mango tree

マンゴツリー東京

mango tree cafe

マンゴツリーカフェ新宿:マンゴツリーカフェ池袋:マンゴツリーカフェ豊洲:マンゴツリーカフェ+バー品川:マンゴツリーカフェ有楽町:マンゴツリーカフェ恵比寿:マンゴツリーカフェ大宮:マンゴツリーカフェ横浜:マンゴツリーカフェ大阪:マンゴツリーカフェ上野

mango tree kitchen

マンゴツリーキッチン 東京駅グランスタ:マンゴツリーキッチン グランフロント大阪:マンゴツリーキッチン 横浜ジョイナス:マンゴツリーデリ 渋谷ヒカリエShinQs:マンゴツリーデリ 伊勢丹新宿本店:マンゴツリーデリ 横浜ジョイナス:カオマンガイキッチン エキュート大宮:マンゴツリーキッチン ららぽーと横浜

日本でこれだけ大きく展開していてタイ料理のグループとして最大のグループのマンゴーツリーですから、日本でも行ったことがある人も多くいると思います。

記念にもなりますので、バンコク旅行で本場のマンゴーツリーを体験してみるのはおススメですよ。

自分自身の思い出にもなりますし、友人知人との話の中でも、”タイでマンゴーツリーの本店に行ったことがあるんだよ”なんて話のネタにもなりますからね。

日本のマンゴーツリーのサイトは下になります。

マンゴーツリー日本サイト:http://mangotree.jp/

では実際に訪問するマンゴーツリーのシーロム店の情報と行き方を見てみましょう。

今回ご紹介するお店:タイ料理レストラン”マンゴーツリー” シーロム店

お店の名前:Mango Tree (แม็งโก ทรี)

お店の住所:37 Soi Tantawan, Surawongse Rd.,Bangkok 10500 

:37 ซ.ทานตะวัน ถ.สุรวงศ์ กรุงเทพฯ 10500

お店の電話番号:02-236-2820

お店のサイト:www.coca.com/mangotree/ 

お店の営業時間:11:30~24:00

マンゴーツリー・シーロム店の行き方

先ずはマンゴーツリーのシーロム店の場所を見ると下の場所になります。

バンコクのビジネス街であるシーロムという地区にあり、すぐ横には夜の繁華街で歓楽街でもあるパッポンとタニヤがあります。

バンコクのモノレールBTSで行く場合は、サラデーン駅で降りて1番出口から地上の歩道に降ります。そのままシーロム通りを直進していきます。2016-11-05-17-54-14-640x4805分程歩くと右手に病院があります。この病院を越えてすぐの通りを右に曲がります。
2016-11-05-18-00-49-640x480これがその曲がる小道になります。小道の番号はSOI6になります。

この道を進むと突き当たりますので左折してすぐに右折します。 2016-11-05-18-01-55-640x480その道を少し進むと左手にマンゴーツリーがあります。
2016-11-05-18-04-27-640x480元々は民家だったのを改築したレストランです。

雰囲気のある建物ですね。
2016-11-05-18-04-58-640x480このレストランの前面を覆うように建っている気はマンゴーの樹なんでしょうね。
2016-11-05-18-05-04-640x480  2016-11-05-18-22-30-640x480

マンゴーツリーの内装の見学

昔は民家だったという建物なのが逆にタイらしさを感じさせてくれる良い雰囲気のレストランです。

タイ高級レストランとは言ってもカジュアルな格好でも入れるお店で、のんびりと気取らずに食事が楽しめます。2016-11-05-18-05-07-640x480入ってすぐの外にはカクテルカウンターがあります。
2016-11-05-18-05-29-640x480席が満席の時にはここで軽く飲みながら待つことが出来ます。
2016-11-05-18-19-25-640x480シーフードを売りにしたレストランではないのですが、簡単な生け簀としての水槽があります。
2016-11-05-18-19-21-640x480外の席はエアコンがありませんが、涼しい夜には雰囲気が良いので人気です。
2016-11-05-18-18-48-640x480  2016-11-05-18-05-23-640x480建物の中は昔のタイの木造の造りとなっています。
2016-11-05-18-18-26-640x480  2016-11-05-18-18-35-640x480タイ風がオシャレですね。2016-11-05-18-22-37-640x480
そしてオーナーのモノなのか古いカメラが飾ってあります。

自分の自慢のコレクションを飾っておいて多くの人が見てくれるとしたら嬉しいでしょうね。 2016-11-05-18-18-16-640x480ここは建物内の1階の席になります。
2016-11-05-18-18-39-640x480階段を上がると2階席になります。
2016-11-05-18-22-50-640x480 こちらが2階席になります。 2016-11-05-18-07-07-640x480雰囲気重視なら外のテラス席で、快適性重視なら2階席が良いでしょう。
2016-11-05-18-06-59-640x480 すこしモダンな雰囲気となり明るくなりましたね。

これで席に着きました。では注文のためにメニューを見ていきましょう。2016-11-05-18-16-43-640x480

タイ料理レストラン”マンゴーツリー”のメニュー紹介

メニューには日本人が多くら来店するだけあって日本語のフリ仮名が書いてあります。

ただし料理の読み方として、タイ語をカタカナ表記にしてあるというだけなので漢字から料理を予想出来たり、日本語で料理の説明が書いてあったりはしません。

タイ料理に詳しくない人は事前に注文する料理を決めてから行った方が良いと思いますね。

今回の写真がマンゴーツリーのメニュー全てになります。2016-11-05-18-07-51-640x480 2016-11-05-18-07-59-640x480 2016-11-05-18-08-05-640x480 2016-11-05-18-08-14-640x480 2016-11-05-18-08-23-640x480 2016-11-05-18-08-31-640x480 2016-11-05-18-08-39-640x480 2016-11-05-18-08-48-640x480 2016-11-05-18-08-57-640x480 2016-11-05-18-09-18-640x480 2016-11-05-18-09-29-640x480 2016-11-05-18-09-33-640x480ここからはアルコールを含むドリンクメニューです。
2016-11-05-18-10-52-640x480 2016-11-05-18-11-10-640x480 2016-11-05-18-11-22-640x480 2016-11-05-18-11-33-640x480 2016-11-05-18-11-46-640x480

タイ料理レストラン”マンゴーツリー”の実食

さぁでは、日本で最も有名なタイ料理屋の味を堪能してみましょう。

ヤム・ソムオー

この料理はヤムと呼ばれるタイのサラダ料理で酸味と辛味が独特の味わいがあり、ソムオーはザボンのことですね。つまりザボンを食材としたヤムというタイのサラダということになります。

ん?ザボンって知っていますか?

柑橘系の果物の1つで夏ミカンの様な食感で酸味も甘みも強くはない果物ですね。

このさっぱりとしたソムオーとヤムの味が良く合う料理で私が好きな料理の1つなのですが、タイ料理レストランでも置いてないお店もあるので今回は先ずは頼みました。2016-11-05-18-27-33-640x480しかし綺麗な盛り付けですよね。これぞタイ料理という感じの美しさですよね。
2016-11-05-18-27-07-640x480そして食べてみると、、、、、、ん?

辛味が、、、、ない、、、、、、

酸味があるのですが、まるっきり辛くないですよね。これも美味しいのですが、普段から辛いタイ料理になれている人間としてはちょっとびっくりしました。

でも確かにこれはこれで美味しいんですよね。
2016-11-05-18-27-18-640x480

ガイ・ホー・バイトーイ

鳥をバイホーイという笹の様なハーブの葉で包んで蒸し焼きにする料理です。

このバイホーイの香りが鶏肉に付き燻製の様な味わいがあります。2016-11-05-18-28-27-640x480これは上品な味わいである意味タイ料理らしいパンチのある料理ではないのですが、美味しいですよ。
2016-11-05-18-28-50-640x480食べ方は笹団子の様に外側の葉を開けるとジューシーな鶏肉が出てきます。

今回の料理の中では私がNO1に美味しかったです。

ただこの料理は火加減で味が変わると思うんですが、次回もこの美味しさを食べることが出来るのでしょうか?

タイは日本と違い同じレストランで同じ料理を頼んでも味か違うことが良くあるのですが、これは少しでも焼き過ぎたらパサパサになって不味くなりそうなだけにどうなのかなと思いましたね。
2016-11-05-18-31-25-640x480

トムカー・カイ

タイのスープというとトムヤムクンが有名ですが、タイではこのトムカー・カイも同じぐらい飲まれているスープです。味はトムヤムクンのスープにミルクを加えたようなスープで、鶏肉とココナッツミルクを中心に作られているスープです。

ココナッツミルクが入ることでミルキーな味となりトムヤムクンよりも酸味やハーブの味が抑えられるので日本人には飲みやすいスープだと思います。2016-11-05-18-29-33-640x480ということで、飲んでみたのですが、、、、、、、、ん?

これはっ!まったく、辛味がないっ!

辛味がないので、酸味がきつく感じるっ!

うーーーん、ごめんなさい、不味くて飲めないなんてことはないのですが、これがトムカー・カイだと思うと悲しくなります。

これは外国人向けに極端に辛さを抑えた結果なのでしょうね。

辛くしてって注文の時に言えば良かったです。
2016-11-05-18-29-35-640x480

パッタイ

パッタイはタイの焼きそばではあるのですが、独特のソースやピーナッツを使うことで日本の焼きそばとはまるで違濃厚な味のソバです。

専門店で美味しいお店は行列になっていたりもするのですが、基本的には屋台料理だと思います。

それがなぜか高級レストランとされるマンゴーツリーというとパッタイという人が多いので注文してみました。 2016-11-05-18-50-22-640x480 確かにこの上にのせてある卵焼きは網目状になっていて凝ってますよね。こんなパッタイは初めて見ました。

しかしヤム・ソムオーもそうですが、マンゴーツリーの料理は絵になりますね。2016-11-05-18-50-36-640x480横のもやしとピーナツの粉を混ぜて、ライムを絞って食べます。

ノビルの様な野菜は手にもってかじりながらパッタイと食べていきます。    2016-11-05-18-50-42-640x480そしてこの屋台の7・8倍もする値段で、友人のおススメパッタイの味は、、、、、、、、、、ふつうかな、、、、、、

いやいや、確かに良い食材なので美味しいですけど、期待ほどの特別な美味しさではないですかね。

私ならこのレストランに来てわざわざこのパッタイは頼まないなぁ、、、

でもどこのテーブルでも頼んでましたよ、パッタイを。
2016-11-05-18-53-44-640x480 当然ご飯も頼みましたが、お上品なものでした。2016-11-05-18-32-09-640x480

タイ料理レストラン:マンゴーツリーにバンコクで行ってみようのまとめ

どうでしたか?バンコクにあるマンゴーツリーのシーロム店は。

民家を改築して造られたレストランであり雰囲気が良いですよね。サービスに関しても非常に高いレベルにあるので嫌な思いをすることがなくテキパキと対応してくれると思います。

ただタイ料理に関しては少し注意が必要です。

完全に外国人向けの料理となっているために辛さはほどんどないと言っても良いです。

そのために辛いのが好きな人や普段から辛いタイ料理に慣れている人にとっては物足りなく思えることでしょう。マンゴーツリーにタイ人が居ないのが納得できます(笑)

しかし逆に言えば、日本人が旅行者としてくる分にはそれが丁度良くて美味しく色々な種類のタイ料理を食べれると思います。

特に日本でも辛いのが苦手という人には非常におススメのタイ料理ということです。

辛いのには強くないけど、タイ料理は好きだよって友人が私もいますからね。

短期旅行でタイの辛さに慣れていない人には間違いなく嬉しい美味しさです。

マンゴーツリーはもっとも日本で有名なタイ料理レストランともいえる存在ですから話のネタとして、1度は観光も兼ねて行っているのは良いと思いますよ。

日本のマンゴーツリー東京の様に高くないですしね。

海外旅行保険が無料になるお得なクレジットカードを知っていますか?

海外で病院に行くと日本の健康保険が使えずに治療費が高額になることがあります。

(注:日本に戻ってから返金請求の制度はあります)

海外では盲腸の手術が200万円って話を聞いたことがありませんか?

実は海外の大きな病院で手術すれば日本の健康保険が使えませんから200万は普通の金額です。

私もタイで代々木公園で騒ぎになったデング熱で入院しましたが、2週間の入院で治療費は約133万円でした!

治療費が驚くほど高いので、皆さん海外旅行保険に加入してるんです。

でも海外旅行保険の保険料って意外と高いですよね?1週間程度でも3,000円とか5,000円とか、、、、、

これがもし無料に出来るとしたら嬉しくないですか?

その方法は、海外旅行保険の付いた年会費無料のクレジットカードを持てば良いだけです。

裏技でもなんでもないですね、しかも無料ですし。

ちょっと注意して欲しいのは、各クレジットカードの保険内容は違いがありますから内容や利用条件を調べないといけません。

そこで元保険会社社員でバックパッカーの私が1番おススメの無料クレジットカードをコッソリ?教えます。

そのクレジットカードとは、エポスカードです。

そうです、皆さんが普通に知っている丸井の赤いカードです。普通すぎて意外ですか?

エポスカードの海外旅行保険の内容を見てみましょう。

x充実の保険内容ですよね。

特に海外旅行保険で最も大切な治療費の保険金額が病気治療270万円・怪我治療200万円と無料のクレジットカードの中で最高額なのが特徴です。

その他の優れた特徴としては

  • 海外に出た日から自動的に90日間保険が使える自動付帯
  • 提携病院ではお金が必要ないキャッシュレス支払い
  • 学生さんなども加入可能

そして何よりも年会費は無料です。

いやぁ、この補償内容が無料なんて素晴らしすぎますよねぇ。

当然ですが、普通の丸井のカードですから買い物等の支払いに使えてポイントが貯まったりもします。

そんなおススメのクレジットカードはこちらから⇒エポスカード

クレジットカードの海外旅行保険をもっと詳しく知りたい方は更に詳しく説明した記事を読んで下さい。

”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”

クレジットカードを複数持った時の注意点やおススメのクレジットカード等も説明していますので、興味のある人は是非!

スポンサーリンク

関連記事

タイのバンコクやパタヤに出店した寺岡餃子を食べてみて驚いたこと!

世界に進出する餃子専門店の寺岡餃子 池袋餃子スタジアムのセブンタイムスチャンピオン 餃子の専

記事を読む

バンコク旅行でハングオーバーの撮影地シロッコ・スカイバーの絶景を見に行こう!

世界一高い場所にあるシロッコの屋外スカイバーに夜景を見に行こうっ! バンコク旅行で観光で行きた

記事を読む

日本のベーカリーの味がタイのヤマザキパンで買えるのが嬉しい

ヤマザキパンがタイでも人気です 日本でお馴染みヤマザキパン。 日本では食パンのダブルソフ

記事を読む

タイのバンコク以外にも出店のリーズナブルな鉄板焼き”宮崎・MIYAZAKI”その全メニュー紹介

MKグループが新たに出店している鉄板焼き”宮崎・MIYAZAKI" 今回は鉄板焼きのレストラン

記事を読む

バンコクやパタヤにあるバーガーキングとカールスJRをくらべてみた=タイ移住情報 

 カールスJRと同じ元祖高級ハンバーガー・バーガーキング 先日、カールスJRに食べに行ってブロ

記事を読む

バンコクやパタヤでも健康的で人気なサブウェイのサンドウィッチその全メニュー=タイ移住FPのブログ

サブウェイのサンドウィッチが意外と人気 日本にも多く店舗を構えるサブウェイはタイにもあり結構人

記事を読む

タイのチョコレート専門店はゴティバに負けない美味しさ!バンコク・チェンマイ等に支店あり

タイのチョコレート(ショコラ)専門店Gallothaiが美味しい! タイのスウィーツの進化が驚

記事を読む

バンコク旅行でもオススメ?タイ風日本料理屋のオイシ(OISHI)そのメニュー紹介

タイ風日本料理屋のオイシラーメン(OISHI) 外国の料理が日本で独自のアレンジを加えて進化し

記事を読む

バンコクで日本の美味しいスイーツを(カキ氷:えびす庵)=タイ移住情報

バンコクで日本の美味しいスイーツ:えびす庵のカキ氷 日本のスイーツの1つであるカキ氷は、専門店

記事を読む

タイでアイスクリームならここ!バンコクでも1番人気のスウェンデンス(Swensen’s)

 タイで人気NO1のアイスクリーム屋さんスウェンデンス(Swensen's) タイは常夏の国で

記事を読む

海外のアプリをアイフォン・アイパッドにダウンロードする方法:海外移住FP

  海外のアプリをアイフォン・アイパッドにダウンロ

白猫プロ以外でも無課金・無料で楽しめるオススメのスマホゲームベスト3+4

無課金・無料で楽しめるオススメのスマホゲームベスト7 実際にプレ

タイ・チェンマイのオススメなホテル!木の上の家に泊まれるツリーハウス:海外旅行FP

チェンマイのホテルにある木の上の家の宿泊レポート 皆さんは木の上

バンコク旅行でハングオーバーの撮影地シロッコ・スカイバーの絶景を見に行こう!

世界一高い場所にあるシロッコの屋外スカイバーに夜景を見に行こうっ!

タイのパタヤにもある静かな美しいパタヤヒルビーチの行き方:海外旅行FPのブログ

タイの歓楽街リゾートのパタヤにある穴場的な静かなビーチ パタヤは

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑