*

タイでのトラブルを避けるべき理由!タイ人との喧嘩は危険です:海外旅行FP

llllllllllllll

タイでのトラブルを避けて海外旅行を楽しい思い出にしましょう

海外に旅行で来たり住んでいると誰もが開放的な気分になりますよね。その解放感を味わえることが海外旅行の醍醐味と言えるかもしれません。

でも気分をリフレッシュするのは良いのですが、羽目を外し過ぎてしまう人もいるようです。

旅の恥はかき捨てなんて言葉もありますが、日本は世界でも超の付く程治安の良い国ですから、日本の感覚で調子に乗っていると取り返しの付かないようなトラブルに巻き込まれてしまいますので注意してください。

今回はタイのトラブルの代表的な1つとしてタイ人との喧嘩に関して見ていきたいと思います。

少し腕に自信があるからって日本と同じ感覚で喧嘩をすると大変な目にあったりします。その辺を説明したいと思います。

スポンサーリンク

海外旅行でタイでは喧嘩を絶対に避けるべき理由

海外旅行で巻き込まれるトラブルは色々あります。盗難・詐欺・引ったくり・強盗や殺人でさえも日本の発生率と比べたら非常に高い数字になりますので、お金持ちのイメージのある日本人は無縁とは言えません。

特に最近は世界的にテロも起こるようになってきて問題になっていますよね。

今回の記事はタイでの喧嘩をテーマにしたいと思います。

タイに旅行に来る日本人や転勤やロングステイで住むことになった人達でも、日本では男らしく喧嘩でも引かない人や元ヤンで実際に強かった人もいるかもしれません。更に言えば、空手やボクシング・柔道といった格闘技に覚えのある人だっているんだと思います。

そんな人達がタイのチンピラ風情の若造に絡まれると腕に覚えがあるだけに引かないで喧嘩を買いたくなるかもしれません。

でもタイでは喧嘩は絶対に止めて下さい。

ここはタイでの喧嘩は日本とは違い危険度が非常に高いです。そしてそれには日本と異なる明確な理由があります。

1.タイ人にはタイマン勝負で勝つことの美学はない

日本でも喧嘩は先手必勝でやったもん勝ちですし、所詮は喧嘩は数だと誰だって分かっています。でも日本人って心の奥ではタイマンは男の美学として持っていると思います。これがタイ人にはまったく無いです。

タイ人の喧嘩の美学はリンチです。

劣勢のものを大勢で追い込むことが美学なんです。弱いヤツは弱い時に徹底的にやり込める、だから彼らは調子に乗って畳み掛けます。

それにこれはタイ人の性格ですが、普段は割と温厚で特に文句も言わなかったりするのですが、興奮状態になると手が付けられないところがあり複数の集団だとこれが顕著に現れます。

グループでの喧嘩になると行き過ぎた行動もするのでかなり危険です。

2.タイ人は外人相手だと関係のないタイ人も加勢してくる。

喧嘩の時には今揉めている相手だけが敵ではありません。その周りにいる人間全て敵だと思って警戒する必要があります。話を聞いていただけの横や後ろのヤツがいきなり殴ってくることは良くありますし、止めに入った人間が殴りかかってくることも普通にあります。

特に外国人は、それだけで気に入らないという感情を抱いているタイ人もいますので便乗して襲うなんてことは普通にあります。揉めたグループの人数が敵の数なんて思わないほうが良いと思います。

3.武器の使用に躊躇はない。拳銃やハンドメイドの銃も使うことも普通に有り得る

いきなり瓶や棒で殴ることや戦意を喪失している相手も殴り続けるということもします。それにタイは意外と拳銃社会です。田舎の高校の不良グループがお祭りなどで他校のグループと喧嘩して銃で撃ち殺すなんてニュースも珍しくなかったりもしますので、喧嘩の時には最悪拳銃を使われることは想定していないといけません。

銃を持った連中と喧嘩する自信ありますか?だってこっちは銃は持ってないでしょうからね。

4.体の大きさでは測れないタイ人の喧嘩の強さ

タイ人で体を鍛えている人は基本細マッチョです。ムキムキで体が大きい人は余りいません。それとムエタイ経験者は基本的に貧しくてプロの選手になるために育てられた連中で脱落してチンピラになっていたりもします。

そんな連中は服を着ていると背も低い細い人の様に見えたりします。

バーで酔って騒ぎを起したデカイ白人をお店のボディーガードの小さな地味なタイ人が蹴り1発で吹っ飛ばしているのを見たことがあります。

タイ人は見た目で判断するとトンデモナイのがいたりしますから気を付けないといけません。

実際に動画でどんなものか見てみましょう

基本的に外国人観光客が タイ人と喧嘩となった時のものを集めてあります。

このケースではいきなりビール瓶を投げています。これは当たり所によるとかなり危険ですよね。

タイ人側は集まってきた人間で殴りかかります。こういう状況ではタイ人側は関係ない人も興奮して参戦していたりします。

このイギリス人は揉めている正面の人物以外からの不意打ちを貰いKOされてしまいます。タイでは誰が手を出すか分からないので注意が必要です。

これも酔った外国人は集団でやられています。タイで喧嘩になったらこれが普通だと思ってください。

これです、これっ! これが興奮したタイ人の男との喧嘩の状況です。道具を使って大人数で容赦なくリンチにします。

これがタイでの喧嘩のスタンダードです。

しかも、このタイ人達は知り合いではなく、たまたま通りがかった人だったりしますからね、始末に終えません。関係ない人間が便乗して殴っていくなんてことが良くあります。

この白人は頭をやられてますから、早く病院に連れて行かないとマズイですよね。

いやぁ、こんなことしたら、マジで死んじゃうって普通に!

 5.改めて集団で仕返しに来る

タイ人との喧嘩やトラブルを避けるべき最大の理由はここにあります。

これがプライドの高いタイ人との喧嘩の仕方の特徴です。その時だけでなく後で仕返しに大人数でリンチにくるんです。これがあるからタイ人とは喧嘩をするのは避けるべきなんです。

その時は勝ったとしても、後で家に大人数で襲撃に来たりするのは良くあります。そうなると人数を集められ地の利もある現地人のほうが圧倒的に有利になります。家でもホテルでも関係なく待ち伏せしたりします。

喧嘩じゃなくても、首にした部下や仕事のミスで強く叱った部下が襲撃しに来たなんて話さえありますからね、タイ人だと。

この動画は襲撃に来ましたが、拳銃を用意してあったので慌てて逃げていきます。

こんな世界なんですよね、恐いです、、、、、、

待ち伏せしたり家を調べたりして襲撃を実行していますね、これが普通に行われるんです。

恐いのは男だけでなく、オカマや女の子も結構恐いっ!

上記以外でも注意しないといけないのは、、、、、、

6.女の子やオカマも強くて恐いので侮れない

恐いのは男だけじゃないです。

オカマ(レディーボーイ)はメンドクサイ人も多いので注意してください。帽子やサングラスをふざけて持っていかれたりする経験をされた人もいるのではないでしょうか?

そういった度の過ぎる冗談を良く仕掛けてきます。腹が立ったりもしますが、彼らは体的には当然ですが男です。力も強いですし中にはムエタイ経験者もいたりします。

上手くかわせる様にしたいものです。

この動画はオカマ(レディーボーイ)同士の喧嘩ですが、もう既にただの男の喧嘩ですよね。

それにタイは女の子も強いですよぉ。元々感情的で気が強いですからね。殴り合いの喧嘩も日本人よりは頻発しています。

この動画では、ガタイの良い白人男性がタジタジです。

1対3ではありますが、、、、、、タイの女の子は、恐い、恐すぎます。

でもオカマみたいな子もいますが、、、

海外旅行でタイでは喧嘩を絶対に避けるべき理由のまとめ

どうでしたか?ヤバイでしょう、タイ人との喧嘩は。

実際にタイ人同士の喧嘩では死人が出ることは珍しいことではありません。でも上の動画の様に集団で容赦なく道具使って殴っていたらそりゃ死人が出ますよね。

しかも恐いのは後で仕返しのための襲撃です。大人数で武器持って待ち伏せで不意打ちを行い、最悪の場合では家族や恋人も犠牲者になりますからね、洒落になりません。

日本の様にどちらが強いかどうかの個人の能力では喧嘩は出来ないと言うことです。

外国人は彼らのやり方をされるとどうしても不利になり勝てないですし身に危険が生じます。

まぁこっちも違法で拳銃を所持して応戦もするというのなら喧嘩しても良いのかもしれませんが、、、、、

海外旅行保険が無料になるお得なクレジットカードを知っていますか?

海外旅行で病院に治療に行くと日本の健康保険は使えずに治療費が高額になることがあります。

(注:日本に戻ってから返金請求の制度はあります)

海外では盲腸の手術が200万円って話を聞いたことがありませんか?

実は海外の大きな病院で手術すれば日本の健康保険が使えませんから200万は普通の金額です。

私もタイで代々木公園で騒ぎになったデング熱で入院しましたが、2週間の入院で治療費は約133万円でした!

治療費が驚くほど高いので、皆さん海外旅行保険に加入してるんです。

でも海外旅行保険の保険料って意外と高いですよね?1週間程度でも3,000円とか5,000円とか、、、、、

これがもし無料に出来るとしたら嬉しいですよね?

その方法とは、海外旅行保険の付いた年会費無料のクレジットカードを持てば良いだけです。

裏技でもなんでもないんですよ、しかも無料で可能ですし。

注意して欲しいのは、クレジットカードの保険内容には違いがかなりありますから内容や利用条件を調べないといけません。

そこで元保険会社社員でバックパッカーの私が1番おススメの無料クレジットカードをコッソリ?教えます。

そのクレジットカードとは、エポスカードです。

そうです、皆さんが普通に知っている丸井の赤いカードです。普通すぎて意外ですか?

エポスカードの海外旅行保険の内容を見てみましょう。

x充実の保険内容ですよね。

特に海外旅行保険で最も大切な治療費の保険金額が病気治療270万円・怪我治療200万円と無料のクレジットカードの中で最高額なのが特徴です。

その他の優れた特徴としては

  • 海外に出た日から自動的に90日間保険が使える自動付帯
  • 提携病院ではお金が必要ないキャッシュレス支払い
  • 学生さんなども加入可能

そして何よりも年会費は無料なんです。

この補償内容が無料なんて素晴らしすぎますよねぇ。

当然ですが、丸井のカードですから買い物等の支払いに使えますしポイントも貯まったりもします。

そんなおススメのクレジットカードはこちらから見て下さい⇒エポスカード

クレジットカードの海外旅行保険をもっと詳しく知りたい方は更に詳しく説明した記事を読んで下さい。

”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”

クレジットカードを複数持った時の注意点やおススメのクレジットカード等も説明していますので、興味のある人は是非!

スポンサーリンク;

関連記事

海外で入院した時の保険金を確実に貰うための3つの注意点とは?

海外で病気や怪我で病院に入院した時に医療保険や生命保険の請求方法 海外旅行で急に体調を壊したり

記事を読む

軍事政権による警察の変化と検問の場所=タイの移住情報のブログ

軍事政権になって警察の取り締まりも厳しくなっている タイではクーデターが起こり軍事政権に変わり

記事を読む

タイ国王の後継者・王位継承問題は日本人にも大きな影響がある!海外旅行情報

2016年10月13日 タイ王室庁がプミポン国王陛下の御崩御を発表 タイ王宮がバンコクで入院中

記事を読む

タイフェスティバル2017が絶対楽しくなる4つこと!その行き方と日程・開催日

タイフェスティバル2017での注意事項と更に楽しむための4つのこと 皆さんはタイフェスティバル

記事を読む

無料動画サイトとはどうなのか?最低限注意すべき点=海外移住情報

無料動画サイトとは何なのか 海外に移住してしまうと日本のTVを見ることも日本語で映画を見ること

記事を読む

国外から見れる!海外在住者にユーネクストUNEXTがお薦めな理由:タイ移住FP

海外在住者が動画を見るならユーネクスト(U-NEXT)がお得な理由 ユーネクスト(U-NEXT

記事を読む

結局、アゴダ(AGODA)は高いのか?ホテル予約サイトを比較してみた=タイ移住FPのブログ

ホテル予約サイトを比較してみた ホテルの予約も便利になりました。 昔は雑誌で調べたり直接

記事を読む

海外移住への決意の日

  海外移住を決めた日 現在、私はタイのパタヤに住んでいます。 ここ

記事を読む

60ヶ国以上旅したFPが実際に海外旅行に行って危険だった国・都市ランキング

海外旅行に行ってみて危険を感じた都市ランキング 今はタイ在住の私ですが、昔はバックパッカーだっ

記事を読む

日本はアジアで嫌われているのか?韓国?中国?親日的な国はどこ?

  アジアの中で親日国はどこだろうか? 嫌われていなかった日本 最近の日本の

記事を読む

パタヤで必ず行きたいシーフードレストラン・ピーチャが美味しくて安くて最高!メニューと行き方の紹介

パタヤ旅行では必ず行きたいシーフードレストラン・ピーチャ パタヤ

タイの観光旅行でマナーとルールの注意点!知っておいてトラブル回避!

トラブルを避けるためにタイの観光旅行で気を付けるべきマナーとルール

バンコクで人気のタイ料理レストラン:バーンクンメーのメニュー紹介と実食レポート

バンコクでタイ人にも人気のタイ料理レストラン:バーンクンメー バ

バンコクのタイスキ発祥のコカレストランの行き方とメニュー紹介:海外旅行FP

タイスキ発祥のバンコクの老舗”コカレストラン” タイスキはタイを

ホテルのデポジットにクレジットカードを使用する時の注意点とベストな方法とは?

ホテルのデポジットの支払い方法での注意点とベストな方法とは? 皆

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑