*

タイマッサージを上手に利用するポイント=タイ移住生活の日常

公開日: : 最終更新日:2016/10/06 タイ旅行の基礎知識

アイフォン5C 2014-07-06 1480 (640x478)

タイ古式マッサージの上手な利用方法

タイに移住した方の小さな幸せの1つにマッサージが安く受けられるということがあるのではないでしょうか?

時間とお金に余裕のある人だとマッサージに行くのが日課になっている人もいますよね。

私も最近は週に2回程度になっていますが、スポーツジムに行きだした頃は体が痛くて良く行きました。

マッサージは基本的にはタイマッサージ、フットマッサージ、オイルマッサージがメインです。

スポンサーリンク

後はオイルをアロエやアロマに変えたり、ハーバルボール(ハーブの入ったボール)を使いアレンジを加えたり、フェイスマッサージやヘッドアンドショルダーといった部位を限定して集中的にするものになりますね。

ただタイ人がマッサージと言うと基本的にはタイマッサージを指しています。

そのため観光客が多いマッサージ屋はフットマッサージ用の椅子がありますが、お客さんがタイ人メインのお店は椅子がなくタイマッサージ用のベットが置いてあったりします。

外国人は1時間で頼むことが多いマッサージですが、タイマッサージは本来は2時間で組まれているものです。

なのでタイ人は2時間で受けることが多いですね。

タイマッサージの効果を考えると時間が許す限り2時間で受けることをオススメします。

アイフォン5C 2014-07-06 1482 (640x478)

 

基本的な値段はタイ・フットマッサージ200B オイルマッサージ300B

外国人の行く店としてはこの辺が今は基本的で、バンコクの中心地はそれぞれ50Bぐらい高くなり、競争原理が過剰に働いている場所は99Bだったりもします。

タイ人の行くお店は安いところは100B~120Bぐらいだったりしますが、タイ人はタイマッサージを2時間で受けるのが普通だったりもしますから人気店であれば売り上げが大きく異なることもなかったりします。

マッサージが終わり、キャッシャーで料金を払ってお店を出るまでの間にマッサージ師にチップを手渡します。

たまにキャッシャーにチップも渡してしまう人を見ますが、止めた方が良いです。

お店の人が必ずマッサージの人に渡すとは限りませんので。

基本的には靴を履くときは横に立っていると思いますので渡せますし、居なかったら頼めば呼んできてくれます。

この場面で呼ぶのはなんのためなのかは彼らも分かっていますから急いできます。

チップは基本は50Bぐらいです。

まぁ、40BでもOKですね。

20Bだとチップが少なかったとマッサージ師の人がボヤイていたりします。

良かった時は100Bあげると本当に喜びます。

でも、それ以上はあげすぎですね。

アイフォン5C 2014-07-06 1515 (640x478)

 

 

タイ古式マッサージにも流派がいくつかあるのですが、大きく分けると2つになります。

ワットポーの流派とその他チェンマイを中心としたスタイルと言われます。

実際タイマッサージをしてもらうと人によりかなり異なります。

これはお店ごとにスタイルが違うわけではなく、その人個人が身につけている技術の違いによります。

特にスタイルとして異なるのは、大技(吊り上げたり捻ったり)を多く用いる人、背中に乗ったり間接をフックして引っ張ったりする人、セン(人体に走るエネルギーのラインのツボのようなもの)を指で揉み込む人とこのバランスにより多彩に分かれます。

マッサージ師は出入りも激しくスタイルを統一することが難しいため大まかな部分だけしかお店では統一させていないようです。

なので好みのマッサージが受けれた時は担当したマッサージ師の名前を聞いておき次回も指名することをオススメします。

マッサージ師がお店が移ってもお客さんも付いて移ったりすることも普通にあります。

マッサージ師の電話番号を聞いて、直接ホテルに来てもらうことも出来たりします。

上手い人を探す場合は、確率論ですが30代より年上の少し太ったおばさんが上手なことが多いです。

若くて可愛い子や呼び込みをしているような子は下手な子が多いです。

後、致命的なのはマッサージをしながら他の人と喋っている人は集中もしていないので駄目ですね。

まぁおしゃべりを許しているお店の姿勢からして駄目ですが、、、、、

アイフォン5C 2014-07-06 1477 (640x478)

ポイントをまとめます

1.マッサージのスタイルはお店ごとではなくマッサージ師個人による。

2.気に入った場合は個人の名前を聞いておいて次回からは指名する。

3.タイマッサージは基本2時間

4.チップは直接マサージ師に、最低40Bか50Bぐらいを手渡す。

関連記事

タイでレンタルバイクを借りる方法とトラブルを避けるのに注意すること:海外旅行FPのブログ

タイでレンタルバイクを借りる方法とトラブルを避けるのに注意すべきこと 誰もがタイに旅行に来た時

記事を読む

パタヤからバンコク:エカマイ・モーチットのバスは北バスターミナル=タイ移住情報

パタヤ・バンコク間のバスが出着する北バスターミナル エカマイ・モーチットからパタヤ行きのバスに

記事を読む

バンコク・スワンナプーム空港のレストラン特集!美味しく快適に過ごすための下調べ!

スワンナプーム空港のレストランを見てみよう!格安のクーポン食堂もある タイを訪れたときや旅行を

記事を読む

バスでのパタヤの行き方:エカマイバスターミナル=タイ移住のブログ

パタヤへの行き方 エカマイバスターミナル バンコクからパタヤに行くのに1番便利なのはエカマイバ

記事を読む

タイ料理レストランでのマナーとチップを覚えてバンコク旅行を楽しもう:海外旅行FP

タイ料理レストランでの食事のルールやマナーを学んでタイ旅行を充実させよう 世界的にタイ料理とい

記事を読む

写真で解説!タイのバンコクのモノレール・BTSの乗り方と切符の買い方

写真で見るスカイトレイン・BTS(モノレール)の乗り方 バンコクでの移動手段ではスカイトレイン

記事を読む

バンコクのドンムアン空港からパタヤへ行く7つの方法:タイ旅行FPのブログ

ドンムアン空港からパタヤへ行く7つの方法 最近はタイ・バンコクのドンムアン空港がまた存在感を取

記事を読む

国際線の空港ラウンジは無料クレカでは使えない?最も安く使う方法とは?

空港での時間をラウンジで快適に過ごそう 空港でのボーディングの手続きは昔に比べるとインターネッ

記事を読む

クレカの保険は使えるの?元保険会社社員が教える海外旅行用のクレジットカード最強の3枚

クレジットカードを持って安心して海外旅行に行こう 海外で病気や怪我をして治療を受けた時には健康

記事を読む

元保険会社社員が選ぶ!海外旅行に最適な保険が付いた無料クレジットカードとは?

海外旅行保険はクレジットカードに自動付帯されている? 海外で病院に行くと健康保険が使えないため

記事を読む

パタヤでタイ人に人気のシーフードレストラン:ムンアロイの全メニューと行き方

パタヤでタイ人に人気NO1のシーフードレストラン:ムンアロイの全メ

チェンマイ旅行ではナイトバザール・ナイトマーケットに行こう!写真で様子を見てみよう

チェンマイに来たなら必ず行きたいナイトバザール・ナイトマーケット

究極の旅行はタイムスリップ?タイのバンコクやパタヤの映像に驚き!

究極の世界旅行とはタイムスリップして昔の世界中の街を旅すること

タイ観光で行こう!パタヤのビッグブッダが凄い:海外旅行FPのブログ

タイ観光でパタヤに来たなら、ぜひ行きたいビッグブッダ・ワット・プラ

パタヤで必ず行きたいシーフードレストラン・ピーチャが美味しくて安くて最高!メニューと行き方の紹介

パタヤ旅行では必ず行きたいシーフードレストラン・ピーチャ パタヤ

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑