*

タイの洪水が凄い!バンコクやパタヤ旅行での注意点とは?海外移住FP

2015-09-17 23.30.55 (640x480) (2)

タイの洪水は怖い?バンコクやパタヤ旅行での注意点

2011年のタイのバンコクでの洪水は日本でもニュースで取り上げられ、日本企業の工場やバンコクの街が水の中に沈んだ風景は印象的だったので覚えている人もいると思います。

実はタイのバンコクやパタヤでは大規模ではない洪水は毎年の様に起きているんです。

その大規模ではない洪水でも、飽くまで2011年の様な例と比較して大規模でないというだけで、笑って済ませられるレベルのものではありません。

基本的に水はけの問題で起きるので、バンコクの街中やパタヤの中心地など外国人が観光で行く場所も例外ではありません。

タイに観光旅行に来た時にも洪水にあう可能性はありますので、どのようなものか知っておく方が対応も出来て良いと思います。

スポンサーリンク

今回の洪水の写真

では、大規模でなく日本では放送されないような規模の洪水と言うのはどの程度なのでしょうか?

例としてパタヤでの中規模程度の洪水を見てみましょう。

タイの洪水の特徴

この時はタイの雨季で台風が来ていました。

しかしその雨雲は尋常ではない雰囲気でした、、、、、、

朝から小雨は降っていましたが、いつもの良くある普通の雨の風景でした。それが午後6時ぐらいから空は真っ黒になり凄いスコールになります。

自動車も運転出来ないぐらいの豪雨と凄い雷の音で尋常ではないことを皆感じていました。

この日は朝から小雨が降り続いていたこともあってスコールから僅か1・2時間で洪水となってしまったんです!

正にあっと言う間です。

タイの洪水はスコールによる尋常でない降水量で下水のキャパを超えたことが原因で起きるので急激に水が溢れかえります。

日本のゲリラ豪雨による洪水と同じ原理ですね。

台風19号による雨雲

これがその時のパタヤの空の状況です、、、、、ゴジラが上陸しそうですよね、、、、2015-09-17 23.31.11 (640x427) (2)  2015-09-17 23.32.18 (480x640) (2)その後は雷が落ちてスコールが降り出しました。これもパタヤの空の写真です。

この日の雷の轟音は凄かったです。2015-09-17 23.42.49 (640x480) (2)

パタヤのビーチロードの状況

これはパタヤ旅行に来た人なら誰もが歩くビーチロードの状況です。

もう海と道に流れている水が繋がってしまっています。2015-09-17 23.32.22 (640x360) (2)これも道と海が見えている写真です、、、 2015-09-17 23.31.17 (640x480) (2)完全に道が川じゃなくて海になってますよね。

車で走っていても海に流されそうで、ちょっと怖いですよね。
2015-09-17 23.31.02 (640x480) (2)街中も水はけが悪い場所はこんな状態です。2015-09-17 23.32.51 (360x640) (2)洪水の時にはピックアップトラックや4WDの車が大活躍です。

タイでのステイタスのある乗用車のセダンなどは少しの水で走れなくなってしまいます。
2015-09-17 23.32.25 (480x640) (2)この洪水は夜になっても水は引かない場所もありました。
2015-09-17 23.31.49 (640x352) (2)洪水の水かさが増すのが早いので自動車が避難し遅れて水没してしまうのは普通の風景です。

当然、エンジンは掛からないので後でレッカー車に引っ張られて修理に運ばれて行くことになります。それと問題はシートが汚い水に浸かるので臭さがずっと残ってしまうことです、、、、
2015-09-17 23.32.54 (360x640) (2) 2015-09-17 23.32.57 (360x640) (2)

 パタヤのメイン道路のスクンビット通り

これはタイで1番有名な大通りのスクンビットです。

そんな大通りさえももこんな状態になってます、、、、、というか実は洪水になりやすい通りなんですよね。

私も何度かスクンビット通りで洪水に巻き込まれて途方に暮れたことがあります。2015-09-17 23.31.07 (640x480) (2)実はスクンビットは今は工事中で通りの真ん中を地下道にして渋滞を緩和する予定です。

でも洪水が抑えられないのに地下に道作って大丈夫なんでしょうか?

スコールの時には怖くて通れないと思います。だって下手したら死んじゃいますからね、マジでっ!
2015-09-17 23.32.03 (640x480) (2)道の決壊も方々で起きていました。2015-09-17 23.32.29 (480x640) (2)道が陥没して車が落ちています。
2015-09-17 23.33.01 (352x640) (2)

お店や家の中にも浸水

多くのお店や家にも浸水しています。

これはセブンイレブンの浸水した風景です。2015-09-17 23.32.06 (360x640) (2)これは結構な被害額になりそうですね。
2015-09-17 23.32.13 (360x640) (2)マッサージ屋さんもこの通り、、、、 2015-09-17 23.31.26 (640x480) (2)家も床上浸水しています。

取り合えずベットの上などに物を乗せて水から避難させています。 2015-09-16 19.42.47 (640x480)トイレはここまで浸水するともう浮力の関係から水は逆流して入ってきてしまいます。

当然流れませんので使えません。 2015-09-16 19.45.03 (640x480)小さい子供が居る家は本当に大変ですよね。2015-09-17 23.31.58 (480x640) (2)

警察や軍隊も参加する救助活動

消防・警察そして軍隊も出ての救助活動が行われました。
2015-09-17 23.33.11 (640x426) (2)  2015-09-17 23.33.14 (640x426) (2)  2015-09-17 23.33.25 (640x360) (2)日本で見るような屋根で救助を待つ人達もいました。

2015-09-17 23.31.36 (640x480) (2)  2015-09-17 23.31.40 (640x480) (2)

炊き出しなどのボランティア

タイでは信心深い仏教徒が多いので、タンブンと言われる徳を積む行為が一般的です。

そのために多くの人がボランティアに参加します。

これは一般家庭で炊き出しを用意しているところです。

2015-09-18 12.14.29 (640x480)
2015-09-18 12.45.19 (480x640)運んで配るボランティアもミネラルウォーターのルート販売の車です。

炊き出しの品を集めていますが、普通に水の販売の途中で来ていますね。 2015-09-18 12.50.52 (640x480)

壁を壊わしての洪水の防止策

タイでは泥棒避けのために住宅地が壁で囲われていることが多いのですが、洪水になるとこの壁があるために水が流れていきません。

そのままにしておくと住宅地の水かさが増し被害が拡大するので、壁を壊して外に水を流します。

洪水の後は壊れた壁を見るのはこのためです。2015-09-17 17.10.38 (640x480) (2)しかも個人の家の壁も壊して水を流します。

これってこの家の人は複雑な思いで壁を壊すんでしょうね。
2015-09-17 17.10.45 (640x480) (2)この家は2つの壁を壊して水の道を作っていますね。

壁に空いた大きな穴、、、、、、、、、悲しい風景です。
2015-09-17 17.37.10 (640x480) (2)下水の蓋も水をより多く流すために開けてしまいます。

2015-09-17 17.39.27 (640x480) (2)

洪水の動画

では、今度は動画でその情景を見てみましょう。

中規模の洪水とは言っても、生易しいものでは無いのをその目で見てください。

思っているより凄くないですか?

もしも観光旅行できた時にこんな洪水が起きてしまったら楽しい旅行は台無しですね。

旅行が台無しと言うより命の危険を感じますね。

これはソイ・ブアッカオの動画です。

観光客が多くいる場所ですが、通りではなく沼ですね。

ウォーキングストリートの風景です。この日は殆んどのバーも開いていませんでした。

これはスクンビット通りです。スコールになるとスクンビットは洪水でしかも渋滞が酷いです。

1・2時間も1センチも動かないなんてこともあります。

そのために、この動画の様に横道に逃げるんです。

洪水は良く起きるのか?

タイでは洪水は良く起こるとも言えます。

バンコクやパタヤでは1年に数回は中規模レベルの洪水は起きています。

雨季の9月から11月上旬ぐらいで起きることが多いのですが、他の時期に起きることもあります。

タイの洪水は日本のイメージとは基本的に異なり台風や雨雲に寄ってスコールにより短時間に水が溢れ出ます。上にも書きましたが日本のゲリラ豪雨に近いです。

小規模の洪水に関してはバンコクでもパタヤでも年に3・4回は普通に起きていますね。

だしこの小規模のひざ位までの洪水は引きも早いので、雨さえ止めば2.3時間で引いてしまう場所が殆どです。

このように急激なスコールで洪水が起きたときは無理な移動をせずにノンビリと待つのが1番だと思います。

パタヤの洪水になりやすい場所

流石にバンコクの洪水になりやすい場所は数も多過ぎますしBTSのモノレールや地下鉄があるので影響を受けなく移動出来る手段があるので細かくは書きませんが、パタヤは本当に立ち往生になりますので知っておいた方が良いかと思います。

私が知っている洪水の起こりやすい場所を書きますので参考にしてください。

スクンビット通り

サウスパタヤ通りとの交差点から北に少し行った場所とジョムティエン側のマクロの前付近。この場所は確実に渋滞になり、まったく動かなくなります。

酷いスコールの時はスクンビット通りは避けるのが無難です。

サウスパタヤとセカンドロード周辺

サウスパタヤ周辺は水が溜りやすい場所です。

パタヤのビーチロード

街の水が流れ込むために川のような状態になりやすいです。

ソイ ブアッカオ

多くの観光客がいる通りですがここも水が出やすいです。水が溜るので水も汚いですね。

ジョムティエンのセカンドロード 市場前

ジョムティエンのイミグレーションの通りの入り口付近と言う方が良いですかね。後はレストランのキッスの周辺と言う方が分りやすいでしょうか?

ここは驚くほど直ぐに洪水になります。ただ水は溜りませんので、直ぐに水は無くなりますので短時間で終わりもします。

タイの洪水が凄い!バンコクやパタヤ旅行での注意点とは?のまとめ

どうでしょうか?思っているよりも規模の大きな洪水が頻繁に起きていると思いません?

パタヤに旅行で来た時に、このレベルの洪水に運悪くあってしまった時には基本的には何処かで休んで収まるのを待つのが良いと思います。

貴重な旅行の時間ですが、こればっかりは仕方ないですね。

動画で見たと思いますが、あのレベルの洪水でさえも起きる可能性が十分にありますからね。

海外の旅は安全第一です。

海外は日本とは違います。自分の身は自分で守らないといけませんからね。

そんな時は無理はせずにノンビリとビールでも飲んで、スコールと洪水が終わるのをゆっくり待つのが吉でしょう。

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

私は世界60ヶ国以上行ったことのあるバックパッカーで、ファイナンシャルプランナーとして保険会社で働いていました。そのため海外旅行と保険を合わせた実経験は誰にも負けないのではないかと思います。

そんな私が使っている海外旅行に持って行くと得をするクレジットカード最強の3枚の組み合わせがあります。

このカードを持つことで海外旅行保険には自分で加入しなくても病気や怪我での入院費は無料になりますし、荷物を無料で自宅に宅配できたり、盗難にあった時の緊急時にも海外でクレジットカードが再発行できるなど多くの特典を受けることが出来ます。

正に海外旅行には必須のクレジットカードと言えるのではないでしょうか?

詳しくは”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”の記事で説明していますので読んで下さい。

海外旅行の保険料が無料に出来るだけでもお得ですからオススメですよ。

関連記事

飛行機から荷物が出ない!ロストバッゲージの補償と対策とは?海外旅行FP

空港でカバンが出てこない時のロストバッゲージに関する補償と対策 空港のイミグレーションで入国の

記事を読む

動画サイトDTVを海外から視聴する方法:実際に約1年使用した感想

映画テレビの有料動画サイトのDTVを海外から視聴する方法:実際に1年見みた感想 DTVはNTT

記事を読む

タイのコンビニで売っているカップラーメンのとんこつラーメンがなかなか美味い!=海外移住FP

毎日コンビニシリーズ このシリーズももう14回目です。ブログ自体も半年以上になりましたので、月

記事を読む

パタヤからバンコク:エカマイ・モーチットのバスは北バスターミナル=タイ移住情報

パタヤ・バンコク間のバスが出着する北バスターミナル エカマイ・モーチットからパタヤ行きのバスに

記事を読む

タイのバイク屋でメンテナンスを頼む時の注意点とは

タイ移住生活ではバイクは便利 タイでの移動手段を考えると、バイクは非常に便利です。

記事を読む

世界で最も美しい顔100人でランキング63位になったタイ人!あなたが選ぶなら、不細工な女か美しい男か?

あなたならどっち?不細工な女と美しい男?  ”世界で最も美しい顔100人の世界ランキング201

記事を読む

日本では買えないタイの中型バイクの紹介:CBR300RR・NINJA・Z・ベネリTNT300タイ製のバイクもっ!

  タイで売られている中型バイクの紹介:日本では売っていないバイクもあり タイ

記事を読む

タイの女性が怒った時の対応方法:可愛い女の子に好かれるために!

タイ人の可愛い女の子が怒った時の対応方法とは? 誰が呼んだか?”微笑みの国タイ” ”タイは微

記事を読む

海外やタイのATMでカードキャッシングする方法と注意すべき怖い事とは?海外旅行FP

タイや海外のATMでのキャッシングの際に気を付けるべき怖い事とは? 海外に行く時にお金をどうや

記事を読む

タイで車やバイクの運転で注意すること!日本の交通ルールとの違いを説明

タイで車やバイクを運転する時に注意すべきこと! 今回はタイで車を運転する時の注意事項を日本との

記事を読む

タイでのトラブルを避けるべき理由!タイ人との喧嘩は危険です:海外旅行FP

タイでのトラブルを避けて海外旅行を楽しい思い出にしましょう 海外

パタヤで有名なイタリアン・パンパンは本店に行こう!全メニューと実食レポート

  パタヤで有名なイタリアン・レストラン”パンパン

バンコクのサイヤムパラゴンの水族館オーシャンワールドが凄い!割引チケットの購入方法とは?

高級デパート・サイヤムパラゴンの水族館サイアム・オーシャンワールド

バンコクでアイスクリームならスウェンセン(Swensen’s)が人気NO1!

 タイで人気NO1のアイスクリーム屋さんスウェンセン(Swense

タイやアジア旅行でデング熱マラリアの蚊の病気を予防する方法とは?海外旅行FP

タイは勿論のことアジアやアフリカでは蚊を媒介とする病気が大変危険!

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑