*

海外から見れない動画やサイト(中国のフェイスブック等)をVPNで見る方法

公開日: : 最終更新日:2016/10/06 海外旅行の基礎知識, 海外移住の基礎知識

2

 海外からは見ることが出来ない動画やサイトがあります

今や多くの日本人が海外に行くようになりました。海外旅行もそうですし出張や海外在住・海外移住と色々な理由だとは思いますが、海外滞在中でもインターネットが同じように使えることは本当に便利ですし嬉しいことですね。

スポンサーリンク

そんな便利なインターネットですが、海外から使っていると誰もがこんな画面が出た経験をしたことがあると思います。

”日本国外からは映像を視聴できません”

”指定されたページを表示することが出来ません 不正なアクセスを防止する機能によりお客様がお使いの環境からの利用を制限しています”

”この動画はお住まいの国では公開されていません”

え?なにこれ?っと初めての時は思いますよね。でも実は結構海外から見られないサイトは多くあるんです。

海外から見れないサイトって具体的に何があるの?

実は海外からインターネットで見れないサイトがあるのには大きく分けて2つのケースがあります。

国内限定のサービスのために国内の配信元が規制していて見れないケース

この場合は実際には動画サイトが多いです。具体的には下のようなサイトになります。

Hulu(フールー)・GYAO!(ギャオ)・DMM.com・ニコ生(ニコニコ生放送)・TSUTAYA TV・TSUTAYA TV・アクトビラ

それに民放のテレビ局がドラマなどをフリーで配信しているオンデマンドも国内限定ですし、ユーチューブの1部の動画でも見れないケースがあります。

ラジオも最近は電波ではなくインターネットを介してラジコ(radiko)で聞いている人も多くなり海外でも聞けると思っていたりするのですが、これも残念ながら国内限定サービスなので聞けません。

後はネットバンクやブログやサーバーなどのログインに関しても海外からのアクセスが出来なくしてあることがあります。

これは海外のハッカーによる犯罪を防止するために取られている措置です。

13

滞在先の国がそれぞれの事情により規制や監視をしていて見れないケース

滞在している国が規制を厳しくかけていると見れないこともあります。特に有名なのは中国ではないでしょうか?その国からは特定のサイトにアクセスすることが出来ないようになっているのです。ただし一部規制という意味では、多くの国がしています。緩いイメージのインドネシアやタイでも規制が入っていますので、ユーチューブなど見れなかった経験があるのではないでしょうか?

フェイスブック・ライン・2チャンネル・ユーチューブの1部の動画

後はエロサイトは閲覧できないようになっていることも良くあります。

これは簡単に言えば、その国の政府から見て国民に悪影響があると判断されたサイトへのアクセスを止めているということです。日本ほどの自由が保障されていない国は多く存在しているということですね。

しかしフェイスブックまで規制されてアクセスできないなんて不便この上ないですよね。

なぜ海外からのアクセスだと判るのでしょうか?

インターネットを使うときには必ずIPアドレスという住所のようなものからアクセスする仕組みになっています。これは世界に1つだけのものなのでこのIPアドレスから情報を得ているのです。インターネット犯罪などで犯罪者が使ったパソコンの場所などを探し当てるのもこの仕組みのためです。

このIPアドレスの情報から海外からのアクセスと判断されているんです。

22

出典 NASに接続するスマートフォン、タブレットの使い方  http://pc-tablet-smartphone.com/aboutipaddress

国内のIPアドレスを使うことにより日本からのアクセスとしてインターネットが可能になります。

そうだとすると解決策というのはないのでしょうか?

実はその解決策はいくつもあり、どの方法も海外から直接アクセスするのではなく1度、国内のIPを通すことで国内からのアクセスとして日本のサイトにアクセスするという仕組みになります。この様な仕組みをVPNと呼びます。

このVPNを利用することでアクセス拒否という自体は避けられますので、一般的な3つの方法を今回は紹介したいと思います。

1.無料VPNサービスを利用する

無料でVPNを利用できるサイトは海外のものならいくつかあります。ただし無料である分、安全性と安心性は低いと言えます。中にはスパム的なものもありますので気をつけないといけません。

日本でも試験的にVPNを無料で提供している筑波大学の学術プロジェクトがあります。海外に比べると数段安心できるものだと思います。そのプロジェクトは”VPN-gate”といいます。このプロジェクトでは日本のIPアドレスを無料で使わせてくれます。

ただしある程度の専門知識は必要とされるのとボランティアで運営されていますので、どうしてもサーバーの不安定さは出てしまっています。あくまで学術プロジェクトであることでの無償提供であることは理解しないといけませんね。

あるレベルの専門知識があり自己対応可能であれば、このプロジェクトのVPNサービスをオススメします。

11

筑波大学の学術プロジェクトのアドレス:http://www.vpngate.net/ja/

2.VPN機能搭載のルーターを日本にインターネット環境と共に整えておく

日本でプロバイダー契約を結びインターネット環境を整えた上でルーターを通常のものではなくVPN機能を持ったルーターを設置しておけば海外からでもそのルーターからのアクセスということで自由に国内のインターネットが使えます。

ただ問題点はその設置場所の確保とプロバイダー料やVPN機能付きルーターを購入するコストです。金銭的な面を考えると、3で紹介する接続業社のVPN使用料金が安くなってきたので、ワザワザこの方法を選択する積極的理由がないのかなと思います。

VPN機能を持ったルーターです。参考にしてみて下さい。


VR-S1000 [IPsec対応 VPNルーター]

3.VPNサービスを提供する業者と有料で契約する

1と2の方法に関しては安全性と安心性かコストの問題がある上に専門知識もある程度以上は必要となってしまいます。そう考えると利用料が下がったことで使いやすくなった接続業者のVPNサービスを利用するのがベストな選択だなと私は判断しました。

今でもフールーやGYAOなどは問題なく使えていますし、なぜか規制に掛からないU=NEXTも試験的にVPNを試しましたが問題なく見れました。

金銭的にも1000円程度でサポートもあるわけですから高くはないのではないでしょうか?

接続会社は、料金が比較的安かったインターリンクにしました。もっと安い会社もあるのですが、どうも信用性が、、、、だったので。

インターリンクのVPNサービスは2コースあって各利用料は、マイIPが1,000円で、マイIPソフトイーサ版が1,200円です。イーサ版は専用ソフトをインストールするウインドウズ専用でマックやスマホでの利用はマイIPの方になります。

ただ接続に関してはマイIPの方が難しいようなので、私の感覚だとマイIPで試してみて接続が上手くいかないようであればマイIPソフトイーサ版に切り替える流れで試してみるのが良いと思います。

それに2ヶ月間の無料期間がありますので、お試しで利用して気に入らなければ解約してしまえばお金は掛かりません。

インターリンクのVPNサービスに関しては公式サイトの”インターリンクのマイIP”で見てください。

12

まとめ

インターネットって本当に便利だなって海外にいると実感しますよね。ラインやスカイプで日本の友人とは何時間話しても無料ですし、マップを見ながら海外の街を歩けてネットの評判をチェックしながらレストランも選べてしまう。雑誌やコミックだって電子書籍でダウンロードして普通に読めてしまいますしね。

ここまで便利だと逆に動画やサイトが使えないのは、非常に不便に感じてしまう。

海外旅行に行っている時でも見ているテレビドラマの続きはホテルの部屋で見たいですよね。

VPNを使えばインターネットの本来の力に戻りますので、十分にその恩恵を受けてみてください。

それとこういったインターネット関連のサービスってどうしても安定的な話ではないので、どうしてか自分だけ上手くいかないなんて事があったりしますよね。そんな時のために無料のトライアル期間があるのは助かります。どうしても駄目なら解約するだけでお金が掛からないで済みますから、気軽に試せます。

この無料期間の実施はインターネット関連のサービスではもっともっと普及していって貰いたいものです。

詳しくはこちらをご覧ください⇒ インターリンクのマイIP

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

私は世界60ヶ国以上行ったことのあるバックパッカーで、ファイナンシャルプランナーとして保険会社で働いていました。そのため海外旅行と保険を合わせた実経験は誰にも負けないのではないかと思います。

そんな私が使っている海外旅行に持って行くと得をするクレジットカード最強の3枚の組み合わせがあります。

このカードを持つことで海外旅行保険には自分で加入しなくても病気や怪我での入院費は無料になりますし、荷物を無料で自宅に宅配できたり、盗難にあった時の緊急時にも海外でクレジットカードが再発行できるなど多くの特典を受けることが出来ます。

正に海外旅行には必須のクレジットカードと言えるのではないでしょうか?

詳しくは”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”の記事で説明していますので読んで下さい。

海外旅行の保険料が無料になるだけでもお得ですからオススメですよ。

スポンサーリンク

関連記事

バンコク旅行で水道水は飲めるのか?タイのミネラルウォーターと世界で水が飲める国を説明

タイ・バンコク旅行では水道水は飲めるのか? タイに旅行で行くことになったらと思いますよね?タイ

記事を読む

イスラム国(IS)がアジアテロ組織に拡散する!インドネシア・バリ島やジャカルタは安全か?

インドネシアにおけるイスラム国(IS)等のテロの現状は? そして日本人の旅行者は本当に安全なの

記事を読む

海外在住者が実印の印鑑証明を大使館で貰う方法=FPの海外移住情報

海外在住者の実印の印鑑証明の取得方法 海外に転勤になったり海外移住をすると日本の住民票を海外へ

記事を読む

海外旅行に必ず持っていきたい便利な持ち物10選!60カ国を旅したFPのオススメ

海外旅行に必ず持っていきたい便利な持ち物グッズ10選の紹介 海外旅行に行く時って何を日本から持

記事を読む

海外で入院した時の保険金を確実に貰うための3つの注意点とは?

海外で病気や怪我で病院に入院した時に医療保険や生命保険の請求方法 海外旅行で急に体調を壊したり

記事を読む

飛行機は前方席と後方席のどちらが危険か?墜落事故の生存率は?

飛行機で墜落事故が起きた時には、どの席が1番安全なのか? 最近は飛行機事故が本当に多いですね。

記事を読む

結局、アゴダ(AGODA)は高いのか?ホテル予約サイトを比較してみた=タイ移住FPのブログ

ホテル予約サイトを比較してみた ホテルの予約も便利になりました。 昔は雑誌で調べたり直接

記事を読む

海外移住にベストな国ランキング2016のアジアの評価は?インターナショナルリビング・ドットコム誌

  アジアの国は海外移住するのにベストな国ランキング2016で何位? 前にこの

記事を読む

60ヶ国以上旅したFPが実際に海外旅行に行って危険だった国・都市ランキング

海外旅行に行ってみて危険を感じた都市ランキング 今はタイ在住の私ですが、昔はバックパッカーだっ

記事を読む

海外旅行で急増するクレジットカードのスキミング被害の手口と対策とは?海外旅行FPのブログ

海外旅行で被害が急増しているスキミング犯罪とその対策 最近は海外旅行に行った際に日本人もスキミ

記事を読む

タイで人気の有名女優ランキング・ベスト10!綺麗な女の子は好きですか?

タイの有名女優ランキング・ベスト10!1位はどの女優なのか? 皆

タイ旅行ではタイ料理が格安で美味しいフードコートに行こう!その使い方を解説

タイ旅行やバンコク旅行で絶対におススメするフードコート(クーポン食

パタヤで必ず行きたいシーフードレストラン・ピーチャが美味しくて安くて最高!メニューと行き方の紹介

パタヤ旅行では必ず行きたいシーフードレストラン・ピーチャ パタヤ

タイの観光旅行でマナーとルールの注意点!知っておいてトラブル回避!

トラブルを避けるためにタイの観光旅行で気を付けるべきマナーとルール

バンコクで人気のタイ料理レストラン:バーンクンメーのメニュー紹介と実食レポート

バンコクでタイ人にも人気のタイ料理レストラン:バーンクンメー バ

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑