*

外国人観光客が日本に来る理由とは?何が人気なの?海外移住FP

公開日: : 最終更新日:2016/10/06 FPのコラムとニュース

a0960_005996

日本に多くの外国人が来ています

近年の日本への観光客の増加は目覚しいものがありますね。その理由には日本を観光立国にするために国を挙げての取り組みが結果として表れているんだと思います。

スポンサーリンク

日本への外国人観光客の増加の理由も、円安となり割安感が出て来たことや日本への観光ビザが必要なくなったことそれに消費税の免税対象を拡大した日本の努力などの理由があります。また中国や東南アジアの国々が発展をして経済的に豊かになったことも大きいですね。

元々アジアの人達は日本に対する興味は低くなかったのでしょうが、如何せんハードルが高くて実現出来なかった。それがここに来て可能になったということでしょう。

では、日本に来る観光客が実際に日本の何に興味を持ち何を見に行っているのかを見てみましょう。日本も変わったなと思うと思いますよ。

その理由とは

さくら

やはり桜は人気ですね。日本にしかない花ではないのですが日本を象徴する花ですよね。まぁ外国人と話すとどこの国の人でも言いますね。

ただ1週間程度しか咲かなくしかも毎年の気候により時期がずれるという海外旅行として日本に訪問する観光客にとっては非常に難題な花だということを知っている人は少ないんですよね。

日本人でも花見の日程には苦労するわけですから、海外から1週間程度で日本に旅行に来る人はギャンブルみたいなものですよね。

どうなんでしょうか?やはり3月の4週目から4月の1週目の関東のホテルは予約で埋まっているのでしょうか?

a0790_001150

富士山

フージーは日本一の山♪の富士山です。

昔は私は富士山が日本で一番高い山だから有名なんだと思ってました。でも違うんですよね。富士山は裾野を綺麗に伸ばした世界にも類を見ない美しい山だから有名なんですね。

ヒマラヤなどは山脈ですからこんなに1つの山が綺麗なシルエットを描くわけではありませんし、キリマンジャロも裾は広がりますが頂上は鋭角的ではないですからね。

私も富士山が世界で一番美しい山だと思います。外国人が見たいのも当然の山ですよね。

a1620_000369

これは外国人とはいっても欧米や中国・韓国ではなく東南アジアの人達ですね。でも自国で雪が降らない国の人はそりゃあ見たいですよね。東京の子供達だって雪が降ると大喜びですからね。

雪が観光客に人気になったというより東南アジアの人が日本に来るようになったことと日本に2度3度と訪問してきている人達が東京・京都を尋ねた後でセカンドの選択として選ばれるようになったということなのでしょう。

これにより北海道というブランド力がアジアで急上昇しています。日本で知名度が高い都市も東京に次いで北海道が有名になってしまいそうです。

a0790_001216

スキー

スキーもこの近年大きく状況が変わった観光地です。スキー場は日本のレジャーとしては昔ほどの活気がなくなっていましたが、外国からの観光客に人気が出て、オーストラリア・ニュージーランドの白人を中心とした観光客だけでなく台湾や・シンガポールなどのアジアの国からも多くの人が来るようになったのです。

それは日本の雪がパウダースノーであることやリフト券などがオセアニアの国から見るとリーズナブルであること、それに温泉もあり日本を堪能出来るからです。

今や日本のスキー場はアジアのウィンターリゾートになっているんですね。

a1200_000050

京都・日本の歴史的建造物

昔からの定番ですね、日本を象徴する木造の建築物や仏像が人気なのはこれからも変わらないでしょう。世界的な日本独自の建築物と文化は確かに良いですよね。

修学旅行で行ったときには余り気にしていませんでしたが、今となっては勿体無かったです。真面目に見ていけば良かったです。でもそんな風に思うようになったのは、年をとったということですね。

a0960_004395

 

日本料理

今や世界的な日本食ブームです。寿司やてんぷらなんて当たり前になってます。最近は海外でも日本のラーメンがブームになったこともあり日本にご当地ラーメンを食べに来ていたりしていますね。

日本のガイドブックにもその土地土地の有名ラーメン店が紹介されていて日本人より詳しかったりします。

a0002_008167

東京ディズニーランド

日本人にも人気ですが、ディズニーランドはアジアの人にももちろん大人気です。ディズニーランドの世界は唯一無二の存在で日本以外では香港と新しい上海にしかないわけですから行きたい人は、そりゃー多いですよね。

特に子供がいたら日本に旅行に行くとなればもうリクエストの猛攻ですよ。許されないでしょう、日本に行くのにディズニーランドに行かないことは。

それに香港やパリのディズニーランドは余り評価が高くないですからね、日本のディズニーランドはホスピタリティーが高いので本場アメリカは無理だけど日本では行ってみたいと思うのでしょうね。

買い物

日本は世界1物価の高い国なんていわれていましたが、長年の日本のデフレと他国の経済成長により状況が変わってしまいました。電化製品などはタックスと送料の問題から国内は安かったりしていましたが、今や品質を考えると多くのものが日本のほうが安かったりします。

秋葉原などはもちろんのこと都内のドンキホーテなどには中国人・韓国人ばかりか東南アジアの人達も爆買している姿を見るのも珍しくなくなりました。

日本が安いから買い物にアジアの人が来る、、、、、、、時代が変わりましたね、、、、

a0782_000890

サブカルチャーの聖地:秋葉原

世界的に秋葉原が有名になることを誰が予想したでしょうか?サブカルチャーってかっこよく言えばそうですけど、要はオタク文化でしょ。アニメやアイドルの世界ですよね?いえいえ、私は好きですよ、私自身もオタクですから。でも、まさか聖地・秋葉原に世界から巡業者がやってくるようになるとは。

しかしコスプレや同人誌・オタ芸といったものがフランスや中国で流行るなんてびっくり、まぁね、日本のアニメは確かに昔から世界1でしたから当然の気もしますが。

a0002_009611

広島原爆ドーム

日本は世界で唯一核爆弾が使用された国です。そこに世界中から人が観光に集まってくるんですね。いやぁ正直こんなに外国人が来ることには驚きました。確かに私も高校の修学旅行で見学に来ましたが気分は暗いですよね。

”はだしのゲン”や”ほたるの墓”もそうですし戦争映画なんかを見てきていると戦争の悲惨さは本当に重く辛いもので目を背けたくなるものばかりです。それに自分から目を向けることは辛いことなので海外旅行というビッグイベントでこの暗い戦争の象徴を見に来るんですから偉いなと思います。

ぜひ原爆を教訓にして後世でこの様な悲劇を再び起こさないようにして貰いたいですし、そうしなければならないでしょう。

a0002_001372

九州

韓国人を中心にアジア人に人気です。韓国と中国の人には近いという地理的有利が大きいということもありますね。

しかもハウステンボスが人気のようで、ヨーロッパに気分を気軽に味わえると日本人と同じ感覚だそうです、、、、、、、うーーん、余り良く分かりませんねぇ、わざわざ日本に海外旅行に来てヨーロッパ気分を味わうんですか?不思議だ、、、、、、

しかもハウステンボスには海賊船がありなぜかアジアで人気の高いワンピースにあやかって多くの観光客を呼んでいるとか、、、、ガイダンスも英語はもちろん中国語・韓国語そしてタイ語まであるんですって、九州人、凄い商売根性です。

確かにタイでも九州が舞台のドラマが放送されたりして人気が出てきています。

a0006_001062

まとめ

どうでしたか?富士山や京都の建築物は当然の日本の大定番でしたが、それに加えて秋葉原やスキーなんて新しい日本の観光資源ですよね。時代が変わったものです。

それにアジアの国々の状況も大きく変わったことも大きな要因となっていますね。九州が人気の理由の1つは九州から入国するアジアの国の人がいるからということも大きな要因ですから今の時代の象徴みたいな話です。

これからも日本に来る外国人観光客が増えていけばリピーターも増えるでしょうから、もっと日本に詳しくなり色々なものが流行っていくのかもしれませんよね。アジアの人達が毎年のように日本にバカンスに来る時代ももうそこかもしれません。

海外旅行保険が無料になるお得なクレジットカードを知っていますか?

海外で病院に行くと日本の健康保険が使えずに治療費が高額になることがあります。

(注:日本に戻ってから返金請求の制度はあります)

海外では盲腸の手術が200万円って話を聞いたことがありませんか?

実は海外の大きな病院で手術すれば日本の健康保険が使えませんから200万は普通の金額です。

私もタイで代々木公園で騒ぎになったデング熱で入院しましたが、2週間の入院で治療費は約133万円でした!

治療費が驚くほど高いので、皆さん海外旅行保険に加入してるんです。

でも海外旅行保険の保険料って意外と高いですよね?1週間程度でも3,000円とか5,000円とか、、、、、

これがもし無料に出来るとしたら嬉しくないですか?

その方法は、海外旅行保険の付いた年会費無料のクレジットカードを持てば良いだけです。

裏技でもなんでもないですね、しかも無料ですし。

ちょっと注意して欲しいのは、各クレジットカードの保険内容は違いがありますから内容や利用条件を調べないといけません。

そこで元保険会社社員でバックパッカーの私が1番おススメの無料クレジットカードをコッソリ?教えます。

そのクレジットカードとは、エポスカードです。

そうです、皆さんが普通に知っている丸井の赤いカードです。普通すぎて意外ですか?

エポスカードの海外旅行保険の内容を見てみましょう。

x充実の保険内容ですよね。

特に海外旅行保険で最も大切な治療費の保険金額が病気治療270万円・怪我治療200万円と無料のクレジットカードの中で最高額なのが特徴です。

その他の優れた特徴としては

  • 海外に出た日から自動的に90日間保険が使える自動付帯
  • 提携病院ではお金が必要ないキャッシュレス支払い
  • 学生さんなども加入可能

そして何よりも年会費は無料です。

いやぁ、この補償内容が無料なんて素晴らしすぎますよねぇ。

当然ですが、普通の丸井のカードですから買い物等の支払いに使えてポイントが貯まったりもします。

そんなおススメのクレジットカードはこちらから⇒エポスカード

クレジットカードの海外旅行保険をもっと詳しく知りたい方は更に詳しく説明した記事を読んで下さい。

”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”

クレジットカードを複数持った時の注意点やおススメのクレジットカード等も説明していますので、興味のある人は是非!

スポンサーリンク

関連記事

逆輸入していた日産マーチは、円安の今は?

タイでの3大日本車メーカー 日産がタイで新型「エクストレイル」生産販売を発表しました。

記事を読む

タイでのトラブルを避けるべき理由!タイ人との喧嘩は危険です:海外旅行FP

タイでのトラブルを避けて海外旅行を楽しい思い出にしましょう 海外に旅行で来たり住んでいると誰も

記事を読む

バンコク旅行のタイのお寺での禁止行為とは?礼儀やお参りの仕方を説明

タイのお寺の禁止行為に注意!礼儀やお参りの仕方を覚えましょう タイ旅行での観光にはやはりお寺巡

記事を読む

テレビでも話題の誰もが絶対涙する”タイの感動CM”とは?

海外でも有名なタイの感動して泣けるCM特集 日本のテレビ番組でもたまに特集されているようにタイ

記事を読む

彼女はお金が目当てなだけ?タイの女の子の本気度がわかる10のポイント

タイの彼女はお金が目当て?タイの女の子に本当の愛があるのか計る時のポイント タイでタイ人の彼女

記事を読む

海外旅行に必ず持っていきたい便利な持ち物10選!60カ国を旅したFPのオススメ

海外旅行に必ず持っていきたい便利な持ち物グッズ10選の紹介 海外旅行に行く時って何を日本から持

記事を読む

はじめまして

はじめまして、我楽と言います。   日本から移住をしてきて現在タイのリゾート地

記事を読む

日本生命の部長が23人の部下と中退共の退職金で詐欺?=FPとしての考察

生命保険会社の日本生命の営業部長が中小企業退職金共済の退職金の不正受給に関わっていた ニュース

記事を読む

外国人観光客が1300万人突破!なぜ日本がアジアで人気なのか?=海外移住FPのブログ

旅行先としての人気が急増する日本 近年日本に観光で訪れる外国人が急増しています。 特にア

記事を読む

削除ソフトも危ない!TROVIとは何か、安全にアンインストールする方法は=FPの知恵袋

非常に厄介なフリーウェアー”TROVI” 皆さんはTROVIを知っていますか? 私は先日

記事を読む

飛行機は前方席と後方席のどちらが危険か?墜落事故の生存率は?

飛行機で墜落事故が起きた時には、どの席が1番安全なのか? 最近は

パタヤで海鮮料理食べるならプーペン・シーフードが安くて美味しい!全メニューの紹介

パタヤで安くて美味しいシーフードならプーペンが安くておススメです。

海外から国内限定のサイト(GYAOやフールー・hulu等)を見る方法=FPの海外移住情報

  海外から日本国内限定のサイトやギャオ(GYAO

飛行機内でスマホ・携帯電話やアイパッドの電源はどうすべきか?なぜ必要なのか=海外旅行FP

飛行機の機内でのスマホ・携帯電話やアイパッド・タブレットパソコンの

地元タイ人が言うパタヤで1番美味しいクイッティオ屋:JAETHO(ジェイトー)

地元の人がパタヤで最も美味しいクイッティオというお店 タイ人が最

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑