*

元保険会社社員が教える海外旅行保険の入り方と補償内容ランキング

公開日: : 最終更新日:2016/10/06 海外旅行保険に関して

a1180_012678

元保険会社社員のFPが教える海外旅行保険の入り方

今回は海外旅行保険に入る時のポイントを説明したいと思います。

考えてみると元損害保険会社の社員でしたので保険はもちろん専門です。でも今までこのブログで保険に関しての記事って1つもないんですよねぇ。変ですね(笑)

スポンサーリンク

という事で、初めての保険の説明に入ります。保険って基本が約款なので硬く難しく書いていくと本当につまらないものになってしまうので、軽いタッチにしていきたいと思います。

難しい約款にそった話は他で見てくださいね。

では、早々に海外旅行保険の各項目を1つ1つ説明しましょう。

保険会社各社で少しづつ違うのですが、一般的には7項目の内容で補償が分かれています。今は会社により歯の治療の補償などの独自性を出したものなどもありますが、細かいものは今回は省きたいと思います。

海外旅行保険の各保険のすごぉーく簡単な説明

先ずは各保険の内容を1言で簡単な説明をしていきます。

傷害死亡保険・後遺障害保険

怪我・事故が原因で亡くなった時と後遺障害になった時の保険

疾病死亡保険

病気が原因で亡くなった時の保険

治療費用保険

怪我や病気のための治療費が掛かった時の保険

賠償責任保険

他人に対して弁償しないといけない時の保険

携行品損害保険

自分の物が壊れたり、盗まれたりした時の保険

救援者費用保険

あなたを救助しないといけなくなった時の費用の保険

航空機寄託手荷物遅延等費用保険

飛行機に預けた荷物が送れた時の保険

 

と言うことです、分かりましたか?、、、、、、、、あれ、分からない、まぁそうでしょうね。

でも殆どの人は何となくは知っていたりしませんか?

普通に説明しても何も面白くないですし、それこそ保険業法に縛られた当たり障りのない記事になってしまいます。

そこで他では見たことのない私が考えるどの項目の保険が大切かランキングにしてしまおうと思います!

a1180_012676

どの保険が大切か私の独断と偏見ランキング!

こんなランキングを文章にするなんて保険会社や代理店は絶対出来ないことです。金融監督庁が直ぐに指導に来ちゃいます。

でも私は大丈夫!だってタイにいますから遠くて来れない!、、、、、冗談です。

私は保険の販売をしてないので、関係がないというだけです。ではでは、どの補償を重視して保険に入るべきかの補償のランキングに!

海外旅行保険の加入に関する重要度ランキング 第1位!

治療費用保険

そうです、やはり病気と怪我の時の治療費ですね。海外では日本の健康保険は使えませんので日本の自由診療と同じレベルの治療費が掛かります。

良く盲腸の手術が200万円って話を聞きませんか?国や病院でも違いますが、日本人としてそれなりの病院で手術すれば200万は普通の金額です。

私は2年ほど前にデング熱で入院しました。そう!あの去年代々木公園で騒ぎになった病気です。これがかなり悪化してデング出血熱までなったので、2週間ほど入院したのですが治療費は約133万円でした。

これも保険で支払ったというか、クレジットカードに付いている保険で支払ったので良かったですが、青ざめるような金額ですよね。ここまで高額な治療費を簡単にポンッと払える人は余りいないですよね。

海外旅行保険は病気・怪我の治療費のために入っていると言ってもいいと思います。

全ては治療費用のために!あとの補償は、、、、、、、、、、、、おまけです。

海外旅行保険の加入に関する重要度ランキング 2位

携行品損害保険

2位です、、、、、でも、おまけの2位です。

1位との差は、周回遅れのトラックレースで日本記録保持者と中学生ぐらいの差です。後の2位から7位は中学生の争いと言えます。

この保険が2位の理由は使用する可能性が高いからです。カバンを盗まれたり、カメラを落としたり、時計をぶつけたり、旅行中であれば全て保険で対応できます。修理はそのまま修理費が出ますし、盗難もその品の価値で保険金を支払います。

私も20年ほど前にカバンを盗まれて保険金を貰いましたし、10年程前には時計を落として壊してしまい、修理費を貰いました。

この保険は保険金を受け取れる可能性が高いので2位ということです。

海外旅行保険の加入に関する重要度ランキング 3位

賠償責任保険

この保険は内容的には本来はかなり重要なものです。ただしかなり多くの人が知らないだけで、すでに加入している可能性が高いです。

例えば賃貸で家を借りている方は2年契約で火災保険に入ったと思います。それに特約で付いていますし、持ち家の人も家の火災保険にも付いている可能性は大です。傷害保険に入っているケースでも付いていますし、最近は自動車保険に特約で付けていたりもします。

まぁ保険料は安いので重複しても良いのですが、他の保険で入っている可能性が高いのでそういう意味で重要度が低くなっています。

海外旅行保険の加入に関する重要度ランキング 4位

救援者費用保険

これに該当する事故にあった人を実際に聞いたことがないのですが、使うときには高額な可能性があるので4位となりました。

海外旅行保険の加入に関する重要度ランキング 5位

航空機寄託手荷物遅延等費用保険

これってバッグの荷物がないから服とかを買う費用ですよね。確かに必要でしょうが、基本的に航空会社が支払いますよね?だから必要ないでしょう。

海外旅行保険の加入に関する重要度ランキング 同率6位

疾病死亡保険と傷害死亡保険・後遺障害保険

基本的に死亡の保険は必要ありません!んっ?なぜ言い切れるのかって?だって旅行の期間中だけ死亡の保険金を高くする理由がないでしょう。もしあなたが死んで生活費に困る家族がいるのなら、海外旅行保険ではなく生命保険に入らないといけないのです。

今の自分が死んだ時にいくらの保障が必要かを試算して生命保険で死亡保険金を設定してあるのであれば、海外旅行だから死亡保険金額を上乗せする必要はありませんのでこの死亡保険金は必要ないということになります。

ただし海外旅行保険は傷害死亡保険が主家約で他の保険は特約になりますので、主契約の死亡保険金を付けないということは残念ながら出来ません。そのため0には出来ませんので、可能な限り小さい金額に設定することになります。

a1180_016598

保険の基本的な考え方

ちょっと保険の基本的な考え方を書きたいと思います。保険に入る上で2つの重要な考え方があります。保険の業界にいる人はこの本質を誤魔化してセールスしようとする人がいますので、これは覚えて下さい。

1、保険は確率論ではなくその金額が払えるかどうかで決める

”よく保険金が支払われるので良い保険ですよ”そんな説明をされることがあります。つまり確率論で確率が高い補償のものは保険金を受け取る可能性が高いから良いという理屈ですが、これって保険の本質からズレています。

保険の本質は自分自身で背負いきれない額の損害を補償するためのものです。

例えば自動車保険で言えば、事故のとき対人補償は何億円の支払いになる可能性があります。そんな額はは自分では支払えないですよね。だから保険の仕組みを利用するわけです。

これに対して車両保険はどうでしょう?最悪は自動車の車両価格までしかならないわけです。約数百万円ですし自分で買える金額だったってことですよね。

こう考えた時にどちらが保険として大切な補償かということです。常にこのことを軸に保険の重要度を計ってください。

2、保険は損をするものなので保険額や種類は最小限度にする

セールスマンの常套句に”お得です”という言葉がありますね。これを保険に関しても聞くのですが、保険に関してはお徳はありません。保険金で受け取る以外は全て損をしてます。

積み立て保険も払い戻しのある保険でも全て掛け捨ての部分があるので、実際は損をしているんです。

ですので、必要な補償をキチンと計算して必要十分なだけ保険に入るようにしましょう。

どうですか?この2つの考え方は馴染みますか?

この考えの例をあげれば小額の被害のケースにおいては貯金などで自己負担出来るのであれば保険には入らない方が良いのです。だって保険は掛け捨て部分が必ずあるので損しますが、貯金は資産運用されて増えるわけですから同じリスクヘッジの手法なら保険を使わないほうが良いという訳です。

a1180_012677

海外旅行保険に当てはめてみると?

上の保険の基本的な考え方で海外旅行保険を見てみましょうか?

人生が変わるような高額の支払いがあるのは、治療費用保険賠償責任保険になります。ただし賠償責任保険は他の保険で入っている可能性がありますから、治療費用保険が断トツの第1位となるわけです。

携行品損害保険は確率論的には非常に高いもの保険で保険金を受け取れる可能性が高いと思います。ただしカメラや時計が壊れたりなくなっても人生が変わるほどの支出ではありませんしなくなっても問題ないといえば問題のない品だと思いますので、重要度は低いわけです。

他の保険も被害金額が低いか確率も低いので、保険としての重要度は低いという訳です。

a1180_001145

まとめ

どうでしたでしょうか?海外旅行保険の内容とどの保険が重要なのかが理解出来ましたか?

じゃぁ、具体的に私が海外旅行保険にどのように入っていたかと言えば、、、、、、、、、、、入っていません、、、、、、、

いえいえ、誤解されそうですから説明すると自分で海外旅行保険には入っていませんでした。

つまりクレジットカードに自動付帯している海外旅行保険で対応していました。

保険会社で社員だった時もそうでしたし、デング熱で入院した支払いもクレジットカードの海外旅行保険で支払いは済みました。

クレジットカードの海外旅行保険は補償内容に問題があるという話しも目にすると思いますが、補償内容をキチンと理解していれば自分で海外旅行保険に入る必要はありません。

長くなってしまったので、この続きは”元保険会社社員が教える海外旅行保険がベストな無料クレジットカード”に書きたいと思います。

関連記事

海外旅行保険のキャッシュレスサービスが大切な理由!タイで利用可能な全病院の紹介

海外旅行保険のキャッシュレス治療が受けれるタイの全病院の紹介と行き方 海外旅行に行くなら海外旅

記事を読む

海外旅行で急増するクレジットカードのスキミング被害の手口と対策とは?海外旅行FPのブログ

海外旅行で被害が急増しているスキミング犯罪とその対策 最近は海外旅行に行った際に日本人もスキミ

記事を読む

クレジットカードの海外旅行保険でキャッシュレスサービスの使い方:海外旅行FP

海外で突然の病気や怪我で病院に行くことになる際の注意事項 海外旅行は本当に楽しいですよね。

記事を読む

元保険会社社員が選ぶ!海外旅行に最適な保険が付いた無料クレジットカードとは?

海外旅行保険はクレジットカードに自動付帯されているのを知っていますか? 海外で病院に行くと健康

記事を読む

海外旅行保険でトラブルの解決を:外国で賠償請求された時の対処法

海外旅行でトラブル!物を壊して賠償請求された時の対処法 今回は海外での弁償に関することでトラブ

記事を読む

海外旅行保険はテロや戦争の怪我などには使えるのか?海外移住FP

クレジッットカードの海外旅行保険はテロ行為や戦争・内乱で怪我した時には使えるのか? 世界各国で

記事を読む

海外旅行の盗難で保険金を確実に貰う方法とは?クレジットカードの保険でもOK!

海外旅行中に盗難にあった時の対応方法:海外旅行保険は使えるのか? いつでもどこでも海外旅行は本

記事を読む

ゴールドカードを永久無料で手にする方法!海外旅行保険やサービスが魅力

海外旅行保険が充実のゴールドクレジットカードを無料で手にする方法! ゴールドカードと聞くとサー

記事を読む

海外旅行に持って行くべき無料クレカのランキング・ベスト5!保険も充実なクレジットカード

海外旅行に向いている年会費無料のクレジットカードランキング 海外の病院では日本の健康保険が使え

記事を読む

海外旅行でパスポートの盗難対策にたった1つすべきこと!海外旅行FP

旅行などで海外に滞在中にパスポートが盗まれてしまったらどうすればいいのか? パスポートとは、海

記事を読む

海外旅行に手ぶらで行こう!無料宅配サービスはどのクレジットカードがベストか?

クレジットカードの手荷物の無料配達サービスを利用しよう 海外旅行

バンコク旅行で絶対に食べたい辛い美味しいタイ料理ベスト10!

タイ旅行で絶対に食べておきたい辛くて美味しい料理ベスト10! タ

ログレスと同じ無料無課金でも楽しい携帯スマホのゲームランキング2017

ログレスと同じ無料・無課金でも楽しいスマートフォンのゲームランキン

パタヤの美味しい中華料理店リンキーは24時間営業!全メニュー紹介

パタヤで1番美味しい中華料理レストラン”リンキー・張龍記” 今回

海外旅行に必ず持っていきたい便利な持ち物10選!60カ国を旅したFPのオススメ

海外旅行に必ず持っていきたい便利な持ち物グッズ10選の紹介 海外

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑