*

海外移住という人生の選択を考える=FPとしての考察

公開日: : 最終更新日:2017/10/03 FPのコラムとニュース

a1180_014430

海外移住をするのか?しないのか?

そもそも海外移住をするかしないかを日本や海外の移住先となる国をマクロ的な見方で社会システムや経済情勢から考えていきたいと思います。

内容的に色々な検案事項や様々な角度からの検証が必要かと思いましたので、新しいカテゴリーを作ってシリーズ化をして書いていきたいと思います。

先ず今回は日本の年金制度の問題から日本の老後と海外移住を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

少子高齢化が進む日本の年金制度の問題

日本の年金制度が今後大きな問題となっていくことは多くの人が知っていることだと思います。

そもそも年金システムの基本制度を作った当時の右肩上がりの経済成長を前提とした年金制度だからです。

現在は、大幅な経済成長は見込めず少子高齢化が進んでいます。

流石に1部で噂される年金制度が破綻するというようなことは、日本の国際信用力にも大きく関わるため日本自体がデフォルト(破産)でもならない限りはおきないと思います。(逆に言えば、年金制度を破綻させたら日本の国債は暴落してデフォルトに繋がる可能性は高いと思います)

ですが、改善される可能性も低く年々改悪を続けていくのではないでしょうか。

年金の予想されている具体的な変更点

1.支給開始年齢の変更 原則65歳支給を70歳へ

2.支給額の変更 現在は物価スライド方式というデフレとリンクして下がることもあるシステムだが、今後インフレになったとしても減額される可能性が高い

3.年金保険料の変更 下記の表が年金機構は出している平成以降の保険料の推移です。

平成23・24年の2年だけ下がってますが、他の年は上がっています。

81 82

 

つまり支払い保険料は高くなり受け取る金額は減っているということです。

これでは多くの人が年金をベースとして暮す以上将来に不安を覚えるのも当然といえるのかもしれないです。

海外に移住すれば生活が出来るかもしれない

このような年金制度が厳しい状況にあることが広まるにつれて解決策を考えていくことになります。

その正攻法が下記の2つです。

1.現役中に老後の不足を補えるだけの資金を貯める

2.老後といわれる年齢でも働き続ける

特に2に関しては、国定年の年齢延長や再雇用制度の採用など国としても推進しています。

この厳しい状況の中の他の選択肢の1つとして知られるようになっていったものなのです。

その趣旨は、海外移住すれば日本よりの良い生活が出来るかもしれないというものでした。

確かに為替や物価水準の点で日本は有利な面があり、タイやフィリピンはもちろんオーストラリアやニュージーランドといった国でも生活費は安く抑えられるでしょう。

お金を有効に使うという意味では間違った選択支ではないのだと思います。

実際に移り住んでいる人たち

では、実際に移り住んでいる人達は日本の年金額で暮せなくて移住してきたという人達なのでしょうか?

現実にはそうではない人が多くを占めていると思います。

金銭的に余裕があったり収入のシステムを持っていて準備が整っている人か、海外やその国が大好きで移り住んでいる人が殆どではないでしょうか。

これは理論的には可能であっても現実的には多くの適正をクリヤーしていかないと難しいということなんだと思います。

老後を海外で言って移住してきても、1.2年で帰ってしまう多くの人がいます。

これは日本の年金を含む制度の問題を解決する手段として理論的には可能であっても、現実はそんなに簡単な話ではないことを意味しているのだと思います。

本人の海外での適正もそうですし(語学力のことではありません)、経済的な問題もそうだと思います。

自分たちが海外に移住するのに向いているか、移住した後の条件はどうなるかといったことの準備などは本当に慎重にすべきだと思います。

そういう意味では、海外の老人ホームのようなフルサービスの施設などは、1時期流行りましたが経営側も利用者側も問題を起こしやすいシステムだと思います。

これからこのシリーズではそういった適正や準備といったことも含めて海外移住を考えていきたいと思います。

割と突発的に決めてしまった私でも急ぎで多くの準備をしてきましたので、時間を掛けて慎重にいくべきでしょう。

金銭的にギリギリでは選択肢が少なくなり条件が厳しくなってしまうのも現実です。

多くのことを考えていきましょう。

 

年金制度の歴史

因みに、日本に年金制度が出来た経緯は国民の老後の厚生のためという大義名分とはかけ離れた太平洋戦争の戦費のために作られたものと言われています。徴収した積み立て金を使って戦争をすることを本当の目的として考え出されたシステムだったということみたいです。”老後を豊かにすることと戦争で人を殺すこと”ある意味で相反するものさえ本音と建前というコインの裏表にしてしまう決断が、当時の日本の状況を表しているのかも知れませんね。

関連記事

外国人観光客が1300万人突破!なぜ日本がアジアで人気なのか?=海外移住FPのブログ

旅行先としての人気が急増する日本 近年日本に観光で訪れる外国人が急増しています。 特にア

記事を読む

タイ旅行ではバンコクのスワンナプーム空港での両替がおススメな理由とは?海外旅行FP

タイの旅行でスワンナプーム空港でのバーツへの両替はどこが良いのか? 海外の国に旅行で着いた時に

記事を読む

タイやアジア旅行でデング熱マラリアの蚊の病気を予防する方法とは?海外旅行FP

タイは勿論のことアジアやアフリカでは蚊を媒介とする病気が大変危険! 海外旅行では日本にはないそ

記事を読む

タイの女性が怒った時の対応方法:可愛い女の子に好かれるために!

タイ人の可愛い女の子が怒った時の対応方法とは? 誰が呼んだか?”微笑みの国タイ” ”タイは微

記事を読む

インドのマザーテレサの”死を待つ人の家”ってどんな所で何をするの?

インドのマザーテレサの”死を待つ人の家”でのボランティア 日本のテレビを見ているとインタビュー

記事を読む

国外から見れる!海外在住者にユーネクストUNEXTがお薦めな理由:タイ移住FP

海外在住者が動画を見るならユーネクスト(U-NEXT)がお得な理由 ユーネクスト(U-NEXT

記事を読む

台湾のトランスアジアの飛行機ATR72が今年度2度目の墜落!航空会社や機体に問題は?

台湾のトランスアジア航空のATR72型機が台北で墜落事故 台湾・台北市で4日午前11時(日本時

記事を読む

海外在住でも受講できる子供の通信教育・海外受講の特集:海外移住FP

海外で受けれる子供の通信教育・海外受講の特集 海外在住の人で小さなお子さんが居る家庭では誰もが

記事を読む

シュモクザメ・ハンマーヘッドシャークは人喰いサメなのか?

シュモクザメ(ハンマーヘッドシャーク)は人喰いサメのか? 日本でもサメが人を襲う不幸な事故がた

記事を読む

60ヶ国旅したFPが実際に海外旅行に行って危険だった国・都市ランキング

海外旅行に行ってみて危険を感じた都市ランキング 現在はタイに住んでいる私ですが、昔はバックパッ

記事を読む

バンコクでスペイン料理ランチを食べるならバルセロナ ガウディ レストラン

バンコクでランチならスペイン料理のBarcelona Gaudi

シンガポールのユニバーサルスタジオのアトラクション完全攻略!割引チケット情報あり

シンガポールのユニバーサルスタジオの行き方・営業時間・待ち時間・割

絶対食べたい!おススメの南国フルーツ・ランキング26

  絶対食べたい!おススメの南国フルーツ・ランキン

シンガポール旅行で必ず食べたいスウィーツ・かき氷の味香園!全メニュー紹介

シンガポールの有名店味香園甜品は、フワフワのかき氷が美味しくておス

タイやバンコクの天気と観光旅行のベストシーズンとは?

タイ・バンコクに旅行をするのにベストなシーズンはいつなのか? 日

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑