タイ旅行の基礎知識

2019年版タイの祝休日や禁酒日のカレンダー:ソンクランやロイカトーン等のお祭りイベントスケジュール表を紹介

2019年版ソンクランや禁酒日のタイのイベントスケジュール

タイ旅行の日程は、かなり前から考えている人も多いのではないでしょうか?

その際にはタイのイベントのスケジュールは知っておきたいですよね。

ひつじ執事
ひつじ執事
特にタイは仏歴で日程が決まるものも多いので、毎年日程が変わってしまうイベントも多いですからね。

それにタイでは禁酒日もありますから、お酒好きの人はバカンスで飲めないのは悲しいでしょうし、ナイトライフが目的の人もテンションが上がらないと思います。

そこで今回は2019年のタイのイベントスケジュールは勿論イベントの簡単な概要もまとめましたので活用してください。

ソンクランやロイカトンに訪タイしたい人もいるでしょうし、逆に禁酒日等の避けておきたいイベントもあると思います。

タイのイベントや禁酒日をチェックしてタイ旅行の日程に注意して十二分に楽しめるようにしましょう。

Sponsored Links

タイのイベントの注意点を先ずは簡単にお浚いしよう!

ひつじ執事
ひつじ執事
先ずはタイのイベントや禁酒日などの年間スケジュールをチェックする上でタイの基本的な事を知っておきましょうね。

選挙日やブッタ関連の祝日ではお酒の販売は禁止となるため、ナイトライフを楽しみに行ったらどこのバーも閉まっていたなんてことになってしまいます。

基本知識を得た上で実際の2019年のタイのイベントスケジュールを見てみましょう。

タイのお祭りと言えば、ソンクランそしてロイカトーン

ソンクランは、タイの旧正月であり水掛け祭りです。

無礼講で誰にでも水を掛けますので、ソンクランを知らずに移動日にしてしまうと大きな荷物を運びながら水を掛けられつづけるなんてことになってしまいます。

お国柄もあってまだまだ確定していない行事もありますし、地域によって日にちが異なるイベントもありますので分かる範囲で調べてあります。

今はソンクランの日程は、13日・14日・15日と曜日に関係なく毎年決まっているのですが、地域によって開催日が独自に決まっています。隣り合っている街で少しづつ異なっていたりもします。

パタヤに関しては独自の日程となり、1週間以上もソンクランが続きます。パタヤでは4月13日(12日の夜中)から19日になるんです。

パタヤ近郊は、シラチャー・ナクルア18日、パタヤ・ジョムティエン19日と言う形で1日づつズレる日程になっていて、この地域にいる人達は、ナクルア、パタヤ、サタヒップと場所を変えて連続で遊べるようになっていたりします。

またロイカトーンは、11月の満月の日となっているのですが、毎年の政府の正式な発表が遅いので年初ではハッキリとは分かりません。

しかも地域によって異なるため、タイ人に聞いたとしても多分何日だとは思うんだけど、、、、、、と歯切れの悪い回答しか得れません。

一般的なタイ人達も、お国柄細かいことを気にしないので、イベントが近づいてからテレビや看板などで目にしていつなのか認識しています。

タイの禁酒日って何なの?

禁酒日とは、国が禁酒を法的に定めていて破れば罰則のある日で、通常は禁酒日と表現していますが、厳密に言えば禁酒日では無くアルコールの販売の禁止と騒音を普段から使っているカラオケやバーの営業を禁止している日です。

ひつじ執事
ひつじ執事
家で静かに晩酌をしていることは、法的には問題はありません。

販売禁止が守られているか調べるために警察が土曜の夕方に街を周っていたりもしますし、かなり厳格に守られていてバーやクラブなどは閉店しています。

スーパーマーケットやコンビニエンスストアもアルコール関係のコーナーは布が掛けられていたり、冷蔵庫の扉には説明の張り紙が丁寧にタイ語と英語で書かれていたりして、何を言っても売ってくれない印象です。

これはスーパーやコンビニエンスストアはポスレジを使用しているために販売時間が明確に記載されてしまうためだと思います。

そのため小さな昔ながらのお店は多少の融通が通じたりはするようです。どうしてもと言う時にはこういったお店を狙ってみると良いかもしれません。

それとホテルのなかにあるレストランやバー・ルームサービスは外国人も多く宿泊しているということもあり、アルコール販売に関しては各ホテルで独自判断をしているようです。

逆に言えばホテルでもアルコールの販売をしていない可能性もあります。

ひつじ執事
ひつじ執事
では、どの様な理由で禁酒日が定められるのでしょうか?

禁酒日となる理由

  1. 仏教の重要な祭典日
  2. 選挙の前日及び選挙日当日
  3. 王族や高僧の服喪期間
  4. 禁酒日に準ずる日

上記の4つが理由となります。

下ではこの理由を一つ一つ説明していきましょう。2016-08-04-19-13-15-640x480

禁止となる理由①仏教の重要な祭典日

タイでは多くの国民が仏教徒であり国王も仏教徒であるために仏教の重要な祭典日には法律で禁酒日を設けています。

因みに誤解されている方もいますが、タイには国教はありません。

国王自身は仏教徒ですが、あらゆる宗教活動を認め国王が各宗教の保護者になっています。

国教をあえて仏教としないこの様な姿勢がプーミポン国王が多くの国民から敬愛されている大きな理由になっているのだと思います。

禁止となる理由②選挙の前日及び選挙日当日

選挙の前日及び選挙日当日は禁酒日となっています。

これはお酒に酔った状態で選挙に行くのは不誠実なため書き間違えたり飲酒運転をしたり飲みすぎて選挙に行かず投票率が下がってしまうことを憂慮しての措置ですね。

ひつじ執事
ひつじ執事
確かにタイ人の性格を考えると正しい判断ではないかと思います。

選挙日の前日午後6時から選挙日の当日0時までが酒類販売禁止・禁酒日となります。

不在者投票日がある場合の選挙においても同様に禁酒日となります。

選挙は上院と下院選挙やバンコク都議会選挙や都知事選挙を実施する可能性はあります。

解散や辞任等で選挙となる場合は、急な日程となるために新しい情報は常に把握しておくべきと思います。

本来は外国人は対象外(選挙権がない人)なので、レストランなどで出してくれる場合はOKです。でも自主的に選挙だからださないと外国人にも出さないお店も多いですね。

バーなどは当日の0時になるのを待ってお酒を出すお店も結構あったりもします。

まぁ、売り上げを考えたら当然ですね(笑)jjjj

禁止となる理由③王族や高僧の服喪期間

王族やお坊さんで位の高い方がなくなった時には服喪期間を禁酒日とすることがあります。

禁酒日は服喪期間のうちの数日であり、その亡くなった人の位によって決められています。

ひつじ執事
ひつじ執事
こればっかりは急な話なので準備をすることは出来ませんね。

禁止となる理由④禁酒日に準ずる日

これは厳密には禁酒日ではなく、禁酒日に準ずる日ということで、法的に禁止されているわけではないので、自発的にというモノです。

該当する日は、12月5日の国王誕生日と8月12日の王妃誕生日であり、実は昔は禁酒日として法的に禁止されていましたが、現在は解除されています。

現在は法的には禁止されていないのでアルコールの販売や購入は可能ですが、自粛する店はもあったりします。

それでもお堅い人は法に関係なく止めにしているというモノです。

ひつじ執事
ひつじ執事
しかし昨今は旧プーミポン国王が、”自分の誕生日はお酒を飲んで楽しく祝ってもらった方が良い”と発言したことで、自粛するお店も減ってきています。
2015-10-31 16.26.03 (640x480)

2019年のタイのイベント・禁酒日・祝休日のスケジュール

では、実際の今現在で分かる範囲のタイのイベントスケジュールになります。

ひつじ執事
ひつじ執事
タイの大きなお祭りや祝祭日・禁酒日を表にしました。

先ずは簡単に見れる表を張りました。

1月 1日 元旦(祝休日)
1月9日 こどもの日
2月5日 フラワー・フェスティバル
2月5日 春節(中国旧正月)
2月19日 マカブーチャ(万仏節)::禁酒日(祝休日)
4月6日 チャックリー王朝記念日(土曜日)
4月8日 チャックリー記念日の振替休日(祝休日)
4月13日から15日 ソンクラン:タイの旧正月(祝休日)
4月16日 ソンクランの振り替え休日(祝休日)
5月1日 レイバーデイ(メーデイ)(祝休日)
5月18日 ヴィサカブーチャ(仏誕節):禁酒日(土曜日)
5月20日 ヴィサカブーチャ(仏誕節)の振り替え休日(祝休日)
7月1日 ワン・ユット・パーククルンピー:銀行はお休み
7月16日 アサラハブーチャ(三宝節):禁酒日(祝休日)
7月17日 カオパンサー(入安居):禁酒日(祝休日)
7月28日 ワチラーロンコーン(ラマ10世)国王陛下の誕生日(日曜日)
7月29日 ワチラーロンコーン国王陛下の誕生日の振り替え休日(祝休日)
8月12日 母の日(シリキット王妃の誕生日):禁酒日に準ずる日(祝休日)
10月未定 水牛祭り
10月13日 ラーマ9世記念日(前国王の崩御日)(日曜日)
10月14日 ラーマ9世記念日の振り替え休日(祝休日)
10月23日 チュラローンコーン大王記念日(祝休日)
10月24日 オークパンサー(出安居):禁酒日
11月未定 スリンの水牛祭り
11月13日 ロイカトーン(灯篭流し)
12月5日 父の日(前国王ラーマ9世の誕生日):禁酒日に準ずる日(祝休日)
12月10日 憲法記念日(祝休日)
12月25日 クリスマス
12月31日 大晦日(祝休日)
ひつじ執事
ひつじ執事
それではもう少し詳しくイベントを説明したいかと思います。

1月1日:お正月

◎祝祭日の休日

日本ほどお正月は派手には祝いませんが、最近はデパートなどもイベントや花火などもあり段々イベントとして規模が大きくなっているようです。

政府としてもお正月の休日を増やす方針を話していますし、学校も29日から4日までは休みにしているところもあります。

銀行などの一般企業は、12月31日に1日と2日を加えた3連休か、3日までの4連休とすることが多いので注意が必要です。

1月9日:こどもの日

日本にもあるこどもの日です。

子供は動物園・植物園・遊園地などに無料で入場可能だったりします。

2月5日 :フラワー・フェスティバル

北の都チェンマイでのお花の祭りです。

街中がお花で飾られますので華やかなお祭りとなり、観光客も多くチェンマイを訪れます。

2月5日:春節 (旧正月)

中国人のお正月の春節になります。旧暦で決まっているために西暦で見ると毎年日にちが異なります。

ひつじ執事
ひつじ執事
実は中国人のお祭りというイメージが強いですが、旧暦のお正月なのでアジア全体でこのお正月を祝うこともあり中国人も多いタイでも中華街などでは華やかにお祝いが行われます。

タイの公式の祝祭日ではないのですが、休みにする会社もあり中華系の有名なお寺などのある地域は中華系の人が大勢で移動するため、バスやホテルが大変込み合うので注意が必要です。

春節を体験しに来るというのでなければ、ホテルもバスも飛行機も予約が取れなくなりますので春節の数日は避けるようにしましょう。

2月19日:マカブーチャ:万仏祭

◎祝祭日の休日 禁酒日

タイ仏教では重要な祭日であり、釈迦(シャカ,ブッダ)のもとに1250人の弟子が偶然集まったという伝承を記念したモノです。

4月6日:チャクリー王朝 記念日

◎祝祭日の休日

1782年にラーマ一世によってチャクリー王朝が創設された日の祝日です。

2019年は、土曜日になります。

4月8日:チャクリー王朝 記念日

◎祝祭日の休日

チャクリー王朝の記念日が土曜日の為に月曜日が振り替え休日となります。

4月13日・14日・15日:水掛け祭り・ソンクラーン

◎祝祭日の休日

タイの旧正月であり、豊作を願う願掛けの水掛け祭りでもあります。

ひつじ執事
ひつじ執事
タイは、この時期が1年で1番暑いので水を掛け合って涼む習慣ということです。

ただ各地方では実施日が異なることもあり、例えばパタヤのソンクランの日程は、4月13日(12日の夜中)から19日となり、かなり期間が長いです。特に最終日とその前日の2日間がピークという形になり1番盛り上がります。

パタヤ近郊のピークの日程は、パタヤのソンクラン(水掛祭り)の日に対してシラチャー・ナクルア18日、パタヤ・ジョムティエン19日と言う形で1日づつズレる日程になります。

ソンクランに関しては下の記事で詳しく書きましたので、そちらを読んで下さい。

タイのソンクラン・水掛祭りを楽しむ方法と15の注意点

4月16日:ソンクラーンの振り替え休日(予定)

◎祝祭日の休日

13日から15日に、土曜・日曜が含まれている年は、16日が振り替え休日となり休みになります。

5月1日:レイバーデイ(メーデイ)

◎一般企業のみ休日

勤労感謝の日で、タイの一般企業はお休みになります。

ただし官庁など公共機関はやっています。

5月18日:ヴィサカブーチャ(仏誕節)

◎祝祭日の休日 ◎禁酒日

ヴィサカブーチャが行われる日は、6月の満月の日になります。

仏陀の誕生と悟りと入滅した日で、この3つの奇跡が重なったことから仏教では最も重要な行事の日となります。

7月1日:ワン・ユット・パーククルンピー

◎銀行のみ休日

公共のお休みではないのですが、銀行は毎年お休みとなります。

7月16日:アサラハブーチャ(三宝節)

◎祝祭日の休日 ◎禁酒日

旧暦の陰暦8月の満月の日に仏陀が悟りを開き弟子達に説法を説き、”仏、法、僧”の3宝が成立したとされる日の祝日です。

7月17日:カオパンサー(入安居)

◎祝祭日の休日 ◎禁酒日

この日から3カ月の雨季の間、僧侶達が篭もり修行を行い、奉納の儀式も執り行なわれます。

オークパンサまでは、外出禁止となるため、お坊さんを街では見なくなります。

官公庁もお休みとなります。

7月28日:ワチラーロンコーン(ラマ10世)国王陛下の誕生日

◎祝祭日の休日

現国王のラマ10世・ワチラーロンコーン(ラマ10世)国王陛下の誕生日を祝い祝祭日となり休日となりますが、2019年は日曜日となります。

7月29日:ワチラーロンコーン国王陛下の誕生日の振り替え休日

◎祝祭日の休日

7月28日のワチラーロンコーン(ラマ10世)国王陛下の誕生日が日曜日の為に29日の月曜日が振り替え休日となります。

8月12日:ワンメー 母の日

◎祝祭日の休日 禁酒日に準ずる日

タイの母の日になりますが、元々はシリキット王太后の誕生日です。

10月未定:水牛祭り

タイでは非常に盛り上がる水牛がレースするお祭りで、特にチョンブリー県の水牛祭りは有名です。

10月13日:ラーマ9世記念日(前国王の崩御日)

◎祝祭日の休日

偉大なる前国王ラーマ9・プーミポン国王の崩御日を祝祭日として新設されました。

10月14日:ラーマ9世記念日の振り替え休日

◎祝祭日の休日

10月13日のラーマ9世記念日が日曜日であるた為に月曜が振り替え休日となります。

10月23日:チュラロンコーン大王の没記念日

◎祝祭日の休日

タイの有名な王であるチュラロンコーン大王が逝去された日を記念日としています。

10月24日:オークパンサー

◎禁酒日

11月の満月の日で、カオパンサーから3ヶ月の修行の終わりの日になります。

托鉢を皆で行いパンサーの終了を祝います。

禁酒日ではありますが、休日ではない珍しい祝日です。

11月12日か11月27日?:ロイカトン:灯篭流し

ロイカトンは、旧暦の11月の満月の夜に行われるのが基本なので、2019年は11月12日か11月27日になる可能性が高いです。

但し2・3ヵ月程度前に正式決定となるので、来年まで待たないといけません。

ひつじ執事
ひつじ執事
ロイカトンは、川や海に灯篭を流して精霊に感謝の気持ちを表し、世俗の汚れを洗い流してもらう儀式です。

ただし場所により習慣や日付けは異なります。有名なチェンマイのイーペン祭りなどはロイカトンと2回か3回行われたりもします。

タイの各地で志向を凝らした様々なイベントが行われます。

11月未定:スリン象祭り

スリン県の象祭りでは、何百頭の象がタイの全土からやってきてショーやイベントをが行います。

12月5日:父の日

◎祝祭日の休日 禁酒日に準ずる日

タイの父の日です。元々は前国王ラーマ9・プーミポン国王のの誕生日だったからでしたが、ご崩御された後も父の日となっています。

街中が前プーミポン国王の色である黄色に彩られます。強制でもないのに、多くの人が黄色い服を着ている様子を見ると国民から愛されていたことが良く分かります。

12月10日:憲法記念日

◎祝祭日の休日

1932年にラマ7世が初めて憲法をタイに公布された日を記念しています。

12月25日:クリスマス

12月25日はクリスマスです、、、、、、まぁ何も日本と変わらないですよね。

でも違うんです、気を付けて下さい。

日本でクリスマスの1番重要な恋人と過ごす日は、12月24日のクリスマスイブですよね?

ひつじ執事
ひつじ執事
タイでは恋人とデートする日は、25日のクリスマスになります。

もしタイの女の子とクリスマスを過ごす約束をするなら、12月の25日になりますからね。

え?あなたは恋人と24日にクリスマスに出掛けた、、、、、それは、、、、

あなたが本命ではないからなのかな?

12月31日:大晦日

◎祝祭日の休日

日本ほど特別な日という感じはしないですが、街中ではイベントは行われます。

2月24日?5月?:総選挙

◎禁酒日

最後にもう一つ、タイのビッグイベントの禁酒日を説明します。

ひつじ執事
ひつじ執事
それは遂に長かった軍事政権も終わりとなり、民主化へと再び踏み出す総選挙が2019年に予定されているんです。

有力候補は、2月24日と言われていますが、5月へ延期が可能とも噂されているだけにどうなるかは今だ流動的です。

総選挙の日取りが決まれば、前日と当日は禁酒日となりますので、いつになるのかアンテナを張っておきましょう。2015-10-31 22.40.35 (640x480)

タイの祝休日や禁酒日のイベントスケジュールのまとめ

タイでの大きなイベントを書き出しておきました。しかしロイカトーンなどは、まだ正式に決まってないです。

ひつじ執事
ひつじ執事
はっきり決まったらこのページに書き足していきと思います。

それと皆さんが特に気にされるのは、禁酒日なのかと思います。禁酒日はナイトライフを楽しみに行く人にとっては急けておきたい日ですからね。

それと今年は選挙が行われる可能性が高いと言われています。最近は情勢が少し変わって延期される雰囲気でもありはしますが、、、

もし選挙が行われた時には選挙の前日と選挙当日は禁酒日となりますので、タイの旅行日程としては気をつけて下さい。

逆に禁酒日なんて日本にはない習慣ですから、1度ぐらい話のネタに体験してみるのも良いかもしれませんよ(笑)

海外旅行保険が無料になるお得なクレジットカードを知っていますか?

海外旅行で病院に治療に行くと日本の健康保険は使えずに治療費が高額になることがあります。

(注:日本に戻ってから返金請求の制度はあります)

海外では盲腸の手術が200万円って話を聞いたことがありませんか?

実は海外の大きな病院で手術すれば日本の健康保険が使えませんから200万は普通の金額です。

私もタイで代々木公園で騒ぎになったデング熱で入院しましたが、2週間の入院で治療費は約133万円でした!

治療費が驚くほど高いので、皆さん海外旅行保険に加入してるんです。

でも海外旅行保険の保険料って意外と高いですよね?1週間程度でも3,000円とか5,000円とか、、、、、

これがもし無料に出来るとしたら嬉しいですよね?

その方法とは、海外旅行保険の付いた年会費無料のクレジットカードを持てば良いだけです。

裏技でもなんでもないんですよ、しかも無料で可能ですし。

注意して欲しいのは、クレジットカードの保険内容には違いがかなりありますから内容や利用条件を調べないといけません。

そこで元保険会社社員でバックパッカーの私が1番おススメの無料クレジットカードをコッソリ?教えます。

そのクレジットカードとは、エポスカードです。

そうです、皆さんが普通に知っている丸井の赤いカードです。普通すぎて意外ですか?

エポスカードの海外旅行保険の内容を見てみましょう。

x充実の保険内容ですよね。

特に海外旅行保険で最も大切な治療費の保険金額が病気治療270万円・怪我治療200万円と無料のクレジットカードの中で最高額なのが特徴です。

その他の優れた特徴としては

  • 海外に出た日から自動的に90日間保険が使える自動付帯
  • 提携病院ではお金が必要ないキャッシュレス支払い
  • 学生さんなども加入可能

そして何よりも年会費は無料なんです。

この補償内容が無料なんて素晴らしすぎますよねぇ。

当然ですが、丸井のカードですから買い物等の支払いに使えますしポイントも貯まったりもします。

そんなおススメのクレジットカードはこちらから見て下さい⇒エポスカード

クレジットカードの海外旅行保険をもっと詳しく知りたい方は更に詳しく説明した記事を読んで下さい。

”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”

クレジットカードを複数持った時の注意点やおススメのクレジットカード等も説明していますので、興味のある人は是非!

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事