タイでの海外移住生活

タイのバンコクやパタヤのインターネット(WIFI)事情のブログ=海外移住情報

a0800_000575

移住情報としてタイのインターネット(WIFI)事情のブログ

タイのインターネット(WIFI)事情をブログしたいと思います。

旅行で来る人はもちろんタイ移住をされた人やロングステイの人も、今やインターネットをしない人はいないと思います。

今回は自宅ではなく気軽に使える公共スペースでの状況の説明です。

スポンサーリンク

ホテル:ホテルごとにインターターネットWIFIの規定が異なるため確認が必要

ホテルでのインターネット環境はそのホテルにより異なります。

通常はWIFIでセキュリティーが掛かっていますので、チェックインの際にパスワードを貰うことになります。

部屋・共有スペースどちらもインターネットWIFIは使用可能で、且つ無料のケース

部屋・共有スペースどちらも慰安ターネットWIFIは使用可能だが、どちらも有料のケース

部屋・共有スペースどちらもインターネットWIFI使用可能だが、部屋のみ有料のケース

共有スペースのみ無料でインターネットWIFI使用可能

部屋でインターネットWIFIが使えるかどうかはホテルの規模に比例しますが、無料かどうかはあくまで方針のようで傾向はありませんね。

有料なホテルでの料金も低額なところもあれば高額のところもありますので、インターネットを長時間使用される方はホテルを決める際に確認をすることをオススメします。

フロントの横にパソコンが置いてあり自由に利用可能なホテルもあります。

ショッピングモールや病院:無料でWIFIを飛ばしているところもある

ショッピングモールや病院でも無料WIFIを飛ばしていたりもします。

ショッピングモールではサービスカウンターに行き登録の説明書を貰います。

この時にパスポートの掲示を求められることも多いです。

モールにより異なりますが、1日の接続制限があることが多く、1時間だったり45分だったりしますが1度登録をすれば次回からはその必要はありません。

病院は外国人が行くような大きな病院では無料WIFIを提供しているところが殆どです。看護婦さんにパスワードを尋ねると教えてくれます。

病院では待ち時間などもありますので、WIFIでインターネットが出来るのは助かります。

カフェ:フランチャイズなどの店舗はWIFIが有料なことが多い

スターバックスを代表する全国展開するカフェ

全国展開のカフェに関してはインターネットWIFIは有料なことが多いです。

通信会社のTRUEの契約者はWIFIが無料だったりもしますが、通常の人は有料だったりします。

例えばスターバックスでは、HOTSPOTというカードを購入してインターネットをすることになります。

1日有効で接続可能時間2時間の150Bのカードと1ヶ月有効で毎日接続可能時間2時間の300Bのカードの2種類です。

1ヶ月のカードは良いですが、1日のものはちょっと高いですよね。

個人経営のカフェ

個人で経営されているお店や地元で数店あるカフェなどはフリーWIFIであることが多いです。

入り口付近にフリーWIFIのマークが貼ってありますから確認できます。

タイのバンコクやパタヤで、カフェでゆっくりネットをするのだとするとこの手の個人経営のカフェがオススメです。

時間制限もありませんので。

free-wi-fi-630x472

 レストランやタイマッサージ店:WIFIは無料・無制限

カフェほど普及率は高くありませんが、無料のWIFIを提供しているところはあります。

時間も無制限のところも多いですが、食事やマッサージが目的ですのでインターネットのために行くということにはなりませんね。

WIFIでインターネットをするなら個人経営のカフェ

バンコクやパタヤでインターネットをゆっくりしたいというのであれば、個人経営のカフェが1番分かりやすくお手軽でいいと思います。

フランチャイズのお店は有料か制限時間があったりもしますが、個人経営のお店は自分でWIFIを引いているだけですので制限時間はありえません。

当然パスワードかWEPキーは入力しますが、全国展開しているお店のような面倒な登録も必要ありません。

美味しいコーヒーを飲みながら、寛いでネットが出来る環境は嬉しいものです。

 

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事